Home » ミャンマー » 武漢肺炎でミャンマー経済も大幅減速?
4月
13

ミャンマーで3月下旬に武漢肺炎の最初の症例が確認されて以来、ミャンマーのビジネス活動は大幅に減速しています。

アジア開発銀行(ADB)の最新の見通しでは、ミャンマーのGDP4.2%まで減速する可能性が高いと述べています。

そんなか、ミャンマー投資委員会(MIC)は火曜日にこれまで2019-20会計年度(10月1日から4月3日まで)に33億6千万ドル以上を承認したと発表しました(約4.8兆チャット)相当の投資プロジェクト。

MICは先週の金曜日に、それぞれ5億5,500万米ドルと510億チャット相当の外国と地元の投資提案を承認したと述べました。

商務省は、米の輸出許可証の発行を一時的に停止しました。

ミャンマーの財政赤字は、公共サービスへの支出やインフラストラクチャの継続的な建設に対応するために、今年度は5.2%に拡大すると予想されています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

PVアクセスランキング にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。