Home » ミャンマー » 終息に向いつつあるミャンマーの武漢肺炎
4月
29

 

健康スポーツの28日朝の発表によると、26日、27日の武漢肺炎感染者はゼロで28日も午前7時まではゼロ。

 

感染者数は146人で止まっている、死亡者も5人で4月19日からはゼロであり、回復者は16人で125が入院中である。

 

国軍病院が海外からコロナウイルス検査試薬2000件分を購入し2台のCobas 6800モデルを使用して1日最大1400件のサンプル検査を民間に支援すると発表。

 

また、ミャンマーの製薬会社AA Medical Products Co Ltdは健康スポーツ省にCobas 6800マシンと検査試薬1000件分を寄付しました。

 

 

このように政府・軍・民間が力を合わせて武官肺炎に対峙している、厳しいロックダウンも功を奏し感染者数も減りつつあるが、

 

中国からの出稼ぎ労働者22000人の帰国には引き続き厳重な注意が払われている。

 

この調子で行けば5月中旬には終息の目途が立ちそうかな?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

ミャンマーの感染者推移

One Response to “終息に向いつつあるミャンマーの武漢肺炎”

  1. 浅谷 隆志
    4月 29th, 2020 at 03:06 | #1

    エイトマンさんへ

    状況は良さそうですね。
    少し安心しました。
    7月中には戻りたいと思っていたので、期待しています。
    貴重な情報ありがとうございます。

    浅谷隆志

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。