Home » ミャンマー » 移入されるミャンマーの武漢肺炎感染者
5月
22

 

ミャンマー国内で発生した武漢肺炎はデータ的には5月11日でほぼ終息している。

 

しかし5月16日から発生件数が増えて、第二波の感染爆発を思わせるデータになっているが、これには訳がある。

 

私が懸念していたように、海外に出かけていた出稼ぎ労働者が帰還し始め、5月16日から20日までに19人の感染者が出ている。

 

しかしこの感染者は以前の感染者と違い帰国後隔離されており市中に感染を広げる心配は今のところなさそうです。

 

ただ心配なのは2週間の隔離中に賄賂等を払い早期に隔離施設を出る輩が察生する可能性も排除できない。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。