Home » ミャンマー » 素焼きの壺製造で生計を立てる
5月
26

サガイン管区ウントーTspのカンミンタ・サンピア村の住民は、伝統的な素焼きの壺を作って生計を立てています。

材料の土は2マイルほど離れた田んぼから採取します。

壺にはMyaywarとInnmyay(Myay Mae)と呼ばれる2つのタイプがあります。

壺は自然乾燥で8時間,乾燥窯で10時間ほど焼きます。

モインイン、モエウン、ミッキナ、カチン州ファカント、およびミャンマーの下部にあるピンレブ、コーリン、カンバル、シュウェボ、マンダレーの町で1個600ks~1000ks(76円)で販売されています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。