Home » ミャンマー » 戦時中に日本が建設したレーダン鉄道高架橋を改修する
6月
10

政府は、2020年―21年の予算から、レ-ダン鉄道高架橋を改修するための資金を要求します。

 

カマユゥTsの国会議員 Uティンウィンは、インフラの状態について次のようにコメントしています。「日本の占領中に建設された非常に古い橋であり、車線が2つしかないため、非常に混雑しています。」

 

改修は2車線を4車線に拡幅し両側には歩道も設ける。

 

植物の成長で擁壁は崩壊寸前で、ミャンマー鉄道とヤンゴン市開発委員会(YCDC)によって擁壁の緊急補修作業が行われた。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。