Home » ミャンマー » 数十年に渡るアルコール輸入禁止が解除になる ミャンマー
6月
15

商務省によると「外国酒の輸入に関するガイドライン」により、ヤンゴン港やヤンゴン国際空港から、1㍑8米ドル以上(保険・運賃含む)の外国のスピリットを持ち込むことができる。

 

同省によると新しいガイドラインは、不法貿易を抑制し、税収を改善し、消費者の安全を改善することを目的としています。

 

「政府が違法な酒類を取り締まることができれば問題はない」とミャンマー酒類協会のU Soe Lwin会長は述べた。

 

現在、市場には多くの闇取引があり、これらの商品は品質保証がなく、税金を支払っていません。

 

法律は、施行される前に内閣と議会の承認が必要ですが、現時点では、法案はまだ審議されていません。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。