Home » ミャンマー » 武漢肺炎のため養蜂業者は経営危機に
7月
27

 

マグウエー地区の養蜂業者は武漢肺炎のため輸出が出来ないため価格が下落し経営を圧迫しいぇいる。

 

ミャンマーの蜂蜜は毎年日本、アメリカ、韓国、中国、タイに輸出していますが、現在市場は止まっています。

 

ミャンマーは昨年、年間約200〜250トンの蜂蜜を輸出していた。

 

蜂蜜の通常価格は2,700ks/1.6㎏(132円/kg)でした。現在の市場価格2,000ks/1.6㎏(98円/kg)で原価の2500ks/1.6㎏(122円/kg)を割り込んでいます。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。