Warning: include_once(/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8

Warning: include_once(): Failed opening '/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8
大東亜戦争終戦記念日に想うこと | ミャンマー歳時記
Home » 勝手に評論 » 大東亜戦争終戦記念日に想うこと
8月
15

 

今日は大東亜戦争終戦記念日。この時期になると東京裁判絶対主義者の自虐史観の報道が多くなる。

 

現近代史を少し勉強すれば大東亜戦争が侵略戦争ではなかったことは明白である。

 

アメリカも日本もソ連のコミンテルンに上手く乗せられて開戦に至ったのである。

 

マッカサー元帥も米国議会で日本は侵略戦争ではなかったと証言している。

 

日本軍は基本的には中国を除くアジア諸国民とは戦火を交えていない、戦火を交えたのは白人国家である。

 

先の大東亜戦争を自虐する日本人より、客観的に日本を見ているアジアの指導者は多い。

 

 

モハメット・ナチール(インドネシア元首相)

 

 

大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を日本が代表で敢行してくれたが、本来なら私たちインドネシア人が独立のため戦う戦争だった。

 

 

ネール(初代インド首相)

 

日本は謝罪するようなことなど我々にしていない、それゆえインドはサンフランシスコ講和条約には参加しない。インドはほどなく独立するが独立の契機を与えたのは日本である、おかげでインドの独立は30年早まった。その恩は忘れてはならない。

 

 

バーモウ(ビルマ元首相)

 

日本ほどアジアを白人支配から離脱させるため貢献した国はない、しかし日本ほど誤解を受けている国はない。

 

 

チャンドラ・ボース(デリーインド国民軍裁判主席弁護人)

 

日本軍の勝利はアジアのインド人に感銘を与え自由獲得の戦いに参加することを可能にした。

 

 

ベン・ブルース・ブレークニー(東京裁判弁護士)アメリカ人

 

原子爆弾という、国際法で禁じられている残虐な武器を使用して多数の一般市民を殺した連合軍側が捕虜虐待について連合軍側が問う資格はあるのか。

 

 

パール判事(極東国際軍事裁判判事)インド人

 

私の判決文を読めば欧米こそが憎むべきアジア侵略の張本人。

なのに「日本は罪を犯したのだ」 「日本は侵略の暴挙を敢えてした」と教えている。

 

私の判決文を通じて満州事変から大東亜戦争に至るまで真実の歴史を十分研究していただきたい。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

マッカサー

パール判事

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。