Warning: include_once(/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8

Warning: include_once(): Failed opening '/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8
インド、中印国境紛争防御のため9600mのトンネルを完成させる。 | ミャンマー歳時記
Home » ミャンマー » インド、中印国境紛争防御のため9600mのトンネルを完成させる。
9月
20

 

インド政府は、ヒマーチャルプラデーシュ州のソラン近くのドゥンディ村にあるアタルロータン(Atal Rohtang)トンネル9600mを今月末にモディ首相を向えて開通式を行う予定。

このトンネルの開通により4~8時間短縮され10分で国境の紛争地域に行ける。

このトンネルは標高3000mにあり。長さ9600mの2車線幅があり、3億ドルと10年の歳月をかけ完成させた。

インド政府は中印国境地帯のインフラ整備に力を入れ、ラダックの首都レーからの移動時間を1週間から1日未満に短縮しています。

そしてこれらのルートの橋は全て改良され地対空ミサイルを運ぶトラックも通過できるT-90t仕様になっている。

チベットと新疆に隣接するラダック、アルナチャルプラデーシュ、ヒマーチャルプラデーシュ、シッキムの各州には、計画のさまざまな段階にあるいくつかの戦略的な高所トンネルと125の橋があります。

オブザーバー研究財団シンクタンクのハーシュパンツ氏は、国境紛争対策に「以前の政権は20年を無駄にした」と語った。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

トン炎る南坑口
トンネル位置図

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。