Home » ミャンマー » 1枚のチョコレートの行方
6月
03

レストランのキャッシャーの子2人に、余り物だったが日本のチョコレートをあげたところ、
何時までも冷蔵庫に入っているので、どうして食べないのとついつい聞いてしまいました。
今度お店からお休みをもらったら実家に帰るのでその時の両親へのお土産に持って帰り、
日本のチョコレートを両親や妹に食べさせてあげたいので私は食べないでキープしているとの
返事でした。この2人21歳と22歳の女の子です。
このようなことは最近の日本では到底見ることが出来ません。(我が家だけかな)
両親に対しての孝行の気持、家族愛の強さを目の当りにして感動している小生です。
今度訪緬する時には何をお土産にしようか、何が喜ばれるかな、などと考えている今日この頃です。

2 Responses to “1枚のチョコレートの行方”

  1. 匿名
    6月 4th, 2006 at 00:50 | #1

    はじめまして。 本当に優しい子どもたちですね。 ミャンマーつながりでトラックバックさせていただきました。

  2. 匿名
    6月 4th, 2006 at 17:30 | #2

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。