Warning: include_once(/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8

Warning: include_once(): Failed opening '/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8
アウンサンスーチー女史を斬る(2) | ミャンマー歳時記
Home » ミャンマー, 勝手に評論 » アウンサンスーチー女史を斬る(2)
10月
12

強欲・傲慢

 

昨年の暮れNLD主催の慈善コンサートがあったが、このコンサートにクローニーと呼ばれる企業から多額の寄付を集めている。この件で海外の記者からの質問に、クローニー企業が使えば黒い金だが、私が使えば正しいお金だとの趣旨の発言があった。どんなお金でも集めようとする強欲、そしてどんなお金でも私が使えば良いお金、こんな傲慢な話はあるだろか。

 

 

強欲

 

遺産相続の係争

 

アメリカに住むアウンサンスチーの兄から遺産の半分を分けるようにとの訴えに敗訴する。控訴すると言っていたがその後のニュースはない。

 

一般的に言えば親の財産は兄弟で分けるのが当然の常識なのだが、彼女には一般常識は通用しないのか。彼女の常識はミャンマーに住む自分が100%遺産相続らしい。

 

遺産は高級住宅街の3000坪はありそうな住宅や田畑が沢山あるそうで、この地価暴騰でその財産は数億円ともいわれている。

 

それらを処分して貧民救済事業をしたとのニュースは聞かない。

 

 

無責任

 

アウンサンスーチーは12年8月にテインセイン大統領と初の「歴史的会談」を果たして以来「改革に真剣だ」と評価し、人柄も「誠実で正直」などとたたえてきた。しかし12年10月末大統領が2期目の可能性について、国民が望むのであれば2期目も考えるとの発言から態度を一変させて「民主化改革が本気かどうか見極める必要がある」、「(これまでの民主化への取り組みがノーベル平和賞に値するとは)思わない」述べ冷ややかな視線を向けた。

 

自分が大統領になるためには前言を覆すことは当然のことのようにする。こんな無責任な事はない。

 

 

無責任

 

少数民族問題でアウンサンスーチーは9月の米VOAとのインタビューで、少数民族問題全般との関わりで記者が「(内戦終結に向けた)和平プロセスにあなたが参加すれば、より効果的になると思う」と向けたのに対し、「私は政治的な得点を稼ぐために状況を悪用したくない」と述べ、積極的関与を否定した。スーチー氏はむしろ関与することで「政治的な失点」を恐れている可能性も指摘される。

 

これと同様ロヒンギャ問題でも「法の支配の確立が必要だ」と訴えるなど、距離を保って積極的関与を避けている。またこれは政権の問題で私の問題ではないので私を巻き込むのか記者にと詰問した。

 

国会議員であれば関与するのは当然な問題なのに責任回避に始終している。

 

 

傲慢

 

12年12月毎日新聞春日アジア総局長の記事より

 

スーチー氏は最近、米メディアに「父が国軍創設者だということを忘れないで。(そのことで)私は彼ら(将兵)の弱みを握っています」と語った。彼女の著述を読むと、民主化闘争で軍政の弾圧にひるまなかったのは、偉大な父をよりどころに、国軍よりも高みに意識を置いていたからではないかとも思える。

 

彼女の真相には私は特別な人だとの思いが強く、貴族気分でいる。その結果自分では意識していないが傲慢な発言になる。

 

 

傲慢

 

レパダウン銅山開発調査委員会委員長のアウンサンスーチー氏は13年3月13日、結果を報告するためめ地元入りした。

 

集まった住民らに対してアウンサンスーチーは、「国のためにはこの開発は必要」としたうえで、「報告書に反対するなら、私の自宅前でデモをしたらいい」と発言し、不満を募らせる住民らの抗議活動を非難しました。これに対し、住民らはアウンサンスーチーに反発、「調査委員会は不要。アウンサンスーチーも不要」などとアウンサンスーチーに対する抗議の声が上がりました。私が決めた事になぜ従えないのか、「報告書に反対するなら、私の自宅前でデモをしたらいい」と発言した。ここでも傲慢な態度がはっきり確認できる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

One Response to “アウンサンスーチー女史を斬る(2)”

  1. 浅谷隆志
    10月 12th, 2013 at 03:26 | #1

    付き合っていたガイドがタンシュエ議長の事を殿様といったことががる。
    その時、フゥ〜ンと感心した。当たっていると思った。
    その手で行くと、スーチー女史はお姫さま。
    如何でしょうか?
    国父の様な父親を持ち、旧宗主国で国民の受けられない様な教育を受けた人。
    英語で物を考える人。
    強烈な自負心を持ったお姫様。
    私はそう考えています。

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。