6月
09

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

タンルインヤダナー僧院に飲料水浄化装置と水タンクを寄贈されたN氏が来緬したので僧院にご案内した。

1週間前にタンクや機器を揃えて僧院側に渡し、出入りの業者に取付けを頼むよう依頼した。

配管図を渡しこの通りに配管するように頼んでおいたのだが、全く違う配管をしていて一部は機能を果たさない部分や全く必要のない止水栓まで取り付けている。

加圧ポンプと揚水ポンプの区別がつかずポンプを設置しているのにはマイッタ。

僧院長がそれは図面と違うと言っても言う事を聞かないで作業を終えている。

 

図面の通りに作業すると自分に技術が無いと思われるので図面と違ったことをやり自分をアピールしたい性癖があるのがミャンマー人職人。


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

給水タンク 図面とは違う配管


加圧ポンプ 指示した場所と取り付け位置が違う
6月
08

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

今年は暴風と高温のため不作で プレミアムマンゴーの価格は昨年が200から300ks/でしたが、

今年はは500から1000ks/個ですと、協会の会長、Daw Than Than Sweは語った。

マンゴーの栽培はマンダレーが10,100ヘクタール(25,000エーカー)シャン州は約8100ヘクタールです。 

「今年、Sein Ta Loneのマンゴーは主にMuseを通して中国に輸出されています。昨年は豊作で価格は下がりました。

マンゴーの貿易業者でマンダレーの果物協会長U Nay Lynn Maungは、 農家は完熟する前にマンゴーを収穫していたのでは価格は下がりますので完熟マンゴーを収穫するように助言している。

ミャンマーには200種類のマンゴーがあり、その中で人気のあるものはSein Ta LoneMa Chit SuShwe HinthaYin GweBadamya Ngamaukです。

マンゴーはその種類や生産地に応じて4月から7月上旬に収穫されます。


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

6月
07

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

20185月に改訂されて2年目の20205月にも改訂される予定。

改訂作業はもうじき開始される予定、労働者側は5600ks/日と毎年の改定を要求している。

現在は4800ks/日なので16.7%で年間8.35%の賃上げ。

 

インフレで諸物価高騰の折、労働者側の言い分も分からないでもない。

しかし、あまり労働単価が高騰すると雇用が減るのは資本主義経済では常識。

ミャンマーの失業率は昨年(2018年)1.56%だが、統計の取り方が悪いのか実態とかい離しているように思う。

例えば農家の子供たちは全員農業従事者としてカウントすれば失業者はいなくなるのは当然だろう。

 

いずれにしても雇用が先か現在の就業者の賃上げが先か、政府は決断を迫られる。

政府がするべきはインフレの抑制が第一だろう。


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

田植え風景
6月
06

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

ホテル観光省U Aung Aye Hanの副局長は9月から6ヶ国に到着ビザを発行すると語った。

現在連邦政府の承認待ち。

到着ビザで30日滞在可能で、ビザ発行代金は50USドル。

到着ビザはスペイン、イタリア、スイス、ロシア、ドイツそしてオーストラリアからのパスポート保持者に利用可能。

 

ミャンマーはASEAN諸国(マレーシアは除く)、および日本、韓国、マカオ、香港、中国のすべての国民に、到着ビザを発行しています。

日本韓国は到着ビザではなく、ビザなし、なので ビザ発行代金は50USドルも不要。


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

カックー遺跡


ウーペイ橋
6月
06

ミャンマーは、資源保護ため、6月から8月にかけての海洋漁業を禁止し、5月から7月にかけての淡水魚(主に湖等)漁業を禁止している。
(*完全に守られているかは疑わしいが)

養殖も盛んですが、昨年夏のサウジアラビアのミャンマー産魚の輸入禁止措置により生産調整をしたので現在は生産量が落ち需要と供給のバランスが崩れた。
ks安のため輸入飼料や機器の価格が上昇して原価が上昇している。
禁漁や諸物価値上がりの影響でコイの値段は1年前に比べ60%も価格上昇した。

ミャンマーは水産物の輸出で年間700億ほど稼ぐが今年はこの線までゆくか微妙だ。
中国やタイの業者が船上外買いをしているのでこれらが貿易額に含まれるかは定かではない。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

6月
05

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

エヤワデー管区のシーコエン村とサックイン小中高の2か所でファイブスクウエアズ育英会授与式を行いました。

347人の子供たち一人一人に学用品や通学支援物資を手渡ししました。

6時に出発して帰還したのは21時でした。

走行距離435kmで車に乗っている時間の長く、腰が痛くなった。

同じ方向なので経費節減のため無理をした。

田舎の子供たちは嬉しさをはにかみ乍らあらわし、その顔を見ると疲れも飛んでしまう。

7日には後2か所廻り、今年のファイブスクウエアズ育英会授与式は終了する。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

草履のサイズ合わせ


一人一人手渡しで


シーコエン村の子供達


サックイン小中高校で挨拶


嬉しそうな顔です


サックイン小中高校の会場
6月
04

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

久々に訪れた日本食レストランK

このお店は開店から6年経ち、ヤンゴンの日本食屋では老舗の部類に入りつつある。

驚いたことにオペレーションが以前より格段上がっていた。

ここの店はオーナの気配りが行き届き少人数で切り回している。

込み合って来たので1人客の小生はテーブル席からカウンター席に回り、店内を1時間半ほど観察していた。

30分で満席になりオーダーが集中してもお客が飲食物の出るのが待ち遠しくなるようなことは無かった。

ホールの女の子たちも気持ちいいほどテキパキと仕事を捌いているが、忙しいからと言って手抜きはしていなかった。

12年で撤退する日本食レストランが多い中、6年も続けれれるのはオーナーが手抜きをしていない事が一番重要だと思い知らされた。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

6月
03

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

タナカ(田中ではありません)タナカの木の樹皮をペースト状にした化粧品です。

ミャンマー人の多くの子供や女性が愛用していている。

本来は使用する前にペースト状にして顔や手に塗る。

しかし最近はペースト状にした物が売っていてこれを使う人も増えて来ているが、

このペースト状になっているタナカは偽物が多く出回り、タナカ生産者を困惑させている。

ミャンマータナカ協会では偽物の抑制に政府と協力して、ペースト状タナカにタナカ成分が含まれているかを検査することにした。

偽造品が見つかっても訴訟に持ち込むのは難しいかもしれないが、消費者に知らしめる効果は有ると、ミャンマータナカ協会会長のU Kyaw Moeは語っている。


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

顔全体に薄く塗り最後に模様等を厚く塗る



産地のタナカ売り場
6月
02

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

NLDは、主要野党であるUSDP(連合連帯開発党)の本拠地であるセイカン町を他の町と合併することを計画している。

NLDはセイカン選挙区で2018年の国会議員補欠選挙で敗れ、2019年の管区選挙でも負けている。

この選挙区は人口が少ないとの理由付けで近隣の選挙区と合区しようと企んでいる。

セイカン選挙区は港町で公務員宿舎も有り、多くの住民は警察官や港湾労働者だ。

政府関係者から嫌われるNLDを露呈しているので、NLDとしては何が何でも潰したい選挙区なのだろう。

政権政党が自らに有利になるような選挙制度を変えようとする事は多々あるが、

それでも野党勢力の同意が必要ではなかろうか。

これがもし許されれるならば逆のことを野党から提案されたらNLDはどの様に対処するのだろうか。

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします