8月
06

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

ミャンマーの高僧であるティー・ダグー師が、バガンの世界遺産登録に関して

 

批判する説法を行ったことがわかった。7Day Daily 8 1 日に伝えた。

 

ティーダグー師は 7 27 日にピンウールイン市内で行った説法会で「バガンが世

 

界遺産として登録されたが、どうして名誉なのか。

 

ミャンマー固有の遺産をミャンマー国民自身が保護、維持するのなら誇ることができる。

 

しかし、世界遺産として登録されたことにより、外国からの資金や技術を使って外国人

が保護、維持を行い、外国人が決めたルールに従わなければならない。これが誇るべ

きことか」と語った。

 

これに対してマンダレー管区政府のゾー・ミィン・マウン首相は「バガンの世界遺産登

録を悪く思う人物がいるが、ミャンマーに対する愛国心がないのだろう」と反論した。

 

私はティー・ダグー師が言う方が正しいと思う、特に「外国人が決めたルールに従わな

ければならない。これが誇るべきことか」この言葉は正鵠を得ている。

 

ゾー・ミィン・マウン首相が言う愛国心云々は詭弁に過ぎない。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

8月
05

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

昨日の夕刻サックイン村の村長`ウインマウン氏が我が家を尋ねてくれた。

 

要件はサックイン小中高校長のノーセィポア女史からの預かり物を届けてくれた。

 

届物とはフィブスクウエアズ育英会に10年来高額寄附を頂いている。

 

静岡県菊川市のウイングホーム株式会社(斎藤元志社長)宛ての感謝状です。

 

事の経緯は

私は授与式に子供たちに色々な話をしますが、その中で文房具等買うために沢山の日本人から寄付を頂いている事も伝えます。

 

授与式の後の茶会でノーセィポア校長からどの様な人達が寄付をしてくれるのかと尋ねられ、高額寄付者のウイングホーム株式会社の話をしたところ、感謝の印にぜひ感謝状を送りしたいとの事だった。

 

タイミングよく今日の夕刻便で所用で斎藤社長が来緬しますのでお渡しできます。

 

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

8月
04

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

「数も品質の内」確スターリンの言った言葉だと記憶しているが・・・「下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる」と同意義かも知れない。

 

日本企業は高品質だと言って輸出国の経済情勢に合わない価格設定をする場合が多い。

 

故に売れない、一方安物も数多く売りい次第に進化してブランド化に成功してシャアとる。

 

そして高品質な日本製品の負けとなる。

 



外交ではK国の様に嘘でも何百回も訴え続ければ国際世論は大した検証もせず同調する国も出る。

 



戦争で考えてみよう

 

C国の武器は劣り兵士の練度も低いとよく言われ、J国と戦って負けるとよく言われていた(現在は様子がだいぶ変わり武器の性能や新型兵器も登場している)。

 

C国はJ国の十数倍の戦力(数)があり、一戦で損害が50%でも一戦5%の損害しか出ないJ国に長期戦になれば勝てる。

 

スターリンはこの状況のことを言ったのだはなかろうか。

 

C国は現在この理論で世界の政治や経済を凌駕し世界の覇権を狙っている。

 

日本の政治家、経済人はこの「数も品質の内」の意味をよく理解し政策や戦略を考えるべきだろう。

 




にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

中国の航空母艦 遼寧
8月
03

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

インドはミャンマーに最初の潜水艦を改修工事完了後引き渡す予定であります。

 

これはキロ級潜水艦で、訓練目的でミャンマー海軍(今後数年で独自の潜水艦隊の創設を検討している)によって使用されます。 

 

INS Sindhuvir艦名シンドゥヴィルS58番艦) 1988就役、ロシアから購入したキロ級潜水艦、現在、ヴィザグのヒンドゥスタン造船所(HSL)によって改修工事が行われています

 

潜水艦の移転は、インドからミャンマーまでの海の軍事能力を強化するために行われる可能性が高い。

 

潜水艦の移転に対する費用の負担は何処がするのだろうか?

 

インドが対中国を見据えて器材訓練指導共無償支援するのだろうか。

 

この話を聞けば中国は穏やかではいられない。

 

ミャンマー軍は中国一辺倒に警戒感を持っているのだろう。

 

日本は潜水艦隊創設時の潜水艦を売り込むことは出来ないのだろうか?

 

 

キロ級潜水艦仕様

  ・全長 70–74m

  • 全幅 9.9m

  • 排水量 2,300t / 3,000t

  • 水上航続距離 11,100km

  • 水中航続距離   700 km

  • 最大潜行深度 300 m (作戦時:240–250 m)

  • 最大速度 水上:10-12ノット、潜行時:17-25ノット

  • 推進 ディーゼル: 5,900 shp・電気推進:4,400 kW

  • 航海日数 45

  • 乗員 52


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします<

インド海軍の877EM型 シンドゥゴーシュS-55
8月
02

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

高速道路交通警察によると、ヤンゴン~マンダレー高速道路470件の自動車事故が発生しましたが、2017年に比べて80件減少しています。

 

しかし、高速道路警察と事故目撃者は、高速道路上のいくつかの事故は自家用車を狙った暴力団が原因であるとしている。

 

「事故」は暗い場所で起こり、そこにはは木の枝、鉄パイプ、そして大きな石が道路を遮断するように置かれ、車を止めている、と何人かの運転手は言いました。

 

遮蔽物に気付くのが遅れると衝突して事故になる。

 

いずれにしても車は止まるので犯人たちは強奪の目的は達することができる。

 

夜間の路上では特に注意を払うべきである、運転手Ko Akar Soeは言っています。

 

夜間休憩するときは料金所か交通交番の近くで休憩するべきである、と彼は言った。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

料金所
8月
01

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

朝早く目覚め青空が有ると、早速洗濯。

 

3~4時間日照が有れば大抵の洗濯物は乾く。

 

1~2時間でも日に当てればカビ臭くならない。

 

雨期のお日様は1~2時間でもとても大切です。

 

ヤンゴンは今年の雨期は雨量も少なく比較的すごし易く、青空も時々見えるので気持ちも良い。

 

そん代わりミャンマーは北部では雨量は多いようです。

 

雨季と乾季が極端なのは人間生活には結構厳しい。

 

ミャンマーに来た当時は雨期が嫌いだったが、最近はミャンマー人と同じ雨期の方が良くなった。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

7月
31

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

出生率が低下と言っても日本ほどではないが、

 

労働・移民・人口省大臣U Thein Sweによると、ミャンマーの平均出生率は2.3人である。

 

出生率は1983年以来減少していますが、未婚女性の増加は、同国の出生率低下の原因の1つですと語った。 

 

また地域差は都市部の出生率は1519歳の女性1000人中22人であるのに対し、農村部では38人です。

 

地方の既婚者は4~5人の子供、都会の高学歴既婚者は1~2人を持つ。

 

高学歴の女性ほど未婚率が高く、このまま3世代も続くとミャンマーは遺伝子のかなり劣った子供しかできなくなるのではと危惧するが・・・(笑)

 

ミャンマーの両親は子供が結婚せずに同居する事を喜び、日本の様に結婚結婚と騒がない。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

田舎の子供
7月
30

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

ミャンマー国防省は、2019年から2020年にかけて、3兆3700億ksの予算要求した。

 

これは、昨年よりも100K以上多い。予算要求は全体予算の凡そ10%で省庁の中では3番目に多い。

 

給料や糧食費は1兆2000億程度で、予算の増加分はインフレ加算だと軍は説明している。

 

装備費は1兆4300ks(1038億円)しかなく、この予算でどの様な装備が出来るのだろうか。

 

この予算から見ると活動費は7400億ksしかなく、少数民族武装勢力の停戦も止むを得ないかも知れない。

 

いずれにしてもこれだけの予算で40万人ともいわれる軍を維持できるのだろうかといつも疑問に思っている。

 

結局は軍傘下の企業の収益を軍に回しているのだろうが。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

ミャンマー軍
7月
29

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

竹島、慰安婦、応募工、旭日旗、天皇陛下への不敬、レーザー照射、貿易管理強化、と両国間の問題が次々と出て来る。

 

両国間の問題と言うより韓国側がツカカッテ来た事案ばかり。

 

もしこのような問題が中国や欧米諸国との間に発生したらどうなるのだろうか、

 

多分自分に非が有ればそれほどの問題にならない。

 



特に今回の 貿易管理強化、ホワイト国除外は韓国が上目目線で言ってくる問題では無く、撤回をお願いする立場なのだが・・・

 

韓国人は常に外見も精神的にも日本人の上に居たい願望が、このような破壊的行動にでる。

 

今までの日本はまぁまぁ精神で付き合いそのうちに変わると思っていたが、日本の性善説は通用しなかった。

 

気懸りなのは朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、NHKなどオールドメデァが売国行為をしている、韓国の新聞かとおもわれるほど、日本の悪口を書き韓国の都合の悪い事実は発信しない。

 

今回の 貿易管理強化については今までとは全く違った日本の対応に戸惑っている韓国、生活(経済)を犠牲にしてどこまで踏ん張れるかじっくり見たい。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします