6月
14

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

ゼロドル観光の急増は、中国からの観光客のためにミャンマーの中国人によって主に運営されている。

 

このようなツアーは、近年のタイ政府による取り締まりにより、ゼロドル観光の乱用が浮き彫りにされており、地域の観光業界にとっては厄介な問題となっています。

 

韓国の済州、インドネシアのバリなどの人気のある観光地もそのような詐欺に見舞われています。

 

ミャンマーが昨年10月から中国からの観光客のビザ要件を緩和した後、ゼロドル観光が拡大し始めました。

 

中国のゼロドル観光は、ミャンマーで登録されている中国よって所有されている企業から非常に安いツアーパッケージを購入します。

 

パッケージには、中国人が経営するのホテル、レストラン、土産物店等を利用するよう綿密に計画された旅程が組まれてミャンマー人企業や商店の世話には全くならない

 

これらのゼロドル観光ツアーのせいで、地元の経済は殆ど利益を得ず、支払いは中国のAlipayとかWeChatPayを介して行われるため、政府は税収を失う事もある。

 

これらのゼロドル観光ツアーは ライセンスツアーガイドはいない事が多い。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします




6月
13

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

写真を見てください、一見アスパラガスだが全く違う物。

 

ミャンマー語でパラウンタウンモエーと言うそうです、雨期になると山などで採れるのだが、何科の植物なのだろうか。

 

写真の1束で500ks(40円弱)です。

 

上1/3は柔らかいが下になるほど硬い。

 

茹でてバター炒めにしてみた。

 

柔らくなっていたが茹でて直炒めたので水っぽかったが、食べられない状態ではない。

 

茹ですぎで歯ごたえが無くなったので簡単に湯がく程度でも良さそう。

 

料理方法を工夫すれば結構美味しくいただけるのではなかろうか。

 

バター炒め、サラダ、など最適と思うのだが。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします


パラウンタウンモエー

パラウンタウンモエー のバター炒め
6月
12

 

ミャンマーから中国へ今年輸出される米は、物々交換によって5億米ドルに達すると予測されている、とウーアウントゥーs商務省副大臣は語った。


ミャンマーも中国から輸出額と同額の機械、設備、鋼鉄を輸入する。


しかし商務省のU Aung Soe氏は、ミャンマー企業は品質の面で中国の機械や設備を好まないと否定的な発言をした。


物々交換はもはや商取引において現代的なアプローチではなくなったが、生産された余剰米を売ることが先決、と彼は続けた。

 

今年はミャンマー米は豊作で余剰米は300万tに達しているので、中国の理不尽な要求も飲まざるを得ないミャンマー政府の苦渋の決断。


中国は米中貿易戦争で輸出が不振なので押し付けれるところは恥も外聞もなく中国製品を押し付ける。


この様な困ったときに足元を見透かして商売する国と真面に付き合ってはいけない事をミャンマー政府は肝に命じてほしい。


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

米の荷卸し
6月
11

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

トヨタ自動車がミャンマーのテラワ経済特区進出決定してミャンマー政府は満足している様だが、

 

部品は全て輸入で単に組み立て工場なので雇用は僅か200人弱。

 

これでミャンマー人の技術が上がるのだろうか、せいぜいネジの締め方が上達する程度。

 

ビス1本でも良いからミャンマー産の部品を供給できるようにならなければ技術も上がらないし、雇用も増えない。

 

その為に日本の技術が有る零細企業を誘致して産業の底辺を広げるべきと、6年くらい前に工業大臣に提案したことがあるが、大手企業でなければ魅力がないと一蹴された。

 

後継者のいない日本の零細企業はミャンマーに機械設備技術共で売れば両者WIN WINに成れると思ったのだが、後さきの事を考えず見栄えの良い大手企業を誘致したいとの大臣の意見にはガッカリした。

 

政権が変わったのでこの様な思考は無くなり、産業のすそ野を広げることに政策変更したと思いたいのだが・・・

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

テラワSEZ
6月
10

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

収穫と言っても自然に出來た物なので採取かな。

 

雨期に入り我が家マンゴー(マチス)は雨に弱くこのまま置くと実が腐るそうで、

 

まだ完熟していないが昨日は隣のお兄さんに手伝ってもらい半分ほど収穫した。

 

今年は外れ年なのか去年の半分程度しかないが、それでも100個ほど採れた。

 

残りは木の上の方にあり取るのが難しいので生きのいい若い衆を頼まなければ取れないだろう。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

6月
09

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

タンルインヤダナー僧院に飲料水浄化装置と水タンクを寄贈されたN氏が来緬したので僧院にご案内した。

1週間前にタンクや機器を揃えて僧院側に渡し、出入りの業者に取付けを頼むよう依頼した。

配管図を渡しこの通りに配管するように頼んでおいたのだが、全く違う配管をしていて一部は機能を果たさない部分や全く必要のない止水栓まで取り付けている。

加圧ポンプと揚水ポンプの区別がつかずポンプを設置しているのにはマイッタ。

僧院長がそれは図面と違うと言っても言う事を聞かないで作業を終えている。

 

図面の通りに作業すると自分に技術が無いと思われるので図面と違ったことをやり自分をアピールしたい性癖があるのがミャンマー人職人。


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

給水タンク 図面とは違う配管


加圧ポンプ 指示した場所と取り付け位置が違う
6月
08

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

今年は暴風と高温のため不作で プレミアムマンゴーの価格は昨年が200から300ks/でしたが、

今年はは500から1000ks/個ですと、協会の会長、Daw Than Than Sweは語った。

マンゴーの栽培はマンダレーが10,100ヘクタール(25,000エーカー)シャン州は約8100ヘクタールです。 

「今年、Sein Ta Loneのマンゴーは主にMuseを通して中国に輸出されています。昨年は豊作で価格は下がりました。

マンゴーの貿易業者でマンダレーの果物協会長U Nay Lynn Maungは、 農家は完熟する前にマンゴーを収穫していたのでは価格は下がりますので完熟マンゴーを収穫するように助言している。

ミャンマーには200種類のマンゴーがあり、その中で人気のあるものはSein Ta LoneMa Chit SuShwe HinthaYin GweBadamya Ngamaukです。

マンゴーはその種類や生産地に応じて4月から7月上旬に収穫されます。


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

6月
07

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

20185月に改訂されて2年目の20205月にも改訂される予定。

改訂作業はもうじき開始される予定、労働者側は5600ks/日と毎年の改定を要求している。

現在は4800ks/日なので16.7%で年間8.35%の賃上げ。

 

インフレで諸物価高騰の折、労働者側の言い分も分からないでもない。

しかし、あまり労働単価が高騰すると雇用が減るのは資本主義経済では常識。

ミャンマーの失業率は昨年(2018年)1.56%だが、統計の取り方が悪いのか実態とかい離しているように思う。

例えば農家の子供たちは全員農業従事者としてカウントすれば失業者はいなくなるのは当然だろう。

 

いずれにしても雇用が先か現在の就業者の賃上げが先か、政府は決断を迫られる。

政府がするべきはインフレの抑制が第一だろう。


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

田植え風景
6月
06

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

ホテル観光省U Aung Aye Hanの副局長は9月から6ヶ国に到着ビザを発行すると語った。

現在連邦政府の承認待ち。

到着ビザで30日滞在可能で、ビザ発行代金は50USドル。

到着ビザはスペイン、イタリア、スイス、ロシア、ドイツそしてオーストラリアからのパスポート保持者に利用可能。

 

ミャンマーはASEAN諸国(マレーシアは除く)、および日本、韓国、マカオ、香港、中国のすべての国民に、到着ビザを発行しています。

日本韓国は到着ビザではなく、ビザなし、なので ビザ発行代金は50USドルも不要。


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

カックー遺跡


ウーペイ橋