12月
24

 

年末ですが、ここミャンマーでは日本の年末のような雰囲気はありません。

 

歳をとると1年が早いとよく言われますが、まさにその通りです。

 

この1年間何をしたのだろうか、ただただ馬齢を重ねるだけは避けたいと思い体力気力の続く限り社会にタッチしてきた。

 

ファイブスクウェアズ育英会の運営、タンルインヤダナー僧院のサポート、遺骨収集のお手伝い、顧問会社へのアドバイス等々。

 

育英会では『ミャンマーの子供たちに楽器演奏を』プロジェクトが一区切りついた。

 

ヤダナタンルイン僧院のサポートはDACグループ他沢山の日本人の方々から支援を頂いた。

 

1月にはザガイン管区のインド国境30kmの所に行き遺骨情報を収集した。

 

来年も同じような繰り返しになると思うが少しでもミャンマーの為になる活動が出来ればと思っている。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします




12月
23

アナリストJoe Kumbun

ャンマー政府はこの激動の時代を乗り切るために中国からの支援を求めているようです。

 

Snr-Gen Min Aung Hlaingは、中国を「永遠の信頼できる友人」と称賛しました。

 

中国は、技術支援から国連での拒否権までミャンマーの支援を約束するかもしれません。中国はすでに国連安全保障理事会(UNSC)で拒否権を使って、ミャンマーを監視と処罰から外交的に保護しています。

 

しかし、中国の支援はミャンマーの為でなく中国の利益のため行われています。

 

中国は独裁政権下にあるため、民主主義と自由を育み、平和を促進するためにミャンマーを支援することに興味はありません。

 

ミャンマーは、中国ではなく西に目を向けることで、政治的自由、宗教的自由、政治的寛容、人権、自由市場システムを強化できます。

 

ですからミャンマーは西側からの関与を必要としています。

 



PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

12月
22

 

昨日、20kg炊きの大型炊飯器を寄付者の代理でヤダナタンルイン僧院へ届けました。

 

北海道のKBS株式会社様からの寄付金で僧院が不便をしている備品の購入です。

 

現在は電気炊飯器を主に使用していますが停電時にはどうしても上手く炊けずにお米のロスも多いとの事でこの大型炊飯器購入となりました。

 

この炊飯器はガス、炭、薪と3種類の燃料を使う事ができるので非常に便利です。

 

蒸気式なので焦げ付くこともなく、またミャンマー式の様に重湯を捨てることも無いので栄養価の高いご飯が頂けます。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

12月
21

 

ミャンマー政府は中国国境沿いのカチン州シャン州で中国企業が違法採掘で環境破壊している希土類鉱石の輸出を全面禁止した。

 

この処置は一時的で採掘作業が修正されれば再開される予定であるが、重質の希土類製品の原料であるイオン型希土類鉱石の供給に関する懸念が高まります。

 

年末から新年にかけて希土類鉱石の価格は大幅に引き上げるようになると、政府関係者は述べています。

 

ミャンマーはレアアースの宝庫であるが精錬設備が無いために鉱石は安い価格で中国企業に買いたたかれている。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

12月
20

ミャンマー空軍に就役した新しい航空機には、

 

2機のJF-17B(中国とパキスタンが共同開発)、

 

6機のYak-130戦闘機(ロシアの複座高等ジェット練習機/軽攻撃機 )、

 

2機のMI-35 Pヘリコプター(ロシア製Mi – 35M攻撃ヘリコプター)

 

就役式典は、メイティラの飛行訓練基地で行われ、ミャンマー国軍最高司令官ミン・アング・ラインが空軍のユニフォームを着用して参列した。

 

彼は国軍は国民の生命と財産、そして国の平和と安定を守るため活動すると訓示しました。

 

国防省司令官室によると、式典の後、ミン・アング・ライン上級大将と関係者はは72羽の鳥を放ち、航空機に香水を振りかけた。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

12月
19

 

ヤンゴン地域のホテルと観光大臣は1216日、政府は土産物店に観光客と現金のみで取引するよう指示したと語った。

 

また、ミャンマー中央銀行(CBM)は1210日にAlipayWeChatPayでのデジタル支払いを一時的に停止するよう地元の店に指示しました。

 

理由はミャンマーはデジタル通貨システムに対応できていないため。

 

ゼロドル観光には、中国の観光客が登録されている中国人が所有する会社から安いツアーパッケージを購入する。これらのパッケージには、中国のツアーオペレーターに案内されてショップ、ホテル、レストランへの厳密に計画された旅程で行動します。 

 

これらのツアーの運営方法により、地元経済はあまり利益をもたらさず、支払いは中国のデジタルプラットフォーム通じて行われることが多いため、政府は税収失う。

 

中国人にビザ緩和をした昨年10月から中国の観光客は増えたが、ゼロドル観光客も劇的に増えた。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

12月
18

 

観光省によると、ニャウンウー空港は滑走路を含む空港の施設が国際便受け入れ可能の準備をしていると語った。

 

トイレは国際標準にアップグレードされる一方、X線装置、税関、出入国、検疫が国際便を処理できるように設置されている、と同省は語った。

 

最初の便はバガンとカンボジアのシェムリアップ間の直行チャーター便が有力視されている。

 

シェムリアップ便は、ASEAN諸国を結ぶ北部仏教パッケージツアーの一部に組み込まれればバガンの観光客は大幅に増える可能性も有る。

 

バガンの直行便が開設されれば割高な国内便を使わずに済むので観光客にとっては朗報だろう

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

12月
17

我が家は大規模補修工事中。

 

10人ほどの職人が適当に仕事をしている。

 

我が家で日常使うバケツや箒はもちろん、手元に有るものは手あたり次第使う。

 

使うのは一向に構わないのだが、殆どが用途外使用で結局後で使えない。

 

木製の椅子をセメントモルタル入れ物の台に、椅子はセメント塗れで注意すると後で拭くからいいでしょうと平然としている。

 

木製机は天井作業の台に、天板に土足で上がっている。

 

塵取りはモルタルのスコップ替わり、バケツは塗料の入れ物に・・・

 

ついに堪忍袋の緒が切れて当家の持ち物は一切使わせないことにした。

 

ミャンマーでは道具の用途外使用は当たり前に行い、そして壊してしまうが、後は知らん顔。

 





PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

12月
16

 

先日,スタービジョン株式会社(日本語学校経営)が机を交換したのを機に、余った木製机と椅子14セットをタンルインヤダナー僧院へ寄付してくださいました。

 

嵩張る運搬にはSATの山口氏からご協力いただきました。

 

サンドペーパーを沢山買い机と一緒に渡し、子供たちに机といすを磨かせました。

 

磨いた後はラッカーを塗り新品の様に仕上げる予定です。

 

高学年の子供達は早速机を利用して勉強していました。

 

今までは床に置いた小さな机で座った姿勢で勉強していましたが、今回寄贈した机は椅子に座って勉強できるので子供たちも喜んでいました。

 

寄附に関係して頂いた皆様ありがとうございました。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします