3月
25

 

最近地方遊説が多いアウンサンスーチー女史、2020年の選挙対策を始めた感じです。

バゴー管区のピー町で演説した時

政府がその経済的、社会的、政治的および環境的影響を考慮することによって、Myitsoneダムを含む大きなプロジェクトを決定すると述べた。

「ただ一つのことを考えればそれは間違っているだろう」と彼女は言、政府の決定は透明であり、国民は決定のすべての理由を知るだろうと付け加えた。 

「人々は、包括的でオープンマインドな方法で考えるべきです」と女史は言った。 

環境保全は環境を破壊しないことを意味する、と彼女は付け加えた、しかし環境に何の変更もしないことによって、発展はないでしょう。

そして

以前の政権によって締結された協定を尊重しない場合、国は孤立に直面するだろうと警告した。

 

 

この演説を聞くとスーチーさん心変りがしたのと聞きたくなる。

2016年に政権に着くとMIC認可のビックプロジェクトを国会決議という事で中止に追い込んでいる。

野党当時は環境が大事だと唱えていいたがこれも・・・

Myitsoneダムの再開に向けての国民への説得のつもりなのだろうか?

政権の座に就くと野党時代とは違った問題が発生し理想通りに行かないのは理解できる。

その典型が、少数民族武装勢力との和解だ。

これに固守している限り中国の束縛から解放されず、前記のような発言になる。

少数民族武装勢力との和解は軍と民間に任せれば良いのでは、その他にやることは沢山るのでそちらに勢力を注いでもらいたい。

ミャンマー国民がアウンサンスーチー女史の変心に気付いているのだろうか?


PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

3月
24

 

ミャンマー人の読書好きは東南アジア随一の事は皆様ご存知の通り。

 

地方の雑貨屋にも貸本棚があり、識字率の高さを物語っている。

 

ヤンゴンのテンピュウ―通り(Thein Pyu Street)はYangon Book Streetとして有名です。

 

政府刊行書物専門店の周りには露店で新書から古書、教科書まで売っている。

 

安い古本は300ks~売っている。

 

ミャンマー語の読めない小生にはどの様な本を売っているのかは良くわからないが、

 

百合ちゃんはここに行くと数冊~10冊くらいの本を買う。

 

お釈迦様の生い立ちや、マンガ本、先日は日本の童話翻訳本も買っていた。

 

古本屋はムスリムの人が多い気がしたが・・・

 


PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

3月
23

 

電気エネルギー省(MOEE)は11月までに電力供給を全世帯の50%までカバーするとMOEの副常任事務局長U Soe Myintは述べた。

 

201810月までに、すでに460万世帯以上が電力を供給されており、これは国内全世帯の43%に相当しますとも述べた。

 

政府は世銀他各国から資金を借りいれ2030年までに電力供給カバー率を100%にする計画である。

 

しかし、 MOEEは毎年500億ks以上の赤字を出し政府から補助金で賄っている。

 

政府は以前から電力料金料金の値上げを検討しているが、フン切れないで赤字を垂れ流している。

 

今の料金より50%値上がりしても停電が無くなる方が市民は経済負担が減る。

 

それと、このままの料金体系では海外から借り入れた資金の返済計画も問題が発生するのではと危惧する。

 


PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

これも直さなければ・・・
3月
22

ミャンマー食用油販売協会の副会長であるU San Lin氏は、混合製品は規制限度内で混合されているため、健康に有害ではないと述べている。

小売市場では、パーム油は1 viss(1.6kg)あたりK2000148円)で、ピーナッツ油とゴマ油は1 vissあたり約6000 K(445円)です。

アメリカでは心臓疾患などの健康リスクがあるということで、パーム油等に含まれるトランス脂肪酸が規制される 。

ミャンマーでは一般家庭でも大量の油を使うのでトランス脂肪酸の危険は排除できないだろう。

業界としては油の原料となる落花生やゴマが中国人の需要が多く、価格も高騰しているので価格の安いパーム油をまぜたいのであろうが、

混合油であることのと混合割合を正直に明示し消費者に知らせるべきだろう。

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

3月
21

 

先日ヤンゴン市内でベイの特産品販売所を見つけ寄ってみた。

 

そこには塩漬けのクラゲが置いてあり、13000ksのクラゲを早速購入。

 

1日塩抜きをして料理してみた。

 

1、すし酢、ゴマ油、ラー油、塩であわせダレを作る。

 

2、クラゲとキュウリを細切りにする。

 

1)2)を混ぜ合わせ擦りゴマとゆずの皮を添える。

 

好みで洋からしも。

 

自分で言うのも何ですが、「旨し」でした。

 

あわせダレを工夫すれば違う味も楽しめそうだ。

 

日本食レストランでも一品料理になるかも知れない。

 


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

クラゲとキュウリの和え物
3月
20

 

昨日(19日)ICECのラター校舎(20番通り)で音楽教師教育が始まった。

 

講師はレオパレス21に勤務の高橋冴さん。

 

会社のご厚意で勤務扱いで講師を引き受けていただきました。

 

受講生はICECの先生方で当初15人の予定が希望者が多く30人になった。

 

7日間21コマで、音楽をほとんど知らない人に、子供に鍵盤ハーモニカとリコーダーの演奏方法を教える技量を身に付けさせる。

 

5線譜、音符等の基礎からのスタートで、どこまで子供に教える技量を学べるのだろうかと不安はあるが、

 

講師の高橋さんはJICA派遣でモンゴルでの経験を活かし受講生を飽きさせずに引っ張ってくれると期待しています。

 

このプロジェクトには日本の多くの方々にも楽器の寄贈でお世話になっています。

 

在日ミャンマー人が引き受けてくれた日本~ミャンマー間の輸送の楽器も今月末には届く予定です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

音符の勉強


3月
19

ミャンマー警察の定員は15万5千人だが、現在は充足率55%で85千人。

最近は都市部で凶悪犯も増え、また交通量も増えて交通事故対応にも忙殺されている。

そこで内務省は2018年は7800人の警察官を採用し、2019年は8400人を募集する予定。

1人の警察官の受け持ち人数は640人です。

この数字が大のか小さいのかは分りませんが、日本は420人です。

民主化が進み凶悪犯罪や経済発展に伴い経済犯罪も実感としても増えているミャンマー、

警察官の定員までの補充は喫緊の課題、

それと警察官の質の向上、装備の充実なども併せて充実して、国民が安心して暮らせる国にしてほしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=
にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

3月
18

 

バガンのミャンマーレストラン起業家協会によると、中国人は主に新バガンのレストランやホテルをターゲットにしており、今年その地域で約4つのレストランやホテルを買収あるいはレンタルした

 

「私の知り合いのうち、2軒のレストランが売られました。協会の幹事であるU Khin Maung Htwe氏は、次のように述べています。

 

「中国人は集団で来ているようです。彼らは規則に従い、バガンの名前を損なわないように規制される必要がある」と彼は付け加えた。

 

 「中国人観光客の流入がバガンに影響を及ぼさないことが重要です。何人かの中国人観光客はグループでレストランにやって来てたくさんの騒音を出します、そしてそれは多くの顧客をいらいらさせます。

 

ホテル観光局によると、2月には約5000人の中国人観光客がバガンを訪れ、中国人観光客がバガンの観光客リストのトップに入りました。

 

数に物を言わせる中国、ミャンマーでもマナーが問題になっている様だ。

 

中国人顧客に頼りすぎると危険なので、地元業者は他の外国人を顧客にした方が良いのでは。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

バガンの仏塔群


川岸のレストラン
3月
17

 

日本に帰ったとき湿度計付きのデジタル温度計を買って来た。

 

棒状の温度計では老眼の小生は見るのに苦労した。

 

机の横に置いたデジタル温度計には時々目が行く。

 

そこで気が付いた事は、朝方と日中では極端に湿度が違う事に気が付き。

 

1日観測してみたら

 

72%~26%とこの範囲の広さにびっくりした。

 

1日だけの観測なので正確とは思わないが、ほぼこれに近いと思う。

 

湿度が30%以下なら洗濯物はアッと言う間に乾くのもうなずける。

 

また、午後から喉が渇くのも湿度に関係有るかも知れない。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします