Warning: include_once(/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8

Warning: include_once(): Failed opening '/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8
http://myanmar-yangon.net/ミャマー歳時記 - Part 6
8月
11

 

国営メディアは、今年7月31日の時点でヤンゴン~マンダレー高速道路の交通事故件数320件で57人が死亡、543人が負傷したと発表しました。

 

7月だけでも、62件の交通事故件数で7人が死亡、71人が負傷した。

 

昨年は交通事故件数524件で108人が死亡、1,019人が負傷しました。

 

事故原因は主にヒューマンエラーによって引き起こされ、スピード違反、過失運転、居眠り運転などです。

 

今年は死者が100人以下、負傷者が1000人以下に出来るか現状は微妙な数字ですが、数年前に比べれば大分良くなってきた。

 

MORSとSATが毎年全国で行っている交通安全キャンペーンの効果が出てきたのかな。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

高速道路のバス事故

視距が足りない高速道路
高速道路を横断中の牛車
8月
10

 

トーマスラズロ・ヴァイダ氏は30年近くの経験を持つキャリア外交官です。

 

米国の駐ミャンマー大使は5月にスコット・マルシエル氏が辞任して以来空席となっている。

 

米中冷戦に突入している昨今、ミャンマーが中国寄りになるのは米国の国益に反するとの見解で、既に駐ミャンマー大使館同士の舌戦は始まっておりヴァイダ氏は「ビルマが悪性の外国の影響とその主権への挑戦に抵抗するための努力を支持することも重要である」  と述べた。

 

2017年8月にロヒンギャコミュニティに対してミャンマー軍が民族浄化を含む恐ろしい残虐行為は明確になったと語った。

 

「私たちは、軍の行動を変え、将来の残虐行為を防ぎ、正義と説明責任を促進するための努力を続ける必要があります」と、ヴァイダは述べました。

 

 

 

何とも上から目線でロヒンギャのこともあまり勉強していないようで、この大使では米緬の外交的改善はあまり期待できそうにもないな。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします


トーマスラズロ・ヴァイダ氏
8月
09

 

マグウェイ地方政府によると、5つの小型石油精製所がマグウェー地方のパコック郡に建設され、オクタン価92のガソリンを製造できるようになります。

公募入札で付与されたこれら5つのミニ石油精製所はパコック郡のチャウカン村の200エーカーの遊休地とバージンランド(358/1896)に建設されます。

石油精製所に供給される原油は近くの手掘り井戸から産出されたものを使う。

ミャンマーでオクタン価92のガソリンを精製する装置は初めてです。

この事業には5.5億円程度の資金が必要ですが、それだけの価値はあります。

地方政府によると5社のうち、サニーグローバルマニュファクチャリング株式会社は、事業を運営するための建設を完了しました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

ミニ石油精製所

手掘り原油井戸
8月
08

 

8月4日イオンモールとシュエタン不動産が合弁会社を設立したと発表した。出資割合はイオン70%シュエタン30%。

 

合弁会社はダゴンセイカンTspにシュエタン不動産所有の土地(71,000㎡)に大型ショッピングモールを建設運営する。

 

2021年中頃には着工して2023年にはオープンを予定している。

 

場所はShwe Li Road とAyeya Wun Roadの角地で、建物は5階建で総床面積111,480㎡、駐車場は2300台分ある。総費用は1億8千万ドル(200億円弱)。200のテナントが入る予定です。

 

立地的には背後にバゴー川があり、商圏を小さくしているのが気になる。

 

また、ダゴンセイカン地域は道路事情も現状は余りよくない。

 

合弁相手のシュエタンが運営しているジャンクションショッピングモールとの違いをどの様に出すのだろうか?

 

オレンジスーパーのような無様な店にしてほしくないな。

 

日本のイオンに期待しています。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 



完成予想図
8月
07

ミャンマー保健スポーツ省によると国内のデング熱症病者4,121人で32人が死亡しましたと発表。

 

デング熱の犠牲者のほとんどは、5歳から9歳の年齢層です。

 

このウイルスの有病率が高いのは、主にサガイン地域、シャン州(東部)、モン州、カレン州です。

 

ミャンマーは昨年少なくとも2万4000人以上のデング熱の症例が報告され、少なくとも100人が死亡している、同省の統計は述べている。

 

今年は例年よりもデング症病者も死亡数も少ない傾向を維持しているとミャンマー保健スポーツ省の担当者は述べている。

 

治療薬があっても毎年100人以上が亡くなるデング熱、

 

治療薬がない武漢肺炎は感染者357人死亡者6人、そして経済はガタガタで生活困窮者が出てこれに関連する死者も必ず出るだろう。

 

今の状況に、納得行くような、出来ないような、このモヤモヤ感は何なのだろうか?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

8月
06

 

政府は武漢肺炎の影響によって引き起こされたビジネスの減速を改善するために、自家用車とミャンマーで組み立てられたセミノックダウン(SKD)車の輸入税を引き下げる7月29日に政府よりリリースされた。

 

2,000 CC未満輸入の自家用車の税率を30から20パーセントに引き下げ、2,001 CC以上の車の税率を40から30パーセントに引き下げました。

 

SKD車は10パーセントの税は免除。

 

2001 CC以上のSKD車の関税は20%から5%に引き下げられました。

 

ミャンマーでの新車の生産量は2020年の1月から5月までは4,764台で22.3%減少した。

 

新車の販売台数は前年同月比4%増加して。1月から5月の間に前年の7,215台に対して7,552台が販売されました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

8月
05

 

 

ミャンマーのバゴー地方出身のSu Naingさん(23歳)は、13.7インチ(34.8cm)のウエストの写真が英国のThe Sun紙とDaily Mirror紙を賑わしています。

 

これは、英国居住者のギネス記録保持者によるウエスト13インチには及びませんが・・・

 

誰ですか、私のウエストは34インチなど言っている人は。

 

Su Naingのフェースブックはフォロワーが25万人と大人気です。

 

彼女のフェースブックのIDはSu Moh Moh Naingです。

 

フェースブックにはこの細い腰の写真が沢山載っていますので興味のある方はご覧ください。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 



8月
04

 

梅雨も明けたので自転車で吉祥寺へ、井の頭公園あたりを散策し駅近の駐輪場へ自転車を置く。

近くのドンキホーテに何気に入る、この店に入ると衝動買いが多いが店の中を見て回るだけでも楽しい。

衝動買いして会計に行ったら、カバン(ハンドバック)がない。アァ、自転車のかごに忘れた。慌てて自転車に戻るが30分以上経過しているので当然カバンはなし。

店の人に事情を話し、品物は返して交番に直行し遺失物届を出す。

家に帰り、10分間隔で自分の携帯に電話をする。すると4回目に繋がり「忙しいので出られないとの返事」なので伝言をする。

5分後に返信電話がありカバンを預かっているとのこと。

ドンキホーテのサービスセンターへまっしぐら。

カバンを受け取り財布の中を見たらカード類は全て無事だったが、福沢さんや野口さんは見当たらなかった。

カバンは清掃人がトイレの中で)見つけてくれたそうです。

家に帰り計算してみたら3万円弱のお金が消えていたことになる。

まぁ、使い物にならない3万円の品物を買ったと思えば・・・

面倒なカード類の使用停止や再発行をしないだけでも良しとしなければ。

年を重ねて物忘れが多くなったなぁ~~

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

戻ってきたカバンと財部
8月
03

 

シッタン川河口部から上流70㎞の、バゴー管区とモン州の境界に位置する場所に新しい橋が架けられ先日建設大臣出席のもと開通式が執り行われた。

 

橋はTaungoo-Kyaukgyi-Shwekyin-Motpalin Roadの一部として使用され、

 

ヤンゴン-マンダレー高速道路の町や村とシッタン川の東側を結ぶ橋は、バゴー管区とカイン州とモン州を結び周辺住民63,000人が経済、社会、健康、教育の恩恵をうけます。

 

この橋には日本のJFE・ミャンマー建設省の合弁企業の制作した鋼製橋桁が使用されている。

 

橋は2車線、長さ1,680フィート(509m)で建設省が直営で施工しました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。