Archive

Archive for the ‘日記’ Category

3月
13

『賢い年金生活』  ミャンマー生活の手引き
目次
ミャンマー基本情報
住居
私の生活
ミャンマーの食生活
交通
地理と気候
治安
物価
ミャンマー人気質
経済活動
観光
長期滞在費用
その他
T夫妻のロングステイ計画
ゴルフツアー

3月
12

『賢い年金生活  ミャンマー暮らしのノウハウ』
上記の情報本がやっと書き上がった。
物書きではないのでずいぶん苦労はしたが、
周りの人の協力もあり、満足のいく仕上がりだと思っている。
4万字で仕上げる予定でいたが、5万字となってしまい少々長くなってしまった。
この本を読めばミャンマーでの生活がどのようなものか
どのようにしたら楽しく暮らせるか
生活費はどこにどのくらいかかるかなど、事細かに書いてある。
年金生活者には必見の情報誌!!!。
今後このブログで一部は紹介しょうと思っている。

3月
10

先日、実家に帰り数人の中学の同級生(男2人、女3人)と会食した。
親の介護、持病、年金の話がこの年になると定番なのですが。
何の話のきっかけかはよく覚えていませんが、
領土防衛の話から、飛躍して一人の女性が日本は 『核武装すべき』との発言がでた。
他の3人が反対するかと思いきや、日本は他人(米国)に頼りすぎ、今では
韓国、中国、北朝鮮に馬鹿にされたくさんの国益が損なわれているとの発言だった。
私の意見は、持つまでもないが、いつでも作ります、研究はします、との宣言で
とりあえず現状は抑止力になるとの発言をしたが、
現状はそんな生易しい国際情勢ではないとの意見が多かった。
3人の女性は普段はごく普通の主婦ですから、こんな意見が飛び出てくるとは
私自身もびっくりしたが。
ニュースを冷静に見て分析すれば、この様な意見になってくるのが普通の人かもしれない。

11月
24



先日、ナショナルホームベカリーなるパン焼き器買って
早速、レシピどおりにセッテングして、
朝はできた手のパンが食べれるはずだったのだが
大きめな蒸し饅頭のようなのが出来ただけ.   第1回目は失敗でした。
原因は昨夜ほろ酔い加減でやったので、塩と砂糖を間違えて入れたらしい。
失敗作を少しかじってみたら分かった。
めげずに、直ちに再挑戦、待つ事5時間半
今度は大成功
次回訪緬のときまでに作り方をマスターしなければと思いっています。
これから色々な作り方を勉強するよ
ミャンマーの食パンが小生の体が受け付けなくなったので
自作しか無いもんね。

11月
03

「家族を守り、郷土を守り、国を守る」これは決して右傾化した思想ではなくごく普通の中道の精神の
持ち主と思う。愛国主義は、軍国主義や、覇権主義とは全く違うものと考える。
さて、現在の日本はこの3守りが国として機能しているのだろうか。否である。領土問題、拉致問題、
経済問題、どれ1つとっても、国民は国から完全に守られているとは言い難い。
さて、田母神氏の論文を読ませていただいたが、多くの国民が思っている事を分かりやすくまとめて、
真実を明らかにしようとしている。今までの歴史観は戦勝国あるいは一部有識者や文化人と称する者の
一方的な論理ではなかったのではないのだろうか、戦勝国側に悪い情報は隠し日本側の仔細悪事もことさ
ら大きく誇張している事はないのだろうか。特に中国人は物事をことさら大げさに言う性癖があると聞い
ている。
事の真実は複雑でそう簡単には分からないだろうが、一方的な論理でそれが事実だとするのはわが国にと
っては、大変な不利益をこうむる事になる。
田母神氏が言っているように、わが国は台湾、朝鮮、満州に膨大なインフラ整備のための資金をつぎ込
み、満鉄など営業キロ数が2万kmに及んでいる。また、豊満ダムなど当時本土にも無かったような巨大
なダムも建設し満州発展のエネルーギー元にしている。また朝鮮半島にしても道路、鉄道、港の建設や
耕地整理により農産物の収穫高を向上させている。搾取どころか投資資金の回収すらしていないのではな
いのか。
偶然かどうか分からないが、日本が完全支配した地域は現在周辺の他の国や地域よりも発展しているの
は、偶然の一致なのだろうか。インフラがある程度整い、高等教育も受けた人達が居たからこそ出来たの
ではないのだろうか。
こんな論理は被支配者から見ればとても受け入れられない事ではあろうが、事実は事実として認識しなけ
れば、正しい歴史観は得られないのではなだろうか。

9月
07

昨晩のNHKの税金問題番組、今日のサンデープロジェクトを見た。
税金の無駄遣いの問題が今後日本の成否かかわっている事は、誰もが発言している。
その解決策はさまざまだが、官僚の作った作文では限界がある。
小生の1案
国家公務員の人件費総額を1兆円増やし、
定年前の肩たたき退職を零にする。
そうすれば天下り先の独立行政法人や○○協会は簡単に減らす事ができる。
独立行政法人や○○協会は天下り先確保の為必要であり、国家国民の為のものは少ない
真に国民の為の組織なら民間に任せればよい事で、天下り官僚が運営する必要は無い。
天下り官僚の給料を出す為に必要も無い事業に30兆円も出すより
国家公務員の人件費総額を1兆円増やし、
1兆円の給料を出して無駄遣いをさせない方が得策ではないか
官僚も人の子54.5歳で首になるのが分かっていれば、自分の将来を考えのは必然
年金が貰える年齢まで安心して働ける体制を作ってあげる事が大切と思うのだが。
もっとも、これを利用して悪巧みを考えるのが官僚の得意技だから、政治家がコントロールしなければ
ならないのだが・・・・

9月
02

昨夜は会合で帰りが遅く午後11時の帰還だったが
何気なくテレビをつけたら
福田首相辞任  だとさ
日本の政治も根性無し首相がが2代も続いて
まあ~理由はいろいろあるだろうけれど
世界の笑いものだね
くだらない政治家を選んでいる国民にも責任はあるだろうが
それにしても情けないね

8月
29

グリジア紛争はアメリカの陰謀?
昨今のグルジア紛争の報道を見るとロシアが悪人でグルジアやアメリカは善人と受け取れるような報道が
多いが、小生はこれらの報道に疑問を持っていたが今日の毎日新聞のモスクワ発の配信(下記)を読むと
この疑問が疑問ではない事がわかった。
又も出たかアメリカの小賢しい悪巧み、と言う感じ。
【モスクワ杉尾直哉】ロシアのプーチン首相(前大統領)は28日、米CNNとの単独会見に応じ、グルジア紛争の原因について、「米大統領選で、候補者のうちの一人を有利にするために米国の誰かがわざと起こした疑惑がある」と述べた。名指しこそ避けたが、ロシアへの強硬姿勢で知られる共和党内定候補のジョン・マケイン上院議員を勝たせるためにブッシュ政権が起こしたと疑っていることを強く示唆した。
首相は「グルジア南オセチア自治州の戦闘地帯に複数の米国人がいたとの報告をロシア軍から受けた。事実だとすれば、自分の上司の指示で動いていたはずだ」と述べ、米国の工作員がグルジア軍の戦闘を指揮していたとの疑いを指摘した。
さらに、中東問題やアフガン戦争、イラク戦争、サブプライムローン問題などブッシュ政権下で起きた問題を次々と挙げ、「小さな勝ち戦が必要だったのだ。しくじった場合でも、我々(ロシア)に罪をかぶせ、我々を敵に仕立てて、ある政治勢力の下に国を団結させることができたのだ」と語った。また「私の言葉にあなた(CNN記者)が驚いていることに私は驚いている。明白なことじゃないか」と述べた。
首相は「グルジア軍を武装し訓練したのは米国だ」とブッシュ政権を批判。グルジ
アが攻撃を開始した直後、訪問先の北京でブッシュ大統領に攻撃中止の働きかけを要請したが、「何もな
されなかった」と述べた。

8月
25

昨日もこんなキーワードで2つのテレビ局が放送していた。どの局かは忘れたが
スローライフって何かと思ったら、あくせくしない事か・・・・
ゆったり、のんびりの生活   あこがれるね~~~
ミャンマーの人の生活は意外にそうかもしれない
彼らの憧れもゆったりのんびりして、(ミャンマー語で エーエーセーセーて言うらしいが)
時々瞑想(座禅)して来世の幸せを願う
今を大事にして来月、来年、十年後の事は考えても仕方が無いので、時間を飛び越えて来世に思いを寄せ
るのかも