Archive

Archive for the ‘日記’ Category

8月
30

選挙

雨が降る前に選挙に行ってきた。
今までの選挙で一番混んでいて、100人ぐらい列を作って待っていた。
衆議院の選挙はずいぶん迷って投票した。
しかし、最高裁裁判官の国民審査は情報がほとんど無く新聞を見てもよくわからない。
裁判官が過去にどのような判断を下したか、もう少し詳しい情報が無ければ審査できないはずだ。
これはおざなりな国民審査で、官僚の悪知恵が見え見えのような気がする。
結局よくわからないので、全部×にした。

8月
24

土日はテレビで選挙関連のテレビを見た。
さて、どの政党がまともなのか?
次期政権が確実視されている民主党は、何をして良いのか迷っている(わからないのか)。
政権を取ることばかり考えて、民衆受けする出来もしない政策をばら撒いている。
社民、共産は相変わらず能天気な、護憲や大企業批判をつぶやいているだけ。
さて自民党は長い期間政権党だったのでしがらみから脱しきれなく政策に切れ味が無い。
各政党の幹部を集めた討論会で、どこも領土問題を出さないとは情けない。
竹島、尖閣、北方、の領土はどうするのだ、
国益を守る、国民の安全を守る、どの国でも基本的で当たり前のことが議論されない。
さて、投票日にどうするか。
当初は自民党は1回休んでもらい、民主党に任せてみようかと思っていたが、
討論会の内容を聞いていると、民主党に任せることは国を危うくする可能性があることが判明。
さりとて、自民党では???
やけくそで、共産党にするか。   これはありえないが。
自民党も60歳以上の議員が引退、落選すればかなり変わると思うが・・・・・

8月
21

先日、大学時代の先輩と会食をした。
その席で君の趣味は何かと聞かれて・・。
ウムー、・・・・
結局、考えても何も無い。
しかし、趣味が無くても人は生きていけます。
現実に、私はミャンマーで結構楽しく生活をしています。
私はそれでいいと思っています。
趣味を作り熱中することができない性格かもしれませんが。

8月
16

帰省

15日から静岡の実家に来ている。
やはり自分の故郷がある事はいいことです。
両親は他界していませんが、仏壇の前に来ると怖い親父がにらんでいるような気分になる。
実家は兄が継ぎ、今ではその息子が継いでいるが、またその子供もぜひ継いでほしい。
200年以上も続いた家なのでこのまま続いてほしいと願っています。

8月
13

核武装

10日から連続3日間の飲み会に出たら、さすが今日はお疲れモードです。
学生時代の友人と飲んでいたときに、日本は国益をどうして守れないのか
いまのて政治はどうもおかしいとの話が出て、かなり盛り上がった。
友人曰く、日本も核武装して日本国益を犯すものには『断固とした処置をとる』
と表明すべきだ。
その友人は次期防衛大臣は防衛庁を首になった田母神氏が言いといっていました。
最近よくこのような話が私の周りからも聞こえるようになった。
私の懸念することは、日本人の意見が極端の方向に転換するのではないかと、
日本人は1度進むとそれにまっしぐらになりますから。
しかし、今の政治を見ていると友人のような意見を持つ人が
多くなってくる可能性は否定できません。

8月
11

4ヵ月半振りで日本に帰ってきました。
久々に体重計に乗ったら、なんと68.8kg、
3月末の出発時より5kg近く少ない。
ミャンマーでの食生活を無理しているわけではなく、
ごく自然に減量できました。
間食はあまりせず、10時と3時のおやつは果物にしたのが功を奏したのかな。
この体重をキープすれば何よりですが。
保証の限りではない。

8月
08

昨日の朝8時に成田空港に到着した。
友人が車で迎えに来てくれたので、荷物をまとめ乗り場で待っていて
車が来たのでサッと乗り込みとりあえず友人の家へ直行。
友人の家に着いてからショルダーバックの無いのに気づく。
このバックには、パスポートのほか、帰りの航空券、現金、カードなど貴重品が入っている。
もし見つからなかったらと思っただけでゾートする。
とりあえず空港に電話。
似たようなバックは届けられているとの事。
早速と受け取りに空港に行き、確認して受け取る。
拾った人をたずねると、駐車場の管理人さんらしいのですが、
仕事ですからお礼の必要はありませんとのことで
名前は教えてくれませんでした。
何の御礼もできませんでしたが、ここでお礼申し上げます。

3月
13

『賢い年金生活』  ミャンマー生活の手引き
目次
ミャンマー基本情報
住居
私の生活
ミャンマーの食生活
交通
地理と気候
治安
物価
ミャンマー人気質
経済活動
観光
長期滞在費用
その他
T夫妻のロングステイ計画
ゴルフツアー

3月
12

『賢い年金生活  ミャンマー暮らしのノウハウ』
上記の情報本がやっと書き上がった。
物書きではないのでずいぶん苦労はしたが、
周りの人の協力もあり、満足のいく仕上がりだと思っている。
4万字で仕上げる予定でいたが、5万字となってしまい少々長くなってしまった。
この本を読めばミャンマーでの生活がどのようなものか
どのようにしたら楽しく暮らせるか
生活費はどこにどのくらいかかるかなど、事細かに書いてある。
年金生活者には必見の情報誌!!!。
今後このブログで一部は紹介しょうと思っている。