Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

8月
07

協同体を存続させる難しさ。

 

海外から資金を得てカニの養殖をする共同体を作って運営しているグループがある。

 

海外の資金が有るうちは人々は寄ってくるが、資金が無くなるとバラバラになる。

 

資金を出したNGOは立ち上げ当初だけ手伝いその後は自力で運営してほしいと思っていたはずだが・・・

 

リーダーが強権を発しても面従腹背でどうにもならず。

 

協同作業な苦手なミャンマー人では一人対一人では話が進むが複数人になると我が強くなり、

 

皆の利益と言う言葉に拒否反応を示す。

 

大型コンドミニアムの管理などはどうなるのだろうか、修繕積立費などは当然払い込まないのではと思う。

 

協同で資産価値を上げる=自分も利益を得る。

 

これがなかなかできないミャンマーの世間です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
06

雨期になると花の数がめっきり減るミャンマーですが、

 

そんな中我が家のランに花が咲きました。

 

ランの花は長持ちしてすでに2週間も咲いています。

 

小生、花の名前は全く分かりませんが、このランは綺麗に咲き好きです。

 

秘書が今年の初めからランの株を買ってきて20株位ありますが、

 

咲いたのは1株だけでした。

 

ランの育て方は全く分かりませんが、日陰を作り乾季でも水だけは毎日やりをしました。

 

園芸店から液体肥料を買ってきて施肥しています。

 

何時も1株位花が咲いていると良いなぁ~と思っています。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

8月
05

雨期になってもほぼ毎日停電するヤンゴン、

 

バッテリーとインバーターは必需品。

 

インバーターは6年使っているし、バッテリーは数回あげてしまい2年しか持たなかった。

 

バッテリーは85A、インバーターは1000Wで、それぞれ102000ks95000ksで購入。

 

3年使えるとして月当たり5500ksの出費となる。

 

これ等の費用はミャンマーでは必要経費で、我が家は発電機は無いのでまだ安くついている。

 

日本の様に停電は皆無に等しい所とは違い、それぞれの家庭で停電対策を取っているのがミャンマーです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

8月
04

 

表はドルから円、ドルからks、日本円からksの1年間の最大値と最小値を示している。

 

変動率を見るとドル円が大きく、円ksはドル円の約半分。

 

ksは今年に入り1ドル当たり1350~1360と安定している(中央銀行が管理しているのだろうが)

 

特に7月は1358ks±3ksと超安定している。

 

基軸通貨のドルに左右されるksだが、ミャンマーの経済が順調に成長すれば1200ksが実力だろう。

 

現在の1360ksは政権交代後からks安が進行し始めて4か月で150ksほど安くなった。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
03

ミャンマーに進出する日本企業が、

 

日本クオリティのハード・ソフトを兼ね備えた・・・・』とのコメントをしばしば見かけるが、

 

日本クオリティがミャンマーでどれ程の価値が有るのだろうかと常々思っている。

 

クオリティが高い=価値が有るとは限らないのではなかろうか。

 

商品やサービスで日本クオリティより低くとも価格で顧客がそれで満足すればその商品やサービスは価値が有る。

 

クオリティが高い=価格が高いのでは価値が無いのに等しい事も有る。

 

100%の日本クオリティをミャンマーに導入してもそれは導入者の自己満足ではなかろうか。

 

現在のミャンマークオリティが低いのは確かなのだ、しかし日本クオリティを受け入れられるだけの経済力がないのがも事実です。

 

私は日本企業から相談を受けるときには100%の日本クオリティを持ち込めば必ず失敗すると言っている。

 

商品やサービスは売れれば価値が有る、どんなに品質が良くても売れなければ何の価値もない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

8月
02

なべ物やカレーなどで、野菜や肉を煮ると灰汁が出る、

 

私はその灰汁を取るのが習慣になっている。

 

ミャンマーで汁物を食べるとき丼ぶりの縁に灰汁がへばり付いているのを見ると、極端に食欲が落ちる。

 

ミャンマー人の好きなホットポット(なべ物)でも灰汁を取ってるのを見たことが無い。

 

ミャンマーでは灰汁を取る習慣がないのだろうか?

 

灰汁が口に入ると食べた後口に変な味が残る。

 

あるミャンマー人はこれは旨味の一つなんだと言った事が有るが、ミャンマー人の感覚はこんなものだろうな。

 

日本の皆様はどうなんだろうかな?

 

ミャンマー人気ブログランキング

cご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

カレーを作るときの灰汁取り

8月
01

毎日20㍑缶1本を買う我が家、月間30本で18000ks(1500円)

 

水道水が飲めないヤンゴンでは当然の出費でどこの家庭も当たり前だと思っている。

 

飲料水を作る業者は無許可を含めて数えきれないほどある。

 

中には飲料水に適さない水を販売している業者も有る。

 

材料費は殆どかからず設備投資の原価償却と人件費なので利益率は高そうだ。

 

利益を優先して缶の消毒などを疎かにしすると雑菌交じりの水が製造されてしまう。

 

20㍑缶で各家庭に配達する、これは合理的の様だが何か他に方法がないのかといつも思う。

 

いずれにしても水道水を安全に飲める水にするのが一番良いのだが、それはかなり先の話になるだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

20㍑缶

7月
31

2週間ほど前ダウンタウンでブックフェアが有り、そこで百合ちゃん用の本十数冊の本を買い込んだが、

 

試験前と言う事で母親から読書を禁止されていた。

 

中間試験が終わり読書の許可が出た百合ちゃん、土日は殆ど読書。

 

7歳の子供がこれほど読書に熱中するとは、自分の7歳のころはどうだったのだろうか?

 

教科書もろくに読まなかったのではなかろうか。

 

読んでいる本は、漫画仕立てのお釈迦様の誕生や活躍、ミャンマー風の童話等々。

 

本になじむことは良い事なので小生も応援のつもりで時々本を買うのに付き合う。

 

本の価格は意外と高く1500ks(120円)~4000ks(320円)で一般家庭の子供はたくさん買ってもらえないのではなかろうか。

 

ブックフェアに行った時も4万ksほどの買い物でした。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

7月
30

 『Change とは国民一人一人が変わる(心、考え方、行動)ことです。』

 

『政府は国民の要望に全て答えることができない、なぜなら目先の事より将来を見据えて計画を立ているからです。」

 

 

上記はミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問の談話です。

 

全く当然のことで異論をはさむ余地はないのだが、

 

天邪鬼な小生はおいおい話をずらさないでくれと言いたい。

 

 

選挙時のChangeは軍人主体の政治から文民主体の政治に変えようではなかったのか。

 

将来を見据えた計画、つまり国家100年の計だと思うのだが、そのようなレポートを見たことも聞いた事も無い、

 

個々の大臣が大ぶろしきを広げた話は時々耳にするが、これは計画では無く大臣の思い付きだろう。

 

 

政権運営1年半で思うような成果が上がらず、一部の国民から不満が出ているのでそれに答えた談話だろうが、

 

政権運営が上手くいかないのは国民の意識が変わっていないから、

 

政府は目先の事に囚われずに長期計画に沿って運営しているので、政権が変わったからと言って生活がすぐに良くなる訳ではない。

 

この談話は国民への責任転嫁と逃げ口上に過ぎないと思うのだが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!