Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

8月
07

ミャンマー最大のホームセンターはPRO1HOME SENTER、ヤンゴン市内に3店ある。

 

先日この店を訪れた。

 

建築関係の大方の品物はここで揃う。

 

店は結構繁盛している。

 

今までは、ダウンタウンやミンガラドンの市場街に行き品物毎に店を探さなければならなかったが、ここでは1店で済ますことができ、大型駐車場があるのが有りがたい。

 

また個人商店よりPRO1の方が価格も多少安い。

 

てなことで、高圧洗浄機を買いました。

 

ただ品揃えが日本のホームセンターより少ない気がする。

 

この様な店は将来的には伸びるのではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

8月
06

一昨日用事でヤンゴン~パテイン道路を使ってパテイン方面に出かけてた。

 

この道路いたる所が穴凹だらけで、所要時間もいつもより40分ほど余計にかかった。

 

最近モン州やカレン州にもよく行くが、8号線(バゴー~タトン~モーロミヤ)は非常に快適で片側1.5車線に拡幅されて加熱式アスファルトコンクリートで舗装されている。

 

通行料を同じだけ取ってこの違いは何なのだろう。

 

ヤンゴン~パテイン道路はオリエンタルハイウエーが管理しているが、

 

今年の4月には契約通りの仕事をしていないので契約破棄をすると建設省から注意を受けたが、

 

会社側は開き直りそれでも良しと答えたが、未だお咎めなし。

 

ここにも何かうさん臭さを感じる。

 

 

BOT業者は通行料の安さで経営状態は悪化している事は理解している。

 

先般業界として値上げを建設省に陳情している。

 

業者側は世界平均の通行料を要求している模様。

 

他の国の事は如何でもよく自分たちが最低限いくら必要かを建設省に説明すればよいが、

 

業者は数値を上げて細かな説明が出来ないようだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

この様な穴が方々にある、ヤンゴン~パテイン道路

8月
05

ファイブスクウェアズ育英会でお付き合いのあるサックイン村の長から招待状が届いた。

 

サックイン村は教育熱心な地域でキリスト教徒が多く、生徒の半分はキリスト教徒。

 

この村には塾は無く、先生たちが補習事業として夜間まで授業を行う。

 

昨年までは無料だったが、補助教材、先生の食事代や電気料などにを負担してもらうため6000ks/月徴収することにしたそうだ。

 

今年のセーダン試験合格者は63人で合格率33%。男の合格者は16人と少ないが、

 

学校トップで480点獲得したのが男の子だったのが救いだった。

 

セレモニーには地区の教育委員長、警察幹部、卒業生等が来賓として出席。

 

ファイブスクウェアズ育英会もトップ10、10人に折りたたみ傘を贈呈した。

 

合格者の中にはファイブスクウェアズ育英会の奨学金を受けた生徒も3人いました。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

dav

8月
04

商務省の発表によると、720日までのデータによれば、米の輸出は328,706トンので金額は1900万ドル(331.6ドル/t)

 

これは896ks/1p

 

我が家は少し高級米なので2750ks/1pのコメを買う。

 

一般的家庭では1500~2000ks/1pのコメを食べている。

 

*1P2kg

 

日本円に直すと

 

輸出米 450ks/kg=37.5円/kg

 

我が家 1375ks/kg=115円/kg

 

一般家庭 875ks/kg=73円/kg

 

因みにアジアンの国々の消費者米価は以下の通り

 

ニラ76円/kg

 

クアラルンプール:58 円/kg


ベトナム:50円/kg 


インド:40円/kg


中国(雲南省):44円/kg

 

ミャンマーは所得と比べると3割くらい高いのでは?

 

どの様な品質のコメを輸出しているか分からないが輸出米は極端に安い。

 

勿論国内消費は流通経費が掛かるので輸出米よりは高くなるだろうが、この差は一体何なのだろうか?

 

生産者米価は中流米で2432円/kg

 

*生産者米価は籾摺り精米費(2.5~3円/kg)は含まず

 

ミャンマーのお米は生産原価と流通経費が高すぎるのではなかろうか。

 

生産原価は単位当たりの収穫量が少ない、流通経費は輸送費が割高&流通業者の中抜きが多過ぎではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

お米屋さんの店頭

8月
03

エヤワディ管区はエヤワディ川が四方八方に分流して大小の川が沢山ある。

 

雨期になるとこの川で沢山の小エビが捕れる。

 

2~3cmの捕りたてのエビは唐揚げにすると非常の美味しい。

 

しかし、足が速いので捕ってから半日以内に処理しないとダメ。

 

冷蔵、冷凍設備の無い田舎では火を通して半乾燥状態にする。

 

半乾燥状態にすると味は半減する。

 

エヤワディの友人がエビを取りに来いと言ってくれるが・・・

 

痛風持ちの小生は、ビール―のつまみにエビの唐揚げは最悪な組み合わせでなので残念ながら最近は控えている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
02

Daw Aung San Suu KyiYangonからKawhmu Townshipに移ったとき、彼女はYangonの道路は非常に悪い状態にあり、Kawhmu(郊外)の道路方が良いと言いました。

 

Kawhmu(コムー)はアウンサンスーチー国家顧問の選挙区でNLD政権になり積極的に道路改修が行われた。

 

Phyo Min Thein首相は国家顧問に指摘され急遽担当部局との会議を開催した。

 

その後市内では穴埋め工事が始まった。

 

首相は、国家顧問が指摘を受けた後でそれのみを行った。そしてこの様な事は初めてではない。

 

首相は、マクロレベルの解決策を考えているだけです。

 

交通渋滞を軽減し、道路状況を改善するための彼の思考は、高速道路の建設、新しい町の設立、道路の拡張など、マクロレベルでの大きなソリューションしか考えていない。

 

ミクロレベルで可能な限り人々と協力することは非常に貧弱です。    抜粋終わり 

 

 

多分、国家顧問の指摘の後担当部局にはぼろ糞に叱ったではなかろうか。

 

担当部局としては予算が無ければ動くに動けないジレンマが有る。

 

 

小生の提案

 

道路の維持補修班を20班程度作り、全市内(4700km)を巡回補修を年間通じて行えば雨期でも今ほど悪い道ではなくなる。

 

20班の年間経費はフォード車10台購入予定を止めて10億ks確保すればよい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
01

ミャンマーの為替変動が大きいとよく言われる。

 

確かに5年前に比べると、ksはドルに対して41.7%下落、円に対しては21.5%の下落

 

ミャンマーの預金金利はこの間、8~8.5%。

 

5年前100万円(10,300,000ks)を預金していれば、現在15,310,000ksとなる。

 

円換算すれば1,186,900円,186,900円の金利が付き、金利に対して税金は掛からないので手取りの利息となる。

 

対ドルでは700ドル(0.7%)の金利しかつかないが、対日本円では186,900円(18.7%)となる。

 

日本円なら年平均4.75%の金利となる。

 

一見大幅なks安に見えるが8%台の金利の大きさには驚くしかない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

預金通帳

7月
31

写真を見ていただきたい。

野焼きされた山

 

ミャンマーは基本的には原木の輸出は金さいだが

 

大規模な鉱山開発

ミャンマー北部中国国境沿いタンルィン川の中流に近い場所だ。

 

タンルィン川は(中国名 怒江チベットを源流とし、中国雲南省を流れ、ミャンマー北東部のシャン台地にあるカヤー州カレン州を南下してアンダマン海に注ぐ。長さは2,815kmにおよぶ。

 

河口から120kmの地点までしか船が入れない 急流。

 

今年はこの川の下流地点の方々で氾濫し生活道路の3~5フィートまで水位が上がった。

 

今の所、死者は10人、避難者は10万人。

 

降雨量も多かったのだが、中流域山林の荒廃が少なからずとも起因しているだろう。

 

森林伐採後の植林をせず山の荒廃が進んだこと、地下資源の無秩序な開発。

 

その結果、山の保水能力の低下と土砂の流出により、河床が上がって洪水を引き起こしたと思う。

 

山林の計画伐採や地下資源開発も政府は制限しているが、守られることは無く現在も続いている。

 

不法滞在の中国人と少数武装勢力のイリーガルビジネスで、これに加担するミャンマー人。

 

これを誰がどのようにコントロールできるのだろうか、難しい問題だ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

,

7月
30

ウイン・ミント大統領は28日バゴ地方の行政、立法、司法関係者、地区や村の役人と会って、政府改革の迅速化を求めた。

 

政府は沈滞なく改革プログラムを実施している。行政、立法、司法分野の当局者は、改革作業を懸念することなく職務を遂行する必要があります。

 

誰もが正義が優先されることを確実にする責任があると述べた。正義を確保することで、社会だけでなく民主主義も強化されます。

 

人権は保護されなければならず、行政は国民の自由と安全を守り、保護しなければならない。

 

法律は、時代と民主主義に沿った法律に制定される必要があります。

 

司法機関では、富裕層、貧困層、権力の有無にかかわらず、国の法律、規則、手続に従って実施されるべきである。

 

麻薬撲滅の仕事は国家的義務とみなされるべきである。この作業は国民の参加と協力によってのみより効果的である、

 

地位にかかわらず、腐敗防止法が施行されています。腐敗のない社会になるための努力が必要。

 

公務員は、法律に従って職務と責任を果たす必要があり、人々に奉仕し、サービスを提供する必要があります。

 

 

ここに上げたのは、実際には機能しいていなく違反者が多い事を示している。

 

政治家や公務員は大統領の意図するところを理解して国の発展に尽くしてほしい。

 

日本人もそうだが、個人個人は立派な人が多くいるのだが、組織に入るとその人の良さが消えてしまい組織優先になり事なかれ主義に陥る。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!