Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

12月
31

2018年は色々あったような無いような1年でした。

JICA反射式道路鋲導入ミカド交設製品)にかかる案件化調査に参加できたこと。

ファイブスクウェアズ育英会の念願だった『ミャンマーの子供たちに楽器演奏を』のプロジェクトもやっとスタートラインに立つことができたこと。(現在進行中です)

ブログやFBにはミャンマー情報をお伝えできればと思い日々拙文を掲載しています。

一般メディアでは日本の皆さんに届かない、ミャンマーの現状をお伝え出来ればと思っています。

1年間ご拝読ありがとうございました。

ミャンマー人気ブログランキング

12月
31

 

ミャンマー建設銀行に300万ks以上の預金残高が有ると、優先的に申し込みの連絡が来る。

数千人が予備申し込み(預金をする)をしている。

わが秘書も建設銀行に預金口座を作って300万ksを預入した。

預金が多い人ほど優遇が有ると聞いたので、どこに預金しても同じなので1月前には300万ks追加して600万ksにした。

タイミングよく募集の連絡が来た。

預金が多い人、全額キャッシュで買う人は優先順位がかなり高く当選の可能性は十分ありだ。

60㎡で2700万ks前後(階数により多少違う)、日本円で200万円弱なのでお買い得と思う。

1月14日が抽選日、新年早々福の神が来るのか?

ミャンマー人気ブログランキング

12月
30

 

マンダレー管区電力・建設大臣U Zarni Aungは安全な都市をつくるための研究は、中国のHuawei Technologies Co Ltdと、

Aung Myay TharzanPyigyitagunMaha Aung Myay3町で行われている。

同プロジェクトには、最新のCCTVカメラと監視システムの設置が含まれると彼は述べた。 

「セキュリティシステムでは、人工知能が利用されます。たとえば、カメラの電源が入っていると、犯罪や事故などの異常な行動が記録されます」と、U Zarni Aung氏は述べています。

この大臣、中国に市民の情報が全て吸い取られることを知っての事なのだろうか?

マンダレーは今でも中国の街と言われるくらい中国化しているのに、これ以上の中国化は今後のトラブルの元ではなかろうか。

一時の金に目がくらみ、国の基幹となる市民情報が中国に筒抜けになるような事業を導入する危険性をU Zarni Aung大臣には知ってほしい。

ミャンマー人気ブログランキング

マンダレー市内

12月
30

 

10年以上正月期間に日本に帰国していない小生。

ミャンマーの1月は一番すごし易い季節、日本は極寒の季節、なので当然ミャンマーに滞在する。

日本は春か秋に帰国すればすごし易いし、桜や紅葉の季節で気候も良い。

ミャンマーの年末年始は日本と違い普段とほとんど変わりはない、あえて言うならば12月31日の深夜カウントダウンイベントが方々で行われる程度。

我が家ではお年玉を配る時が正月気分だけ。

最近は手抜きでお雑煮も作らなくなった。

ミャンマー人気ブログランキング

12月
29

内務省の総務管理局が軍人が管轄する内務省から文民が統制する連邦政府省の管轄下に入るよう、NLD政権は決定した。

現在のGADは地域および州政府、地域および州議会、県、市、町村までに管理機能および調整機能する権限を与えられています。

2010年の州および地域政府法によると、GADは州および地域の政府の行政部門および立法部門の双方のすべての情報管理、・予算管理および一般的な行政を管理することができます。

例えば

町や村のレベルでは、GAD事務所は市民と州/地域の間の関わりの中核です。

住民登録、土地登記、人口統計データの収集、村の行政管理、土地管理、地方紛争の解決、商業税、灌漑税および鉱物税などの税金の徴収といった政府の役割の重要な機能を担う、タウンシップ事務所はタウンシップ管理者の下にあります。

GAD16,000以上の地方の地区と町をカバーしています。2014年のアジア財団(TAF)の報告書は、GADを「ミャンマーの行政のバックボーン」として説明しています。 

全国に36,080人のスタッフがいるため、GADは管理者を中心に、重要なタウンシップレベルで存在感を維持しています。上級職員の多くは軍と関係があり、彼らは全国の治安部隊、警察、司法と密接に連携しています。 

この改革について外国企業は楽観視していない、これを成功させるためには長時間かかるだろうと述べている。

実際問題上級職員の元・前・現軍人を全て排除しようとすればGDAは機能しなくなる、文民統制に移管のコンセプトは良いが実際の運営はどの様にするのだろうか。

国民や外国投資家は行政手続きの沈滞が一番迷惑なのです。

ミャンマー人気ブログランキング

12月
28

先月のシンガポールでの2018年のASEANビジネスと投資サミットで、Daw Aung San Suu Kyi氏はティラワSEZを「最高の成功」と称賛しました。

「日本、アメリカ、ドイツ、フランス、スウェーデン、オーストラリア、中国、インド、シンガポール、タイ、台湾などの国からの投資家はティラワSEZに投資しました」と彼女は地元の聴衆に語った。

NLD政権下の当局者は、前大統領のSEZプロジェクトを強調して経済の進歩を紹介することに頼っている」語っている

しかし、このティラワSEZにも問題がない訳ではない。

台湾のある業者は

「ティラワ工場の建設許可を取得するには1年かかりました」と彼は述べ、

ゾーンの管理費の高さも問題であると付け加えました。

ティラワ当局は、工場労働者のための宿泊施設をゾーン内に建設することを許可していないため、労働者は近くの一時的な施設に居住することになる。

ティラワ~ヤンゴン間のルートは非常に限られており、交通量および劣悪な道路状況により物流および輸送に深刻な混乱が生じている。

この道路と橋は日本のODAで道路改修・タンリン橋の架橋が進んでいる。

成功成功と言っていないで、進出業者にこれ程の不満が有るのであれば当局は耳を傾け不満事項を改善しなければティラワSEZの価値は上がらない。

ミャンマー人気ブログランキング
テラワSEZ正面ゲート

12月
28

12月末、ミャンマーも冬〈ミャンマー人はそのようにいう)で、ヤンゴンでも朝方は20℃を切ることも有る。

20℃前後になるとミャンマー人は寒い寒いと大騒ぎして、防寒着やらセーター、マフラー等を纏う。

しかし、足は相変わらず素足に草履。

日本人が見ると滑稽に見えるがミャンマー人は大まじめ。

ミャンマー人気ブログランキング

12月
27

ミャンマー農業開発銀行(MADB)は、2018 – 19年度にミャンマー経済銀行から農家への2段階の融資を通じて22000億ks以上の融資を計画している。

 

MADBはかつて農業ローンのみを貸していましたが、貸金の回収に手間取っている模様です。

 

かっての農民融資は農民がポエザー経由で借りた高利の借金の肩代わりをしただけで、肥料や農機具の購入には繋がらず、一部には生活費(携帯電話購入等)に使われていた。

 

故に農業生産が上がる訳ではなく相変わらず借金は残っているのである。

 

今回は農民が農業用具とトラックを買うためにお金を貸している、そして、ローンの優先事項は農業用具を買うことですとMADB(本社)のアシスタントマネージャーであるThet Thet Lwin氏は述べた。

 

融資は個人ではなく農機具保有共同組合の様な組織を地域ごとに作り組合に融資する様なシステムの方が融資がより機能するのではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

田植え風景


耕運機

12月
27

日本とミャンマーのカレンダーを作ってみた。

緑の丸印がミャンマーの祭日です。

ミャンマー人気ブログランキング