Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

8月
26

 

 

24日17時7分頃バガンの南30kmのチャンウ村(Chiauk)を震源としたM6.8の地震が発生しました。

 

チャンク村は発表されている断層から外れていますが、チン丘陵の麓を南北に走る断層には20kmの距離。

 

この付近では1900年からM7以上の地震が3回の発生している。

 

ミャンマー中央部にはザガイン断層が有り、ザガイン断層の東西にも断層が南北に走っている。

 

ミャンマー中央部は東西に100kmも歩けば断層に突き当たる状況です。

 

 

ミャンマーではマグニチュード7以上の地震は1900年より6回発生しています。

 

1912年5月の地震はマグニチュード8.0で最大規模でした。

 

6回の地震のうち3回は震源深さ0mと殆ど地表近くで発生しているのがミャンマー地震の特徴かもしれない。

 

 

断層が走っているのにこの100年間ほとんど地震のない空白地帯が南シャンのインレー湖近辺とザガイン断層北部(チン州)この近辺で地震が発生すればマグニチュード7.7程度が予測される。

 

地震発生図

地震発生図

 

断層図 赤線:断層 黒破線:予測断層

断層図
赤線:断層
黒破線:予測断層

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

8月
25

 

政府はヤンゴン~マンダレーの在来国道をBOT方式で4車線化して2018年中に完成させると発表した。

 

 

現在ある高速道路の通行量を見ても同じ路線の4車線化に投資する政策が良くわからない。

 

BOTの期間は基本的には40年間なのだが金利の高いミャンマーで果たして事業者はペイできるのだろうか、現行の政府価格設定では厳しいのでは。

 

交通量を調査して市街地はバイパスで混雑回避をして交通量の少ない所は2車線道路でも十分だろう。

 

それより高速道路の危険箇所改修と大型車の通行を可能にした方が物流効率は上がり費用対効果も大きい。

 

 

BOT 会社

事業者の中にShwe TaungとZaykabarが参加していないのが何となく気になるのだが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
24

 

 

20日にミンガラドンで一家殺害事件が発生した。

 

殺害されたのは元警察官とその家族で夫人と12歳と10歳の子供。

 

一家は自宅で殺されていたが現金等は盗まれず殺人だけが目的だったようだ。

 

 

この警察官は現役時代麻薬の運搬車を追跡しそのアジトを突き止めて、

 

上司に報告したが、上司は何もアクションを起こさずこの件を放置した。

 

この警察官は腐敗の構造を見て2014年退職した。

 

 

退職して2年経過したのに話がなぜ蒸し返されたのかは不明とされている。

 

しかし報道関係の以外の情報ではこの警察官が脈関連で元上司等関係者を恐喝していたとの話もあり謎は深まるばかりだ。

 

 

警察発表ではその様な事実はないのでその様なうわさを流せば告訴するとのコメントを出しているのだが、正当な裁判をしたらどちらが不利なのかな。

 

いずれにしても軍や警察幹部の一部が悪事に加担していることは以前から指摘されていたが、十手を持ったヤクザなので誰も手が付けらないのが現実。

 

 

軍事政権からの負の遺産であるこんな状況をNLD政権は解決できるのだろうか、

 

いや、解決しない限り国民の支持は長続きしないだろう。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
23

 

ミャンマー建設省は、ヤンゴン市街地とヤンゴン川西岸のダラ郡区を結ぶダラ大橋建設の入札を近く実施する計画を明かした。

 

韓国の資金で建設する橋で、入札対象は韓国企業に限定する。

 

ミャンマーと韓国の両政府は昨年11月、韓国の対外経済協力基金(EDCF)が1億3,780万米ドル(約138億円)の長期低利融資を提供することで合意。

金利は0.01%で、融資期間は40年間。橋の総工費は1億6,820万米ドルの見込みで、残りはミャンマー建設省が負担する。

 

着工は2017年を予定、20年の完成を目指す。橋は4車線で、長さ590メートル。

 

 

この計画は以前YCDCが橋は景観が悪くなる、航路に支障をきたすなどの理由で韓国の提案を却下した経緯がある。

 

河底トンネルの方が利点は多いのだが、韓国企業に軟弱地盤のシールド工法や潮流の激しいヤンゴン河での沈埋トンネル工法は技術的に難しいので橋梁(斜張橋)になったと思われる。

 

因みに日本の大手建設会社の積算ではシールド工法で約170億円で橋梁の建設費は同額。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
21

 

 

秘書が銀行に行き大金を銀行間に移動するので付き合った。

 

銀行間移動ならオンラインで送金すれば安全だろうと思うが、

 

案の定インターネットの接続が悪いのでオンラインで送金出来ないから現金で運んでくれと言われた。

 

3000万ksの現金が出てくるまで40分ほどかかった。

 

それも半分以上が1000ks札で重いので車までガードマンが運んでくれる。

 

それを他の銀行に持ち込み預け入れるのだが、封印された札束をすべて再度勘定する。

 

この手間暇は相当のもので、この銀行でも30分ほど待たされた。

 

3000万ksのオンライン送金手数料が15500ksもずいぶん高額なのも呆れる、

 

また振り込んだ支店が口座を作った支店ではないと言うことで振込料200ks請求された。

 

ミャンマーの銀行の近代化はまだまだ先の話の様だ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
20

 

 

ッソンダムはカチン州のエヤワディ河源流域のマリカ川とメーカ川の合流地点に高さ152mのダムで貯水池は766平方キロメートル、出力360万kwの発電を行う。

 

発電された電力の概ね90%は中国側に送電される。

 

事業主はミャンマー・エコノミック・ホールディングス(UMEHL)と中国国営の中国電力投資集団(CPI)

 

総工費は36億ドル

 

ダム建設に伴い、カチン族の63村、1万2千人が移転を強いられすでに437世帯(2,575人)移転した。

 

移転住民のために新たな村を作ったが、そこでは農業ができず、住民は生活苦に陥っているという。

 

この地域にはミッソンダムのほかマリカ川に1か所メーカ川に5か所のダムが計画されている。

 

 

このダム計画は軍政時代の2009年に契約締結されが2011年9月30日テンセィン大統領が工事中止命令を出し現在に至っているが、中国政府は自国のエネルギー政策上重要な事業と位置付けている。

 

 

今回のアウンサンスーチー外務大臣の訪中では中国側からミッソンダムの再開を強く要請されたが、調査に半年かかるので返事はそれまで待ってほしいとの返答をした。

 

しかしミッソンダム調査委員会では『ミャンマーの国益と中国企業の利益の双方にかなう方策を探ると』との話もあり、この委員会も再開に向けての形づくりでなければいいのだが。

 

もう一つ心配なのは中国からは美味しい話をぶら下げれれた事だ。

 

コーカン武装勢力は中国の影響下にあり、今まで強硬に政府とは対話を持たなかったが8月の和平会談には参加すると表明した。

 

一部少数民族武装組織に影響力を持つ中国の支持取り付けに成功しても、国民の支持を失うようなことは本末転倒だ。

 

 

私の心配事

 

ダム建設地域の断層の有無を正確に把握したか。

 

湖水になる湖岸の防災、特にのり面保護。

 

安全で適正なダム管理が儲け第一の中国企業に任せられるか。

 

このダムは治水目的ではないのでエヤワディ河本流の乾季の水位低や雨期の異常放水。

 

下流に何千万人が生活するダム管理を外国企業が行うのは安全保障上の問題から見ても好ましくはない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

8月
19

 

 

ミャンマー人会社の工場立ち上げに関わって分ったこと。

 

・分からない、知らないと言うことで聞けば公務員は親切に教えてくれる。

 

・民間人は知ったかぶりをするが実務になるとほとんど分からない。

 

・公務員に頼むと書類作成(日本の行政書士の仕事)も行うが、当然手数料は払う事になる。

 

・工場立地では周辺の地主や地区の有力者の同意が必要だが、同意のサインを貰うときにはそれ相応の礼金を出さなければならない。

 

・土地売買契約書の精査や土地の面積測量も立会いも公務員がしてくれる。これらも当然礼金は必要。

 

*これらの行為は地方の公務員だから出来る話かもしれないです。

 

 

上記公務員の行為は日本ではアウトでしょうがミャンマーでは公務員のバイトは常識。

 

これが違法かどうかは分からないが当方のミャンマー人は賄賂との認識は無く、識者に書類作成を依頼したとの認識。

 

勤務外に書類作成を行えばあまり違法性は無いと思うが、測量立会いなどは勤務内なので厳密には違法だろうと思う。

 

 

いずれにしてもミャンマーではあまり細かい事まで気にしていたら何も進まないので程々に妥協しながら進めるしかない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
18

 

 

エヤワディ管区アマー群区テンビンセ村はヤンゴンから180kmですが

 

途中50kmほど砂利道が有り雨期の為最悪の路面状況になっている為

 

この50kmを4時間ちかくかかる。

 

テンビンセ村の知り合いの家に民泊するため自前の食べ物は極力持参した。

 

食パンⅠ斤、カップヌードル6個、ツナ缶、コーヒー、ミャンマー風のおかず、お菓子等々。

 

夕刻家に到着早々警察官が見えて外国人は宿泊登録が必要なのでパスポートを見せろと言われたが、

パスポートは持ち合わせなかったのでPCに入っているパスポートを見せ、小遣いを少々出して了解してもらう。

 

田舎の家としてはしっかりした家ですが、寝るところは板の間にゴザと薄手の毛布敷いただけの床は体が痛く寝返りばかり打って熟睡は出来なかった。

朝起きたら腰や節々が痛い~。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

DSC06205

 

DSC06184

8月
16

 

 

1週間ほど前から鶏が我が家の庭をうろついている。

 

直にどこかに行くだろうと思っていたら住み着いてしまって、

 

最近は百合ちゃんがご飯や米をやると玄関先まで入って来る。

 

地鶏なので肉は硬いと思うが味は良いかもしれないが、

 

我が家ではだれもこの鶏を食べると言う発想は無い。

 

秘書曰く、この鶏は闘鶏用に飼っていた鶏ではないかと言うが、

 

確かにこのあたりで鶏を飼うとすればペットか闘鶏用かもしれない。

 

野良犬ならぬ野良鶏、家に居ついているので半野良鶏と言う事か。

 

家賃無料で食事は無料で時々出るので気の向くままに居てください鶏さん。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

半野良鶏

半野良鶏