Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

4月
13

小生の取扱商品で以前にも紹介しましたが、『SHAN HONEY』が現地での採集シーズンに
入り、今年も発注しました。昨年より尚一層の品質管理を厳格にし買い付ける事に。
昨年は初めての事で輸入手続で現地の品質証明が無いために随分苦労したが今年はその心配はなくなり
品質さえ確保できれば輸入はスムースに出来る予定です。
野生の蜜蜂の巣から採取するため、大量に取れませんし、森の中での衛生管理が難しいため発酵菌
の混入量が多いと、輸送途中で泡立ちや、発酵を起こし商品価値がなくなってします。
昨年は1割以上だめにしました。
このハチミツを食せば、ほんとのハチミツの味と香りが判りますよ。
昨今のハチミツは安全のためと称してあまりにも精製しすぎているのではないだろうか?
『SHAN HONEY』をご所望の方は下記にどうぞ
URL:http://www.five-sq.com/
ミャンマーの子供たちに奨学金の援助をおねがいいたします。
一人でも多くのご賛同を!!
寄付金は1口2,000円です。出来るだけ2口以上でお願いいたします
振込み先 東京都民銀行 城東支店 普通 4034684 ファイブスクウェアズ育英会

4月
11

ミャンマーでは4月に新年を迎えます。テンジャン・プエという水祭りが明けて新年となります。
このお祭りは、水かけが慣わしで、水にかかることで心も身体も清める、
1年の垢を流し落とすと信じられています。
4日間は水をかける人々、水をかけてもらう人々とヤンゴンの街は一変してにぎわいます。
4月に入るとミャンマー人たちは祭りに気が行って、仕事どころじゃなくなります。また、学校も3月中旬の学年末試験が終わり、6月までの長い夏休みに入り、家族そろっての祭りの準備となります。
また、本番の水祭りの準備は、水をかける場所の設置(ステージ)、多くの水をかけてもらうための乗合トラックの確保、そういった準備が行われます。
ステージは町内会や企業、有志等思い思いに大小さまざまのものが出来ています。
また地方出身は1年に1度この時期に帰郷します。
日本のお正月とお盆が一緒に来たようなものですかな。

4月
10

ミャンマー人は少し金持ちになると寄付や振る舞いが好きなのか?

友人の妹は長男の誕生日祝いに町内中の子供たちに(およそ800人くらい)

お粥とお菓子を振舞っていました。お米50kg鶏肉10羽と野菜少々がお粥の材料。

お菓子は1人10円程度のもの。

〆てウン万ksの出費?

4月
09

ヤンゴンから早朝の便で帰国した友人が我が家に立ち寄ってくれました。
友人もヤンゴンに会社を持ち、木工芸品を作っていますが、文化の違い、教育の違い等
苦労していますが、小生と同じでOJTで現地の人達のレベルアップが主目的のボランテア
です。ボランテアといえ経営的には利益はゼロでも経営を維持するのは大変な事です。
愚痴を言いながら3時間も話し込んでしまいました。
写真は友人が持ってきてっくれた現地の週刊誌です。新しいスタイルのレストランのが
日本人の指導の下に出来ましたと書いてあるらしいです。小生ビルマ語は全くわかりません。

4月
08




バガンはミャンマー最初の王朝のアノーヤター王が1044年にミャンマー全土を統一して首都として
築いた都市で、その後フビライ・ハーンに滅ぼされるまで250年間栄えた。
アノーヤター王は仏教をを積極的に導入した。イラワジ川左岸6km四方の広大な土地に、
5,000以上のパゴダと寺院が散在したといわれていますが、現在も2000以上の遺跡が残っています。
アンコールワット、ボロブドールと共に世界3大仏教遺跡と呼ばれています。
アナーンダー寺院やタッピニュ寺院と共に数え切れないほどのパゴダ群は見ごたえがあります。
また、イラワジ川の夕日もお奨めです。

3月
30

ミャンマーからの報告では、最近は物価が高くなって来ていて、
特に食料品が値上がり傾向にあるようだ。
昨年10月にガソリンが8倍になり、バス・タクシー代は50%以上の値上げをしている。
結局人件費(通勤費の値上がり)物流コストの値上がりで諸物価は上がるのは当然の理。
小生の単純計算では、バス代の値上げだけでで人件費は5%以上ることになる。
*ミャンマーでは普通通勤費は支給されないことが多い。
いずれにしてもミャンマー政府は経済政策が上手では無いようです。
日本でも何処の国でも同じか~~~~
他の国の事は言えね。

3月
29



小生の朝の散歩コースの公園では本日満開宣言(気象台ではなく小生の宣言です)が出ました。
また、川べりでは桜のピンクと柳の新芽の緑のコントラストはを見るのは、
散歩中のたの楽しみの1つです。

3月
27

小生バガンには数回観光に行ったが、宿泊ホテルは何時もバガンゴルフリゾートホテル。
雰囲気が結構気に入って何時もここに泊まってしまう。
特に建物正面と、裏庭の花はとても南国風です。
宿泊料は60$程度なので、このくらいのホテルとしては安い方だ!!

3月
25

ヤンゴンのお店も3月19日開店以来6日が過ぎました。
気になる客の入りの方ですが、予定客数の30%程度ですが
毎日徐々に客数、売り上げとも伸びているので2~3ヵ月後には
ヤンゴンの人達にも新しいサービスと味が認知されると確信しています。
早く利益の出るお店にして、働いているスタッフに利益の分配金を出したいと思っています。
ミャンマーでは労働分配率が非常に低く、それ故働いている人の労働意欲も低いのが現状、
この悪循環を断ち切るためにも、繁盛するお店にしなければ!!!