Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

5月
24

ミャンマーは47年ぶりの異常気象で、国民生活に異常をきたしている。
水不足で飲料水不足、電気不足、気温が高いために死者まで出ている。
都会の生活者には過酷な生活を強いている。
高層住宅に住む人は水をポンプアップしなければならないので、
電気が無ければどうにもならない、
電気が来た時には水が来ていない等で普段の生活が電気と水に
振り回されている感じです。
この生活はまだ1月は続きそうです。
工業団地は供給停止で、私の知り合いの工場では1日100ℓの軽油を使うので
採算が合わなくなったと、社長が嘆いていた。
因みに我が家の通電時間は1日12時間程度でこの状況はヤンゴンではかなり
良い方だそうです。

5月
16

先日さる駅前のスーパーに立ち寄ったら、マンゴー、パパイヤがあった。
値段の高いことに驚いた。
国産マンゴー3500円、フィリッピン産マンゴー298円、メキシコ産パパイヤ780円
これらはミャンマー産に比べると大きさも小ぶりです。
因みにミャンマーの旬での価格は
マンゴー20円~30円
パパイヤ30円~50円
貨幣価値が違うといえばそれまでですが、
それにしても少し高すぎではないかな
これでは毎日食べられない。

マンゴー

マンゴー

ミャンマーのマンゴー

ミャンマーのマンゴー

5月
15

秘書兼通訳の子が5月6日が出産予定日でしたが、現在その兆候は全くなし。
先生は帝王切開を進めているようですが、私は自然分娩を推奨している。
結局自然分娩を選んだのですが、2週間に1回の診察時は先生の風当たりは強いようです。
ミャンマーでは金持ちは帝王切開が常識のようだが、これは医者の作戦のようです。
自然分娩なら手術料が取れなく金儲けにならない。
自然分娩は時間の拘束が長いから医者としては割が合わないのが理由。
素人の私が思っても医者が訳のわからないことをいっている。
1、豚肉は食べるな
2、食事を減らせ
3、辛いものは絶対だめ
こんなことを守っていたら子供に栄養が行かなくなるのではと思うのですが
その代わりに栄養剤を飲めと言う。

5月
12

ミャンマー総選挙「国際基準満たさず」=米高官、
アメリカのキャンベル国務次官補がミャンマーを訪問してスー・チーと会った後の談話でミャンマーで今年実施される総選挙は 『国際基準に適合していない』と発表。
総選挙の国際基準て、小生はまったく知らないのだが・・・
これってアメリカンの基準じゃないの
どこの国でも政権を維持するためにあらゆる手立てをするのは当然のことと思うが・・・
その政権が良いのか悪いのかは国民が決めることで、その方法は選挙だけではないはずだが
選挙がすべてと思うのは如何なものか
東欧諸国の崩壊は選挙によって政権が崩壊したわけではない。
ミャンマーの現政権が悪いのであればミャンマー国民自体が立ち上がるだろう
他国が余り干渉しすぎるのは如何なものか。
小さな親切大きなお世話

5月
10

早いもので昨年の3月に取得したビザが切れてしまい、
今度の訪緬のためビザの申請に品川区の御殿山にあるミャンマー大使館に出向く。
同時に大使を表敬訪問して、小型水力発電の開発経過を報告する。
この席で大使館としてお手伝いできることがあれば手伝うので何なりとお申し付けくださいと、
ありがたいお言葉をいただく。
そして農業灌漑省をを紹介していただくことになった。
小型水力発電開発プロジェクトには多くのミャンマー人が支援してくれているが、
最近開発が遅いので日本からパーツを取り寄せて組み立てたほうが早いのではとの意見が出始めた。
小生はあくまでもミャンマー製にこだわっているのだが・・・・
こんな状況を大使にお話し、大使に意見を求めたところ。
国のためには貴方が言っている方が良いとのご意見を頂戴した。
少々遅くとも、少しぐらい効率が悪い機械でもミャンマー製にこだわり開発を進めて行くことにする。

4月
25

昨日ミャンマーから日本に帰ってきた。
驚いたことに、4月なのに気温11度、寒い~~~。
朝成田に到着して、午後には大学の校友会総会に出席
その後懇親会、2次会で帰宅は11時過ぎ。
あ~~、疲れた。

4月
17
パダウ

パダウ

家の前のパダウの花が昨日朝突然咲き
2日で全て散ってしまった。パダウの花は、暑くなる水祭り前後に咲き4~5日で散るのが普通ですが。
暑すぎると早くす散るそうです。

4月
16

ミャンマー人はあまり掃除が好きではないようだ。(最近の日本人もそのようだが)
日本人の私から見るとかなり雑な掃除の仕方で、
『四角いところを丸く掃く』の類で、ついつい口を出す。
床の拭き掃除は手を使わずに足を使う。
日本的に見れば、真面目にやれと言いたくなるが、多くのミャンマー人がこの方法で床を拭く。
壁、天井、などくもの巣が張っていてもあまり気にならないようで、
かなり高級住宅に行ってもくもの巣はよく見かける。
新しいメイドが入ると掃除の仕方を教えるのに1週間はかかる。

4月
13

ミャンマー人は他人の家を突然訪問することが多い。
来られた方の都合を考えないのかと思うこともある。
居るか居ないか確認もしないで来て、居なかったらどうするつもりか・・・
無駄な時間とお金を使ってしまうことを考えないのかと、不思議に思う。
行動に計画性が無いのがミャンマー人なのですが、
食事の時間、授業中、来客中、外出の支度中など、突然訪問されるとムッとなってしまう。