Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

7月
30

毎年恒例の隅田川の花火、今年も我が家からの観覧でした。
我が家から花火の会場隅田川までは直線距離で3.2km
途中のビル群にはばまれ上空部分しか見えませんが
家で寝転がって見えるのですから贅沢は言えません。
今年は写真に挑戦しましたが、腕の悪いのとカメラの悪いのが重なり
100枚撮影しマアマア見れるのは8枚だけでしたよ 残念!

7月
25

ミャンマーレストラン FIVESQUARES に昨日は215人のお客様にご来店いただきました。
当初の目標数値に4ヶ月目で達成できました。
現地からの報告では、一時満席でご不便をおかけしたお客様も居たそうです。
この数字はまだまだ毎日とは行かない思いますが、多少なりとも先が見えたような感じがします。

7月
23

ミャンマーレストラン FIVE SQUARES も開店から4ヶ月経ちました。
スタッフも仕事に慣れやっとレストランらしくなってきましが、まだまだ教育には時間が掛かりそうです。
6:30~20:00を交代で写真の6人のメンバーで接客しています。(平均来客数は140人/日)
休みは2日/月ですが良く働きます。お店は4月のテジャン(正月)の1週間の休み以外は年中無休です。
給料は他の店の50%~100%UPですが、それでも日本の1/50程度です。ただ福利厚生費を
含めると日本の1/30程度になる。(80%のスタッフが寮に住み3食付無料です)
教育の難しいのは、考え方の基準が違うので、教えること全て何の為にこの作業をするのか、
細かく説明が必要で、作業内容を納得さえすれば積極的に仕事をします。
女性は18歳から22歳で1名が大卒2名が大学生(通信教育)で就職経験の無い子を
採用しました。白紙の状態のが教育しやすいと思ったからです。

7月
20

ミャンマー人と約束しても、日本の約束の意味合いと違うのではないかと思う。
『あなたの云っている事は分かった、やってみましょう』程度で
本気で約束を守ろうなんて、少しも考えていない、
考えているのは出来なかった理由だけだ、
自分だけ一生懸命約束を守ろうと動いても、電気、通信、交通等の
インッフラ整備の遅れから、残業しようと思えば電気が来ない。
電話連絡しょうと思えば電話は不通、こんな事は日常茶飯事、
こんなことの繰り返しでは、真面目に働く気も薄れてくるのではないだろうか?
約束するときには騙すつもりもない様ですが、結果が悪いのは何時も同じ。
約束を守れんなくっても悪気は無い様ので、かえって始末が悪い。
ミャンマー人が『YES』と言ってもあまり当てにしない事が肝要ですぞ。

7月
16


我が家はビルの7階で風通しもよく涼しいので、エヤコンを使用することはめったに無いが、
1昨日からは温度計が壊れたかと思うほど、夜中になっても30℃から動かないのだ
暑くて眠れないので何年か振りにエアコンをかけて寝たが、やはり3時ころ目を覚ましました。
普段とは違う冷気では熟睡できないのです。
自然の風が1番ですね。
今朝も温度計は30℃です。
体の水分が抜けて体重が少し減ることでも期待して、本日も暑さとの我慢比べです。

7月
15



ヤンゴンの市場は大きく分けて2通りあり、
大きな建物の中に色々な商店が間借りして営業しているタイプと
市場の建物周りで路上販売している店のタイプ
間借りすればかなりの家賃が必要ですが、路上では1日100ks~300ks。
路上営業では毎日市役所の役人が集金に来て出店をした日だけ払えばよい。
この集金人金を取っても領収書を出すわけでもなく、黙って手を出して金を受け取るだけ。
ここで集めた金どのように処理するのかまったく定かではない。集金人のオッサンが
少々懐に入れても誰も分からないのだ・・・・これがミャンマーなのです
市場でのお値段は
米:33円/kg  牛肉:160円/kg 鶏肉:250円/1羽 玉ねぎ;38円/kg 卵:5円/個
にんにく:140円/kg

7月
13

昨年公務員の給料が5~8倍に上がったのは以前紹介したましたが、
給料が上がったので学校の先生は、本業に専念しなさいとの事で、
家庭教師のアルバイトは禁止になり、バレタ場合は解雇だそうです。
いくら給料が上がったといえまだまだ安いので、どうして生活するのか心配ですが
ただ家庭教師以外のバイトは黙認されるみたいですが??
この決まりも1~2年経てばなし崩し的に有名無実化するのがミャンマーの常ですがね。

6月
07

ヤンゴンにレストランを開業して2ヵ月半が経過しました。
経営状況は、はっきり言って芳しくありません。
来客数は予定の2/3程度(100人/日)で減価償却が出来無い状態です。
特に雨季に入り売り上げは横ばい状態です。
あの手この手で集客努力をしていますが、現状維持が精一杯の状況です。
現状打破のため小生6/10には報緬する予定ですが、
現状打破のアイデアは今のところ持ち合わせ無しです。
来週からはビールの販売の許可が取れたので多少の売り上げには貢献すると期待していますがね
ま~、基本に忠実に真面目に営業する事が一番と思っています。

6月
04

ミャンマー国民の多くは現政権は好きではないが、民主化と称して各民族が衝突し内戦になる事を1番恐れているのは事実です。中国、インド、米英が夫々の民族に肩入れすれば、中国、インド、米英の代理戦争になる可能性は否定できません。ミャンマーの内情に詳しいい方はお分かり頂けると思います。
経済発展を促進して緩やかな民主主義国家に移行するのが、ミャンマー国民にはとっては1番良い方法と思うのは小生だけだろうか?
アメリカがミャンマーへの制裁を国連の安保理に掛ける事に、日本政府は同調しかねるとのコメントがありましたが、日本政府の責任で人道援助や民主化への手助けをした方がミャンマー国民も、より一層日本を信頼し尊敬するのではないか。このような援助が生きた援助(お金)ではないのか。何処かの国のよう何百億のお金を取っても御礼どころか、日本ほど悪い国は無いと嘯いている国よりよほど良いのではないか。