Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

6月
09

日本では工事等金額が大きな購入案件は相見積もりを取り、安くて適正な価格を提示した会社に納入を依頼する。

 

しかし、ミャンマーの中小零細企業は相見積もりを取られることを極端に嫌う。

 

この深層心理は良くわからないが、信頼関係が無いと言う事なのだろうか?

 

ミャンマー人の友人に内装工事を依頼したが、見積もりが出る寸前で断られた。

 

理由は簡単、オーナーが方々から相見積もりを取っているのが分かって、電気工事や配管工事業者が断ってきたとの事でした。

 

大手企業では相見積もりを取らない事による弊害も多く、管理職が納入業者から賄賂を受け取っていることが日常茶飯事に行われている。

 

相見積もりを取る行為は、何人かの女性に『付き合いますよ』と言っているのと同じだと聞いたことが有る。

 

飛躍し過ぎた例え話だがこれにも一理有るかも知れない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
08

ミャンマー鉄道(MR)の関係者は、「新型機関車の製造建屋は90%以上完了し、今後は機関車の組み立て作業に入り、来年3月には10台の機関車が完成する」と述べた。

 

ネピードにあるこの工場はMRCRRC Dalian Company(中国大連市)の共同運営で、2,000馬力のコンピュータ制御ディーゼル電気機関車が製造される。

 

 

機関車の製造となっているが、これは部品を輸入しノックダウン方式と思われる。

 

この工場で将来的には年間20台の機関車を製造予定だそうです。

 

日本の中古車よりも新車の方がとの、トップの要望もあるやに聞いたが、これがミャンマーにとって有益なのだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

CRRC Dalian Company

6月
07

ラインタヤのヤンゴン~パテイン道路両側の路肩や水路には不法占拠のバンブーハウスが立ち並ぶ。

 

路肩の家屋は渋滞の一因にもなっている。

 

水路上の家屋は排水機能を著しく阻害している。

 

NLD政権になりこの不法占拠が増え始め、今では推定数万人が住み着いていると思われる。

 

これほど多くの不法占拠を放置したのは何故の理由だろうか、小生には解せない。

 

一部には不法占拠場所を利権にしている輩もいると聞く。

 

法治国家なら何の遠慮もいらず強制撤去すべきだろう。

 

これを放置すれば法治国家ではなく無法国家のお手本を示すことになる。

 

法の支配を訴えて選挙に勝利した政党が選挙公約を実現できないでいる。

 

ヤンゴン議会では 地域の電力、産業、輸送、通信部大臣のDaw Nilar Kyawがその地域のインフラを改善するために、ヤンゴンの工業地帯にある不法占拠者をを取り除くと述べているが、

 

当局は規制や法律を効果的に運用する必要があるのではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

,

6月
06

野党USDPは、入札を行わずに総額50億ドル4件の発電プロジェクトを実施することに電気エネルギー省を批判した。

 

USDPの議員、U Maung Myintは、月曜日の下院議会で、TaninthayiIrrawaddyYangon地域とRakhine州でこの4件のプロジェクトを入札もしないで決めたことに同省の責任、説明責任、透明性に疑問を呈した。

 

この案件腐敗の臭いがしている、元企画財務大臣のU Kyaw Winの妻が請負社の1社Supreme Tradingと深い関係が有り契約の為妻が動いたと批判されている。

 

最近のNLD政権おかしなな動きが多過ぎ、挙げれば切りがないが政権奪取して2年が経過し利権の旨味に嵌った閣僚や上級幹部がなりふり構わず動き出した感じだ。

 

政治経験が浅い閣僚は外国の海千山千のビジネスマンに上手い具合に捻れれているのではと危惧する。

 

関連記事https://www.irrawaddy.com/news/burma/uspd-lawmaker-questions-transparency-private-power-deals.html

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
04
  1. ミャンマーの燃料油は最近の原油高で最安値時より25%程度UPしている。

 

ミャンマーは燃料油に税金が掛からないので日本よりは安い。

 

しかし政府は道路整備の財源として1㍑当たり60ks程度の課税を検討している。

 

2006年までは燃料油は配給制で1112ガロンで価格は1ガロン当たり160ksだった。

 

現在は自由に購入出来てガソリンスタンドも幹線道路には沢山出来ている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

6月
03

6月1日にセーダン試験の合否発表が有った。

 

合格点数は600点満点の241点以上。

 

この点数により入学できる大学が決まる。

 

300点未満だと通信大学に行く生徒が多い。

 

今年の各大学の入学許可点数は以前と違いが出て、医学部がヤンゴンの工科大学より下になった、

 

またコンピュータ大学の人気が高まり入学点数も上がった、

 

一時人気のあった海洋大学は人気が落ちた感じ。

 

例年通り男女で入学許可点数が違う大学も有り、今年はその差が大きく23点の大学も有る。

 

この様な事を日本で実施したら大騒ぎになるだろうが、ミャンマーでは普通の様です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

6月
02

Aung Kyaw Hoe国防大臣は「大統領は国家元首です。だから、もし彼が法に従って秩序を守るならば、私たちは彼の命令に従う準備ができている」と語った。

 

これは主にミャンマー北部の少数武装勢力との戦闘行為を念頭に置いている。

 

武装勢力は地域の行政機関や施設を攻撃し人を殺し、幹線道路では保護料と称して通行料を徴収する、また国軍の部隊も攻撃を受けている。

 

「彼ら(反政府勢力)は、武力蜂起によって得た機会と権利を放棄したくない。彼らが武器に執着してこれらの機会と権利を維持している限り、国の平和を達成するチャンスはない」とも語った。

 

・大統領の指示に従うが結果責任は大統領にある

 

・国家顧問ではなく大統領と言ったのはアウンサンスーチー女史を無視

 

・ボールは政権側にあるので責任を持って政権運営をして下さい

 

 

一見政権に従うような国軍の態度だが、NLDの能力の無さを見越して、

お手並み拝見と見たがどうだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

caption=りがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
01

マグウエイ管区のマイエイングとパウの中間地域では原油採掘が盛んにおこなわれている。

 

地主に採掘権利金を支払い井戸を掘る。

 

原油が出たらその何%かを支払う。

 

井戸は1000m位掘削しないと原油は出ないので、

 

1本の井戸を掘るためには3~5千万ksの資金が必要だ。

 

個人で出し切れない人は数人集まり資金を出し合う。

 

運よく出油すれば良いが、地下に眠る資源の事で、数十m離れた井戸で出油しても全くでない事も有り、まさにギャンブル。

 

友人のミャンマー人も数人で資金を出し合いで挑戦したが3千数百万ks掛けたが途中であきらめた。

 

また資金の少ない人は採油装置が貧弱なので1日当たりの出油量は少ない。

 

運よく出油すればリターンは大きいようで挑戦する人は後を絶たない。

 

また、原油採掘現場では現場で働く人を目当てで色々な商売もあり其々繁盛している様です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

5月
31

買い付けした物品が昨日午後届いた、一部忘れ物が有り明日届けるとの事。

 

本来は一昨日の午前中届けるとの事だったのだが・・・毎度のことで当方も余裕を持っている。

 

6月2日から1週間かけて5か所で授与式を行う予定です。

 

ミャンマーの新学期は6月1日からで、5月25日から30日まで入学申込受付。

 

ヤンゴン政府は就学年齢に達した者の100%の就学を目指しているとの事だが、

 

これはかなり難しいだろう、

 

特に地方から出てきて公共用地を不法占拠して住んでいる家族は住民台帳にも載っていない。

 

この様な子供たちは僧院学校に行くが近くに僧院学校が無い子供は未就学になる。

 

子供に教育をするかしないかは、貧富に関係なく親の考え方次第。

 

教育不足による貧困の連鎖を断ち切ってほしいものです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

大量の文具等支給品