Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

4月
20

 

 

3月14日、U Win Khaingエネルギー相は記者会見で、ミャンマー政府はパアンの1,280メガワットの石炭発電所を許可しないと発表した。

2017年4月、Kayin State政府(KSG)と東洋タイパワーミャンマー株式会社(TTCL)はパアン石炭火力発電所計画の実現可能性調査を行うための覚書を締結した。

2017年10月、KSGとTTCLは、工場用地815エーカー期間40年間のリース契約と合弁事業契約をした。

発電所の建設は、TTCLが負担する20億米ドルと40年間の土地賃借料8億米ドルの費用がかかると推定される。

2017年6月、42カイリン州の市民社会組織と130の他のCSOが、このプロジェクトに反対する声明を発表した。

このプロジェクトに反対したカイン州住民から約2980人の署名を集め、カレン国務大臣に提出した。

先日パアンに仕事で行った折、10人ほどに石炭火力発電所計画について聞き取りした。

 

このビックプロジェクトを知っていた人は3人、場所等詳細を知っていたのは1人。

 

市民社会組織というが決して市民を代表しているわけではなく反対署名も3000人弱。

 

地方政府が誘致し合弁事業まで仕立てたのに少数の環境保護団体の意見を聞いてビックプロジェクトを中止する中央政府、

 

電力供給が今後のミャンマー発展のキーポイントだと確信を持っているのだろうかと疑念を抱く。

 

カイン政府も合弁まで組んだので簡単に引き下がらないだろう。

 

一歩間違えれば政治不安も起こしかねない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

建設予定地

 

建設予定地

4月
19

 

商務省の報道官は2017年度の貿易赤字額が40億米ドルに収まる見込みで、過去4年間で最低水準になると発表した。

 

輸出総額は138億米ドル、輸入総額は178億米ドル

 

計画・財務省は2017年度の計画では

 

貿易は輸出額140億ドル、輸入額150億ドル、貿易赤字額10億ドルになるとしている。

 

 

過去4年間と比較しているが計画比では赤字は30億ドルの超過。

 

この計画は発表時にも書いたが、計画に無理があり、特に輸入額を22億ドル減額している。

 

結果、輸入額は前年より6億ドル増えている。

 

輸入額を減らす努力も必要だが、輸出額を大幅に増やすべきで、それには原材料や機械工具の輸入が増えるのは仕方が無いことだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
17

 

 

日本に帰るとよく聞かれる質問です。

 

グルメではない小生「口に入れば○○の笛でも」で何でも食べるが、

 

日本到着後の昼ご飯はたいてい寿司、次が牛丼、ラーメン、刺身、豚カツそしておいしい野菜サラダ等々です。

 

どうしても食べたいという気持ちより、何となく食べたい気持ちで食べている。

 

しかし、ミャンマーでも日本食か中華料理しか食べない小生。

 

故に、日本に帰るとミャンマーでは手に入りにくい調味料や乾物を沢山持ち帰る。

 

秘書やメイドさんは日本料理は手間が掛かると、作り手には人気が無い。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

少しづつ買い集めている調味料や乾物・

4月
16

 

 

ミャンマーの幹線道路を走ると、BOT(有料道路事業)の通行料と地域入域料を徴収される。

 

料金所は概ね50マイルに1カ所程度あるが、通行料は250ks(普通車)地域入域料は200ks~400ks。

 

車両はその地域を通過するだけで、数億円かけた道路の通行料金より高い地域入域料。

 

ヤンゴンからマンダレーに行くのに一般道と高速道路を使うのでは高速道路を使った方が安い珍現象。

 

 

地域入域料や拝観料は入札で1年分の上納額を決め落札した企業が徴収業務を行う。

 

例えば

 

インレー湖の外国人から徴収する地域入域料の業務は企業が3億ksで落札している。

 

外国人が3万人来ればこの企業は1億ksの儲けになる。

 

シュエダゴンパゴダの管理組合は30億円の現金を持っているといわれている。

 

外国人や取りやすい国民からお金を集める。この手法は安易すぎないか?

 

そして半公金なのだが使い道、会計報告等はどうなっているのだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

料金所

,

4月
15

 

ティンジャン=ミャンマー正月。水掛祭りとも呼ぶ。

 

ミャンマー人の一大イベントで田舎に帰る人、旅行する人、マンタ(水掛ステージ)周りをする人、ボランティア活動をして功徳を積む人、人々は1年計画でこの日を迎える。

 

今年はミャンマー暦では1380年。

 

4月13日から16日までが(年末)水祭り、17日が元旦。

 

起源はバガン時代でヒンズー教の行事一つだったそうだ。

 

水を掛け合い1年の悪霊を流し新年を迎えるが、

 

お祭り化してステージを作りその上からホースなどで水をかける。

 

この時期咲く花がパダウ、この花は黄色い花で香りもよく満開時には桜の花と似ていて4~5日で散ってしまう。

 

この時期の食べ物モロンイェポー(団子)はお布施用として多くの家で作る。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

水掛ステージ

 

 

パダウの花

 

モロンイェポーを近所の人達と作る

 

 

4月
13

 

 

国営ミャンマー石油化学企業(MPE)は、Magwe地域にある既存の国営施設の近くに新しい石油精製所を建設する予定であると発表。

 

新しい製油所の能力は年間200万トンになる。

 

同社は、ピュウピュウのターミナルから中国の雲南省までミャンマーを横断する東南アジア原油パイプラインの原油を使用する。

 

ミャンマーは年間31億ドルの天然ガスを輸出しているが石油製品を30億ドル以上輸入している。

 

この施設が完成すれば3億ドル以上の外貨が節約できる・

 

 

アジア開発銀行(ADB)の発表によると、今後2年間でミャンマー経済の見通しを明るく、2018〜19年の成長率は7.2%に上昇すると予測しています。

 

インフレは2018〜19年に6.2%に上昇し、2019〜20年には6%に低下すると見込んでいる。

 

ただし、政府の経済政策に間違いが無ければとの但し書きが付くが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
08

Ⅱ)After 8

 

ミャンマープラザ4階に昨年11月にオープン、

 

バーにはショットやカクテル等創作的なドリンクメニュー48種類で。ショットは3,000ks~4,000ks、カクテルは7,000〜8,000ksです。

 

食事メニューにはスナック、サラダ、スープ、メイン、デザートがそれぞれの価格は3,500〜3万ksトです。

 

After 8

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
08

 

午後10時以降賑やかな、ミャンマーの商業資本のナイトライフシーンは5~6年前にはヤンゴンでは見られなかっが今急速に拡大している。

 

近年様々なオプションがあり、毎日新しいバーやクラブが開かれているようです。

 

Ⅰ)NYX Rooftop Bar and Club

 

The One Entertainmentの屋上バーとナイトクラブは、YangonのShwegondine地区にあります。

 

入場料は無料ですが。椅子席に座るにはテーブルチャージとしてボトルを開ける必要があります(80,000キksから)

飲み物は2000ks~、食事は4000ks~

 

国際的なDJが毎週、毎月のイベントでトラックを回しています。クラブは、トランス、トラップ、ディープハウスのグルーブを提供しています。

 

屋上のバーは涼しい雰囲気のオープンスペースです。屋上からの景色は、Shwedagon PagodaとYangonの夜景が絶景です。

NYX Rooftop Bar and Club

Ⅱ)は明日掲載

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
07

 

日本に来て変化のないことに気付く日々。

 

変化著しいヤンゴンから戻ったので一層強く感じるのかもしれないが、

 

日本の変化がないことに驚く。

 

それは政治も経済も、勿論国民全体が変化を好まなくなったのだろうか。

 

成熟した国と発展途上の国とでは条件が違うといえばそれまでだが・・

 

強い言葉で言えば日本全体が委縮して覇気が無いように見える。

 

経済界を見てもアッと驚くような経営者は見当たらず、安全第一で守勢に凝り固まっている。

 

国会を見てもスキャンダル暴き場所化して、まともな政策議論はされていない。

 

ミャンマーの国会を見ていると法案の良し悪しは別にして活発に法案審議している。

 

平等だ公平だと言って皆で傷のなめあいをしていては国力は衰退するばかりだ、

 

日本は本当に今のままだいいのだろうか?

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!