Archive

Archive for the ‘育英会’ Category

6月
03

 

 

昨日エヤワディ管区内のシーコエン村、サックイン村、パヤーチャウ村の3か所で

 

ファイブスクウェアズ育英会奨学金授与式を行いました。

 

シーコエン村39名

 

サックイン村90名

 

パヤーチャウ村111名

 

合計  240名

 

 

荷物が多くライトバンと軽トラックで行きました。

 

 

シーコエン村とシーコエン村の受給者は孤児と片親の子供たちです。

 

パヤーチャウ村は非常に貧しい村で子供たち全員に支給。

 

経費節減の為1日で3か所240人の子供たちに奨学金を授与しましたが、

 

子供たちとゆっくり話す時間もなくあわただしい1日で、家に帰り着いたのは午後10時でした。

 

 

来年はもう少し時間に余裕を持った予定を組もう。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

caption=がとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

シーコエン村

シーコエン村

 

文房具や通学支援物資(サックイン村)

文房具や通学支援物資(サックイン村)

 

 

DSC05952

 

 

パヤーチャウ村

パヤーチャウ村

 

パヤーチャウ村

パヤーチャウ村

6月
04

 

2日はエヤワデイィー管区シークエン村の僧院小学校50人の子供たちに、

 

文具1式、レインコート、草履を支給した。

 

シークエン村は非常に貧しい村で電気は当然来ていない。

 

子供達の2/3は裸足(特に小さな子供が履いていない)で通学している。

 

靴や草履をはいたことのない子供は足の幅が広がっていて草履の寸法合わせに、先生が苦労していた。

 

ヤンゴンの子供達には草履は支給していないがシークエン村の子供達には村全体が貧しいので手厚く支給した。

 

エヤワデイィー管区のもう1か所サックイン村の学校は1260人の小中高生が通学しているが、貧困で通学できない子供も多く、当初予定の30人から50人に増やしたことで今回は支給品の不足で後日再度訪問する事にした。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

国道まで出て出迎えをしてくらました

国道まで出て出迎えをしてくらました

 

本人確認と面接

本人確認と面接

支給された草履を履いて

支給された草履を履いて

DSC04479

,

5月
30

 

昨日インセン地区とアウンパラヒタ僧院、タワ村の3か所で育英資金の支給を行いました。

 

0年生   33名

小学1年生   22名

小学2年生   32名

小学3年生   40名

小学4年生   28名

中学1年生    6名

中学2年生    4名

中学3年生    5名

中学4年生    3名

高校1年生    5名

高校2年生    3名

  合計     181名

 

タワ村では初めての試みでその場で受給者を決める方式をとりました。

 

タワ村は3か所の事前調査で構造的に貧しい村と認定して、50人分の文具や靴等を持ち込みました。

 

沢山の希望者が来ましたが、

 

両親あるいは片親がいない、あるいは親が病気、けがなどしている子供を優先しました。

 

子供の面接には2時間を要し50名を決めました。

 

面接や物品の授与は全て野天で行いました。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

インセン地区

インセン地区

 

アウンパラヒタ僧院

アウンパラヒタ僧院

 

タワ村で集まった子供達

タワ村で集まった子供達

 

面接風景

面接風景

 

文具、草履、レインコートを貰ってにっこり

文具、草履、レインコートを貰ってにっこり

 

草履のサイズを合わせてもらう 履き物を履いている子は殆どいない

草履のサイズを合わせてもらう
履き物を履いている子は殆どいない

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

,

1月
13

 

ミャンマーで貧困家庭の子供たちの就学支援をしているファイブスクウェアズ育英会。

 

2006年から活動を始め延べ1130人の子供たちの就学支援をしました。

 

育英会活動を永年に渡りご支援して頂いているのが静岡県のウイングホーム㈱の斎藤社長です。

 

今年も例年通り20万円の寄付を頂きました。斎藤社長ありがとうございます。

 

 

 

育英会は下記の運営基本方針に従い、ご寄付頂いたお金は最大限子供の手元に渡るよう配慮しています。

 

運営内容は毎年詳細な会計報告とともに『ミャンマー歳時記』に発表しています。

 

(固定ページのファイブスクウェアズ育英会をクリックしてご覧ください)

 

 

最近はNPO法人やNGOもミャンマーの教育支援に乗り出してきていますが、

 

これらの団体との違いは、

 

ご寄付頂いた90%以上は子供の手に渡る。

 

日本人が直接1人1人面接して本当に貧しい子供たちに支援している。

ワンパターン支援ではなく地域の教育状況、親の生活状況等を勘案してケースバイケースの支援をしています。

 

ファイブスクウェアズ育英会の運営基本方針

  • 貧困家庭の子供に教育機会を与える

  • 支給方法は細部まで配慮して中間搾取がないようにする

  • 通学環境整備品(靴、かばん、傘、制服等)もできる範囲で支給する

  • 成績優秀な高校生には特別な配慮をする

  • 年度途中で家庭事情が悪くなり通学できなくなった子供の救済

  • 他の組織に頼らず、自分達で手間隙を掛ける

  • 組織拡大よりも継続することに重点を置く

  • 公正明朗会計と情報公開

  • 運営経費は10%以内を目標に

  • 継続する為の資産の蓄積 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

6月
26

 

パテイン市から18マイルヤンゴン寄りにあるサックイン村の学校を久しぶりに訪れた。

 

同道のミャンマー人が事前に連絡してくれていたので中学1年生女子がチアガール風の歓迎をしてくれた。

 

ただ訪れただけなのに恐縮の至り。

 

学校にはほんの少しの学用品を届けた。

 

この学校が好きなのは、教師と村の幹部が非常に教育熱心で、ヤンゴン近辺では見られない地域の教育熱心さです。

 

今年のセーダン試験(高校卒業試験)合格者は46.1%の高率で全国平均30%以下を大幅に上回っている。

 

農村地帯なので当然なのだが塾は無い。

 

ヤンゴンなど大都市では塾に行けない子供はセーダン試験には殆ど合格しない。

 

この学校には電気は来ていないが、高校生は夜も勉強して家の遠い子供は学校に泊まる。

 

当然教師も夜11時ごろまで子供に付き合い教えるそうです。

 

村長曰く、発電機の燃料代も大変なんだ。

 

より明るい所で燃料代を気にすることなく勉強できる環境を作るためファイブスクウェアズ育英会が支援できればと思案しています。

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

 

サックイン小中校学校の歓迎

サックイン小中校学校の歓迎

 

文房具の寄贈

文房具の寄贈

,

5月
29

 

先日の週刊誌に、日本の医療器具メーカーがミャンマー人48人を採用し、日本語教育を4か月行い日本の工場に9か月の研修に行かせたが、3人は逃亡、帰国後会社に残ったのは10人、その10人も給料を3倍にせよと訴えたそうだ。

 

詳細は分からないが、ライターは訴える事自体本末転倒で、契約書も良く見ないで契約して、日本は時給850円だったのにミャンマーに戻ったら安くなるのは納得できない、こんな話は周辺への迷惑は考えずに自分さえ良ければ・・・で。全く恥ずかしい限りです、と書いている。

 

こんなことが何回も続けば日本の企業はミャンマー人労働者を信用しなくなり技術の移転も容易に出来ない。

 

実習生の派遣でも逃亡者が結構発生しているとの話を聞くが、逃亡が続けば今後の実習生迷惑がかかることをミャンマー人は考えないのだろうか。

 

殆どの逃亡者は1~3か月以内に逃亡するそうで、これは計画的犯行で日本国内に手引きするミャンマー人がいるので予防措置が取りにくいそうです。

 

約束、契約を守る習慣が欠如しているのは今後のミャンマー発展にも悪影響は避けられない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

caption=ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
23

 

1昨日育英資金の受給者の集計が取り敢えず出来たので、

 

テンジンゼーに買出し、ライトバンで2回分。

 

ノート、鉛筆、ボールペン、消しゴム、定規、定規セット(中高用)、筆入れ、傘、草履等々を購入。

 

昨年より商品の値上がりが大きく予算をかなりオーバーした。

 

今年は現在で293名ですが、例年駆け込み希望者が多く300名は超えそうなので増加分も見込みで購入した。

 

中学生まで義務教育されたので現金支給を減らし、学用品、通学支援物資を多めに支給する。

 

学年別に支給物資が違うので、各地区学年別に仕分けしていますが300名近い仕分けなので明日まではかかりそうだ。

 

26日から31日まで6か所で支給式を行う予定です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

詳しくは固定ページ(画面上部)のファイブスクウェアズ育英会の欄をご覧ください

詳しくは固定ページ(画面上部)のファイブスクウェアズ育英会の欄をご覧ください

 

 

文具の仕分け作業

文具の仕分け作業

6月
24

 

アウンパラヒタ僧院で無料日本語学校を始めて、昨日まで8回の授業,相変わらず教室は風通しが悪く室温は30数℃

 

当初46人の受講生が31人まで減った。

 

熱心に受講しているのは20人前後。

 

年齢は11歳から50歳近い人までさまざま。

 

授業のスピードはやや遅めにして進めているが、ひらがな、カタカナを覚えるのに時間がかかっている。

 

基本事項はしっかりと教えなければ今後の授業に差し支える。

 

基本事項は学生側から見れば余り面白くは無いだろうが。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読された方応援クリックお願いします!

授業風景

授業風景

 

6月
04

6月2日(日)ラインタヤのアウンパラヒタ僧院の孤児と付近の貧困家庭の子供115人に奨学金授与式を行いました。

 

この子供達は全て僧院で勉強しています。

 

ノート、筆記具、定規セット、コンパス、分度器など勉強に必要な学用品全と、レインコートを授与しました。

 

写真の僧衣を着ている子達は孤児で僧院の中で生活しています。

 

今年は合計278名の小中高生に奨学金を授与した。

 

 

毎年減ることがなく増え続ける現状で、奨学金を継続するためには一定の数を守らなければならないが、

 

 

学校へ行きたい子供を見ると放っては置けないので悩やましい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読された方応援クリックお願いします!

文具を受け取る子供

文具を受け取る子供

中学生

中学生

小学生

小学生

 

 

 

 

 

 

 

,