Archive

Archive for the ‘日記’ Category

2月
16




日本に来てから2週間が過ぎた。

2週間の内テレビを観たのは何時間だろうか、

多分10時間も無い、それくらいくだらない番組がおおすぎることだろう。

ワイドショーなるものはくだらない番組の典型だろう。

日本を卑しめるコメンテーターと称する芸能人にはウンザリする。

ニュース番組も政治的にかなり偏っている。

視聴して価値のあるのは天気予報と時刻程度かもしれない。

それでも見ている人がいるのでテレビ局は成り立つのだろうが、

見る人の教養度が問われているのかもしれない。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

2月
16

30代前半で海外工事に従事したメンバーと再会

全て70歳以上で皆さん元気でした。

悠々自適で過ごしている方、海外で技術支援の仕事に携わっている人、国内でコンサルタントに勤めている方、等々それぞれの生活をされています。

今回参加できなかった方々の消息も分かり、80代になっても元気にしている方も少なくありません。

若かりし頃でしたので現場でやんちゃもしましたが、今では良い思い出になっています。

趣味でも仕事でも一生懸命にやっている人は輝いていて気力、体力も若い!!

小生も負けずに・・・ �

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

2月
13
採血の結果を聞きに病院へ、

血圧の高いことは1週間の測定で分かったので薬を飲むことにするが、

暖かいミャンマーに帰り血圧が正常に戻れば薬を止めてもよいとのことです。

痛風の尿酸値は7.9と去年より0.3だが改善された、

しかし薬は飲んだ方がよいとのことで一番軽い薬を処方してもらう。

その他では肝機能関係の数値が少しオーバーしていた程度だった。
72歳ではまあまあのの結果と思うがあまり気にせずおおらかに生活してゆきたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

10月
01

 

人種差別、男女差別、身障者差別等々差別について多く問題提起されている。

 

厳密にいえば私も差別しているだろう。

 

工業製品と違い人間は生物なので全く同じものはない。

 

生物学的に言えば強いものが生き残れるシステムになっていて、弱いものは種の保存に役立たないので淘汰されてゆく。

 

古代から幾つもの民族が消え(淘汰され)てきた。

 

この世の中に適応できない人たちを救っていたら、それは自然の生存システムに反する事ではなかろうか。

 

 

私は嫌いな人とは口を利くのも嫌だ、これも差別なのだろうか。

 

極端な話、ここに10(分けることができない)のプレゼント用の品物が有る。しかしその場所には15人いたとする。私は好きな人にプレゼントを配る。

 

反差別主義者から見るとこれも差別だろう。

 

 

この様なことを書くと、多くの自称優しい人たちから非難は有ると思うが、

 

自分が二重標準で生きてゆくことが嫌なので敢えて書く。

 

断っておくが目の前に助けなければいけない人が居れば手を差し伸べる分別は持っている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

8月
16

私がミャンマーに住まわせてもらっているのは、大東亜戦争と無縁ではない。

 

大東亜戦争中最も無謀な作戦と言われるインパール作戦。

 

この作戦で4か月間に7万余の死者を出した。

 

武器弾薬、糧食の補給もほとんど考えず、また進軍経路の未熟な調査で野砲が無い(持ち込めない)戦を計画立案し強引に作戦を進めた17軍司令官牟田口廉也中将の責任は重大だろう。

 

昭和197月作戦中止命令が出て撤退するときは、弾薬、食料も底をつき英軍から追われ敗走する将兵は病死、餓死者も多く困難を極めた。

 

この作戦で帰還できた多くの将兵は少なからずビルマ人に助けられて故国の土を踏むことが出来た。

 

幼少のころ我が家でよく戦友会が開催された、その時「俺が日本に帰れたのはビルマ人のお蔭だ」との言葉をよく耳にした。

 

幼いながらも、ビルマ人とは優しい人が大勢いるんだと思っていた。

 

時がたち53歳の時初めてミャンマーを訪れる機会に恵まれ、旅行グループから離れ田舎のお年寄りを訪ねて戦時中のお話を伺って歩いた。

 

・チャーハンをご馳走した

 

・家は貧しかったので水だけしか出せなかった

 

・傷薬を塗ってやった

 

・英軍から追われていたので1週間匿った

 

等々のお話を聞き、幼いとき耳にした元インパール作戦従軍兵士の言葉と同じことを確認した。

 

今から18年前のミャンマーは貧しく発展から取り残されていた状況でしたが、自分が何かできないかと思いつつミャンマー通いを始めた。

 

アナログながら自分の持っている技術、ノウハウをミャンマーの為に提供できれば、父親世代がお世話になったお礼が多少たりとも出来るのではとの考えで60歳を期に日本の仕事を止めミャンマーンに移り住んだ。

 

現在、育英会、ミャンマー進出企業へのアドバイス、土木関係の技術指導等を通してミャンマーに少しでも貢献できればと思い活動しています。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

6月
28

最近の風潮は人権擁護・差別なし・平等・公平等を唄えば高等な人だと思われ、逆のことを言えば変人扱で叩かれ、

 

公的職業についている人は一言で人生さえ棒に振る事も有る。

 

生物学者ではないので正しい事は分からないが、それぞれの生物は色々な方法(競争)で優秀な種を残そうとしている。

 

工業製品ではない生物は強い物、弱い物あるいは変形な物出るのは当然のことである。

 

人類も、優秀な種を残す自然のシステムがあり、これを人間の力で無理やり変えると、何百万年先にはこの地球上から消えるかもしれない。

 

この様なことを書くと反論される方が沢山いると思うが、私は思っていることを素直に書いただけで、

 

目の前に弱者が居れば手を差し伸べる。

 

今の風潮が何でもかんでも人権だ差別だと騒ぎ立てるのが気に入らないだけである。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
18

 

大阪に行っても遠くから眺めてばかりいた大阪城。

 

今回は間近で見るために大阪城公園を訪れた。

 

お城自体は再建であまり見る価値がないが、

 

お城の基礎、お堀の石積みは見る価値は十分あった。

 

忍び返しのきれいな三次放物線(?)、の石積み技術は是非後世に残したいのだが・・・

 

現在の法規によると空積み(コンクリートを使わない石積み)は基本的には許可されない。

 

石積みの表面に見える石の大きさの2~3倍の奥行き(控え長さ)があり、

 

高い石積みが数百年経ってもびくともしない堅牢さを保つ。

 

公園内には大きな石を長方形に人力で割った痕跡の見える石も展示されている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

 

 

4月
14

 

友人の小川さんに誘われ銀座で食事会。

 

ミャンマーから帰国中の片桐さんもご一緒しました。

 

少し早めに出かけて銀座を散策。

 

20年前は週何回か訪れた場所。

 

昔よく通ったお店は存在しない.

並木通りには何軒かの行きつけの店もあったのだが・・・

 

飲み屋街独特の雰囲気は薄れた感じ(時間が早かったのかも)

街全体は昔より洗練されたかもしれないが、銀座通りを除いては何となく物足りない。

 

銀座通りは外国人観光客で大賑わい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

 

銀座七丁目

 

 

お店の雰囲気もよかった

 

 

道路の夜間工事も

 

 

4月
11

 

小生が帰国すると必ず開催されるOB会。

 

OB会といっても肩苦しいものではなく、元の勤め先関係者が三々五々集まって近況報告などをする。

 

小生が帰国するときに集まる程度が都合がよいらしい。

 

最近は会場も毎回秋葉原の同じ居酒屋。

 

 

秋葉原は電気街ばかりではなくいろいろなお店があり外国人も多い。

 

驚いたことに大人のおもちゃの店が外国人で大繁盛していた。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!