9月
04

違法入国者も2~30年経てば無罪放免で国籍を与える国が有るのだろうか。

 

違法入国者が積もり積もって100万人になった、ミャンマーのラカイン州。

 

経済難民として違法入国した多くのロヒンギャの人たち。

 

これが10~20万人ならばそれ程問題は無く、軒先を貸していたのだが。

 

100万になると自分たちの違法行為は棚上げし権利を要求し始めた、

 

最近はアラカンロヒンギャ救世軍(ARSA)〈ミャンマー政府はテロ集団としている)は領土要求までしている。

 

この行為は100%のミャンマー人が拒否するだろう。

 

この無謀な要求を排除しようとするミャンマー国軍を弱い者いじめの悪者扱いに世界中にアピールする、いかにも人道主義者面する日欧米のマスコミ。

 

ミャンマーにはキリスト教徒やヒンズー教徒ともいるのだが、これらの人たちと仏教徒とは摩擦を起こすことは無い。

 

どうしてイスラム教徒とは反りが合わないのだろうか?

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

9月
03

4ヶ月1度壊れる台所の蛇口。

 

昨日は台所と洗濯機の取水蛇口の2か所が同時に壊れた。

 

日本製ならばこんなことは無いハズであるが、

 

どこ製とも書いてない4000ksの蛇口。

 

今回はより良さそうなのを見つけてhigh quality の7000ksの蛇口を取り付けた。

 

この商品も製造国、製造会社は箱に記載されていない。

 

11月末には引っ越しするのでそれまで持てば良い事にする。

 

ミャンマーの家屋では水道の蛇口と電気のスイッチ類は頻繁に壊れ、また排水管トラブルも多い。

 

平均すれば1月に1度何らかのトラブルはある。

 

この様なトラブルは家主は知らぬ存ぜぬで、結局急を要する作業なので借主が対応しなければならない。

 

部品を買ってくれば殆ど直せるのでそれ程金のかかる事ではないが、かなり面倒だ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

9月
02

ミャンマーには5種類の自動車運転免許証があるらしいが大別すると以下の3つ。

 

黒色免許書 自家用普通車

 

茶色免許証 自家用トラック

 

赤免許証 営業車

 

多くのミャンマー人もあまりよく知らないので

 

2t積トラックにはどの免許証で乗れるのかFBで皆さんの意見を聞いてみた

 

皆さんの意見を要約すると以下の通り

 

A氏:私の運転免許諸証黒でLicence class B Up to 3 tone ( Except Commercial Vehicles )

 

私:黒免許で2tトラック運転できますか

 

B氏:はい

 

私:2t車の定義は積載量ですか総重量ですか。

 

B氏:総重量だそうです

 

C氏:2トン積載車が2トンの定義になります

 

D氏:黒免許は、総重量が3トンまで。ライトトラック、1,5トン積みまで。

 

2トン積みは茶のライセンスが必要です。また、ナンバープレートの色も黒じゃないといけません。

 

赤ナンバーはダメです。よって、2トン積みトラックの赤ナンバーは、赤ライセンスが必要です。黒ナンバーだと茶ライセンス以上が必要。


ちなみに、茶ライセンスは免許をとってから3年、赤ライセンスは5年経ってないと取得できません。

 

D氏はSAT JAPAN Road Service CO.,LTD の山口氏、さすが的確な回答ありがとうございました。

 

小生も3tは総重量と思っていたのですが、中古者販売店では2tトラックも黒免許で乗れると言う、あぜなら3t以下だからと・・・

 

これはどう考えてもおかしく総重量で規制するのが本筋だと思って皆様にお聞きしました。

 

ご返答頂いた皆様ありがとうございました。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
31

25日未明1時に武装勢力アラカンロヒンギャ救世軍(ARSA)がラカイン州マウンドー地区の24ヶ村19警察署と軍施設をを一気に襲撃した。

 

これを治安軍が迎撃した。この戦闘で警察・軍人12名他100名と多数の犠牲者が出た。

 

マウンドー地区は811日戒厳令が発令されて500人規模の軍も派遣された。

 

戒厳令が出て理由は、これより1週間前に 7人の過激派仏教徒の遺体、そしてロヒンギャ族のイスラム教徒の戦士のキャンプが発見された事で、政府としては組織的襲撃を恐れて戒厳令を発令した。

 

それにも関わらず20数か所同時襲撃を受けるとは何たる怠慢なのだろう、何のための戒厳令だったのか。

 

この襲撃の為数千人の仏教徒やヒンズー教徒が避難を余儀なくされた。

 

国連や人権団体は治安軍の過激な警備を非難しているが、もし治安軍がいなかったらもっと多数の犠牲者が出ているだろう。

 

ロヒンギャ問題に外国人の我々が口を出す問題ではなくミャンマー国民が決めることだと思うが、

 

ARSAとミャンマー軍の発表したことで気になる事が2つある。

 

「ビルマの植民地軍を追い払うためには、我々は最終的に参入しなければならなかった」

 

マングーダの村で「イスラム国家」を樹立しようとしていることが明らかになりARSAが領土の野望を持っている」

 

上記2つは

 

ARSAが領土の野望が有りミャンマー国としては看過できない事案だろうと思う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
30

残念なこと

商売をするに当たり、最小限守らなければならない事は国や民族により多少は違うと思うが、

 

信用や信頼は最も重要だと思う。

 

ここミャンマーでは契約書などはほとんど役に立たないないのが現実。

 

契約書はただ防御的には有効なので契約書は作成する。

 

どんなに立派な契約書を作っても相手方が契約書を守る意思がなければどうにもならない。

 

せっかく良く卵を産む鶏を預かっても目先の利益を優先し、その鶏を処分してしまう。

 

この様な繰り返しをしていれば何時までたっても成功は望めない。

 

「目先の利益」と書いたが正確に言えば損切で利益は無く、信用を落とすだけ損失だ。

 

地方で事業を進めているが上記の様なことが頻繁に発生してプロジェクト自体が頓挫しそうだ。

 

長期展望に立ってビジネスを考えるミャンマー人が増える事を期待したいが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
29

外国人技能実習生の技術や知識の習熟度を測る「技能実習評価試験」を巡り、一部の受検料が「高すぎる」と物議を醸している。中には7万円近くかかり、日本人向けの試験と比べて4倍近い職種もある。実施機関は「受検者が少なく、経費が割高になる」というが、合格率はほぼ100%と形式的な試験が大半で、識者は「そもそも高額な受検料を払う価値があるのか」と疑問視する。  引用終わり

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00010018-nishinpc-soci

 

技能実習生制度を食い物にしている好例ではなかろうか。

 

合格率がほぼ100%にするのは訳が有る。

 

もし不合格にして帰国させれば管理団体の収入減になるからだ。

 

試験自体が形骸化して年間5万人の受験料を当てにしている団体が存在するするので簡単にやめれれないのが実情ではなかろうか。

 

受け入れ管理団体や試験機関等にかかる費用は廻り回って実習生の負担になる。

 

現状の技能実習生制度は単純労働者の受け入れになっているので、

 

思い切って技能実習生制度は廃止して単純労働の受け入れを国別に割り当て職業は自由にする。

 

その分不法滞在を厳しく取り締まり罰金も高額にする等の対策を取れば良いだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
28

日本財団の主催による「日ミャンマー将官級交流プログラム」は今年で4回目。

 

訪日団は、ミャンマー国軍・陸軍中将のエー・ウィン国軍監察局長を訪日団長として、10人で構成され821日から831日まで日本に滞在する。

 

滞在中防衛省への訪問や、陸上自衛隊が開催する富士総合火力演習の見学などが予定されている。

 

一行が防衛省に小野寺防衛相を表敬訪問した際、同防衛相は今後、日本とミャンマーとの間で防衛協力を進めていくとの考えを示した。

 

「日本・ミャンマー防衛協力」日本側は何の弊害もないが、ミャンマーにとっては悩ましい問題だろう。

 

日緬防衛協力にはインドは歓迎するだろうが中国が難色を示し、いろいろな嫌がらせをするのは目に見えている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
27

歯の冠物が外れたので近くの歯医者に

 

30代前半のミャンマー人の先生だが丁寧な治療をしてくれた。

 

治療は30分で終わり治療費は45000ksでした。

 

全ての歯の数が何本か知らないが、無傷の歯は17本しかない小生。

 

2年に1度は歯医者の世話になっている。

 

目の方は右目を網膜剥離の手術を3回行い、視力は0.2かつ10度位傾いて見えるので、矯正はできない。

 

5月の運転免許更新日には更新しなかったので現在は運転免許証も無し。

 

3番目のの〇〇はご想像にお任せします。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
26

25日未明1時に武装勢力がラカイン州マウンドー地区の警察署を一気に襲撃,現時点において国境警備警察5人が亡くなり,銃2丁が奪われ,武装勢力7名が死亡した。

 

この事件の前日

 

アナン元国連事務総長が率いるミャンマー政府諮問委員会はロヒンギャの人たちに国籍を与え、キャンプへの隔離をやめるよう、ミャンマー政府に勧告しました。

 

世界各国がロヒンギャ問題を解決せよとミャンマーに迫る。

 

特にイスラム諸国と人権派と称する人たちだ。

 

ノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチー女史でも今すぐの問題解決は無理だ。

 

25日のような警察襲撃事件が発生すればなおさら問題解決は遠のく。

 

ロヒンギャ問題を解決せよとミャンマーに迫る人たちはミャンマーの内情を知っていて言っているのだろうか。

 

人気者のアウンサンスーチー女史でも、人権派と称する人達の言う事を聞いて解決しようと思えば政権が持たない。

 

国民の90%近い仏教徒の多くはロヒンギャに国籍を与える事には反対だ。

 

70%・80%の国民の反対を押し切って問題解決を図ろうと思えば、他の問題が発生して国内が騒乱状態になる事は明白だ。

 

少数の他国民族を救うために国内に騒乱を起こすことは為政者として取れない選択肢だ。

 

他国から何を言われようが、これはミャンマー国民が選択する問題であろうと思う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!