10月
19

 

 

ヤンゴン~ピャーポン L=110km

 

普通に走れば2時間半コースです。

 

 

今時の道路は雨季で路面が荒れて穴ぼこだらけで補修が追い付かない状況。

 

穴ぼこを回避しているため対向車が急に反対車線にせり出すのでビックリすることしばしば。

補修された路面 路面状態が悪い所は揺れが大きく車内から撮影できなかった。

補修された路面
路面状態が悪い所は揺れが大きく車内から撮影できなかった。

 

路面の荒れているのは想定内なのですが、1時間半ほど走ったクンジャンコンの町でチャージランプが赤に点灯して運転手はおたおたしていたが、

 

エンジンを高速回転にしたら消えたので、2速で50kmのスピードでランプは消えたので運転をそのまま続行。

 

だが、1時間ほど走ったら低速でもランプが消え通常に戻った。

 

仕事を無事済ませヤンゴンに戻ったが、そのま日本人がいる修理工場に直行、総点検をしてもらう事にした。

 

輸入中古車なので悪いところが出てくるのは仕方がないが、納車される前に点検したとの事でしたが、日本人技術者が見るに???が多かった。

 

気になる案内標識

img_20161018_131916

 

つい最近ヤンゴン~ピャーポン間に写真の様な案内看板が3か所設置された。

 

トンティーまで12.48km

 

マイル表示からkm表示に変わっているのは有り難いが、0.48km=480mまで表示する必要が有るのだろうか、12kmで良くない。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

10月
18

 

 

ダディンジュッの満月のお祭りには先日も書いたように、親・先生・尊敬する年長者等に贈り物をしてお礼の気持ちを伝える。

 

挨拶された年長者はそのお返しに現金を渡す。

 

 

 

月曜日の朝帰ってきた百合ちゃんは14000ksの現金を集めてきた。

 

百合ちゃんの場合幼児なので贈り物は無く挨拶だけだ。

 

私の前で手を合わせ挨拶して、おじさんお小遣いは3000ksで良いよ、と言われた。

 

 

レストランを経営していた時は十数人の従業員全員から挨拶され、全員にお金を渡した記憶がよみがえった。

 

 

日本人の方でこの風習を分からず貰い放しでいる人が居るが、陰で悪口を言われますのでお気を付けください。

 

この風習は日本のお年玉と考えると丁度いい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
17

 

 

長い年月軍事政権に虐げられたミャンマー国民、その心情は分からない訳ではない。

 

軍人=悪い人 軍事政権=国民をいじめる USDP=軍事政権=ダメ

単純な思考でNLDを選んだ。

 

 

 

国民期待のNLD政権に変わってから200日。

 

国民が期待していた方向に向いているのだろうか。

 

大多数の国民は今日、今の生活がどの様に変わったのか、変わるのかだけが関心事で、崇高な民主主義国家云々は思考外。

 

 

ヤンゴン市近辺だけを見ると、物価は上がったが給料は上がらない、職探しも以前より難しい。

 

結局半年前より生活は苦しくなった。

 

こんな状態ならテインセィン政権の方がまだ良かったと軍人大嫌いな人たちが言う。

 

 

どんなに良い政策でも急激な変化は国民に負担を強いる、これは当然なことですがミャンマー国民はここまで理解していない。

 

軍人以外なら誰でも良いと選んだ国会議員、

 

結局選ばれた国会議員の殆どが政治や行政に無縁の人たちが多く国政運営が試行錯誤で進められている状況。

 

 

少数民族や異教徒との紛争も解決の糸口どころか、ほころびが広がりつつある。

 

政府の口先だけの対応を見抜いて武装勢力が動き出した。

 

政権トップの和平協定への強い意思表示が伝わらず、なんとなく避けて他人任せに見えるのは私だけかな。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
16

 

今日17日は『ダディンジュッ月の満月』で休日。

 

ミャンマーは満月の日の休日が年間4回ある。

 

3月:ダバウン月の満月

 

7月:ワーゾー月の満月

 

10月:ダディンジュッ月の満月

 

11月:ダザウンモン月の満月

 

其々の満月の日には迎え火のロウソクを灯すとか、両親や先生に品物を贈る等々の行事が有る。

 

ダディンジュッ月の満月は両親や先生に常日頃の感謝の気持ちを贈り物で表すそうです。

 

と言う事で、昨晩から秘書の家族もメイドさんも実家に帰り、一人留守番です。

 

やることは山ほどあるので時間を持て余すことは無いのだが、静かすぎても何となく居心地が悪い。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
15

 

この言葉すでに何十回も聞いて、聞き飽きた。

 

ミャンマーで暮らしていることがそんなに不思議なのだろうか。

 

 

結論から言えば確固たる理由などない。

 

60歳を過ぎたら仕事は止め、どこかでゆったりのんびり暮らすことに決めていた小生。

 

50歳中ごろミャンマーを訪れ、ここならゆったりのんびり暮らせるのではと思い決めた。

 

1度決めたことは守り通す頑固な性格が幸いして、ミャンマー暮らしが10年続いた。

 

 

『ゆったりのんびり』は小生の性格に合わずあれやこれやと活動している。

 

この活動がミャンマーの為に少しでも役立てば、ミャンマーに住まわせて頂いているお返しになればと思っている。

 

今は秘書の家族と同居していて疑似家族状態で生活も結構楽しく、秘書の子供も6歳で孫の様に可愛く毎日楽しく遊んでいる。

 

現在の生活にには多少の不便さは有るが不満は無く充実した生活を送っている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
14

 

 

昨日の昼食は少し焦げた親子丼。

 

焦げた親子丼、信じられますか。

 

教えた通りの水、だし汁の量を使っているのに。

 

肉はよく煮て、タマゴは硬くなるまで煮込むので・・・

 

ジューシーな肉とトロトロの卵には程遠い。

 

煮すぎと火加減が悪い。

 

 

ミャンマーでは肉はシッカリ煮る,揚げる、焼くのが常識、そして卵もトロトロとか半熟は好まれない。

 

つまり、ミャンマー風親子丼を作ろうとして焦げてしまった。

 

今日の昼食も親子丼にして作り方のコツをもう一度教えよう

 

明日も親子丼にならなければ良いのだが。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

dsc06232

10月
13

気になる工事

 

 

ヤンゴン市内の側溝工事での現場。

 

側壁はレンガ積みで蓋の部分はコンクリートで被せ暗渠にする。

 

写真は配筋工事完了時点。

dsc04001

コンクリートの厚さは良くわからないが5インチ(12.5cm)くらい。

 

ここで気になるのは鉄筋の端がU形に曲げてあるが、

 

異形鉄筋を使用しているので曲げる必要はないのですが・・・

 

鉄筋のピッチが15~20cmとバラつきが大きい。

 

鉄筋を型枠から浮かせるためにスペーサーに不安定な石を使用しているのでコンクリート打設時に鉄筋が石から外れ下に落ちかぶりがなくなる。

 

 

過剰設計の部分と施工管理ミスが有り、

 

結果的には耐久性を損なう恐れは十分有り得る。

 

強度計算でコンクリートの厚さや鉄筋量を確認しているとは思えない。

 

特に鉄筋の被り(コンクリート表面からの鉄筋までの厚さ)が少ないと鉄筋がさびコンクリートが剥落しコンクリート自体の強度がなくなる。

 

このような小さな構造物でも確実な物を作る心構えがないと大構造物で取り返しのつかないミスを犯す。

正しい設計と施工管理を身に着けないと良構造物は出来ないのだが。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
12

 

 

9日未明から早朝にラカイン州マウンドーのキャンプで、警察官9人が死亡する襲撃事件が起こった。

 

この襲撃には「ロヒンギャ連帯機構(RSO)」関与しているとの見方が強い。

 

 

政府はこの襲撃事件を法により処理するとの声明を出したが、どの様な法で処理するのか不明。

 

 

民族問題は8月の和平会議も中途半端で終わり、最近カチン、シャン、カレン等で政府軍と武装勢力の戦闘がおこっている。

 

8月の和平会議で政府側から画期的な案も出ず各武装勢力は自分の力を誇示するため挑発行為を起こしている。

 

ラカイン州警察襲撃事件もロヒンギャ連帯機構(RSO)が力の誇示を目的なら、政府は断固たる処置を取らないと今後もこのような事件は発生する。

 

 

それにしても警察は危機管理がお粗末、治安が不安定なことは百も承知のはずなのに、武器弾薬を強奪されたのでは責任者の責任は免れないだろう。

 

 

私は前々から、少数民族武装グループと呼んだことがボタンの掛け違いで、本来これらのグループはテロ組織と認定するのが妥当ではなかろうか。

 

その証ではないが、カチン族がマンダレーでKIA反対のデモを起こしている。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

襲撃犯人

襲撃犯人

10月
11

 

 

15,6歳の女の子がスマホに熱中している姿はヤンゴン市内では当たり前になった。

 

最下層の仕事と言われたサイカーの運転手も客待ちの時にはスマホのゲームに昂じている。

 

彼女、彼らは何処からスマホ代を捻出しているのだろうか。

 

生活が苦しいと言いながら、10万ks以上のスマホを買い、月々1~2万ksの通信費の支払いをしている。

 

給料はスマホの維持費ほど上がっていないので、何かの消費を削って凌いでいるのだろう。

 

ミャンマーの経済状況からすると電話機はすべて輸入、通信料金も半分は海外の企業へとお金は流れ、通信費に費やす金額の半分も国内で循環しない。

 

 

一方、誰でも情報が簡単に入手できるのは民主化を後押しする最大のツールとしてのスマホの存在は大きい。

 

企業はインターネットを利用して様々な新業態が生まれ国民に利便性を提供している。

 

しかしこれらを利用できる国民は限られた人たちではなかろうか。

 

 

秘書の一番下の妹は専門学校に通う身でスマホを持っている。

 

これは全て親か姉のお金で賄われている。

 

私から見ると身分不相応の持ち物と判断するが、こんな考えは古いのかな。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!