11月
05

朝食は365日必ず摂る小生、

手作りパン、果物、コーヒー、パンにはハチミツやジャムを付ける。

近年は食料品の値上げが大きく1食平均1700ks必要ですが、日本円に換算すれば125円。

現地の一般人から見ると多少高いかもしれない。

6年前のブログを見たら同じメニューで950ks(95円)でした。

日本円で計算すれば32%の値上がり。

特にコーヒー豆の値上がりが大きく1袋2000ksが3500ksになった。

ブログには時々、時の経済状況を書き込めば6年前10年前の経済状況の比較もできる便利道具です。

2018年

パン400ks

果物450ks

ハチミツ等400ks

コーヒー400ks

合計1700ks(125円)

2012年

パン300ks

果物300ks

ハチミツなど200ks

コーヒー150ks

 合計950ks(95)

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

昨日の朝食

11月
04

ダウェイSEZは概算80億㌦〈9000億円)の事業で2008年にスタートしたが開発業者が2転3転して出資者は未だ正式には決まっていない。

 

しかしタイ国境からダウェイSEZまでの道路改修工事は先行して行われる。

 

建設省は、RODRecord of Discussion)協定のもと、タイの近隣諸国経済開発協力機構(NEDA)が2車線の高速道路の整備に向けて調査と設計作業を行うことを認可した。

 

ルートはタイ国境Htee KeeゲートからをMyittar経由でSEZに接続し総延長は138km。

 

調査設計には8か月を要してその後工事に着手する。

 

以前イタリアンタイで設計されている道路はタイ国規格のクラス4で最大縦断勾配は12%で急カーブが多く、ミャワディ道路の様な事故多発道路になる可能性も否定できない。

 

費用の問題も有るが安全な道路造りに心がけてほしい。

 

今回のプロジェクトでNEDAからの45億バーツ(約13,700万米ドル)の低利融資を受ける。

 

工事は4年は掛かるので開通は2023年頃になりそうだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

11月
03

政府は来年4月26日を ミャンマー語のラベルを使用する外国製品を販売する企業の締め切りとして設定している。

 

締め切り後6か月後には施行される。

 

対象商品は食品、家電、子供施設、通信機器、医薬品および食品サプリメント、化学品、化粧品、生活用品、および専門機器ですが、詳しくは消費者局へ。

 

ラベルには保管方法から成分表示等細かく記載することになっているので、商品によってはラベルの文字が小さくなりそうだ。

 

違反者には警告から事業停止までの7段階による罰則が有る。

 

輸入品販売業者は今から準備したほうが良いかも知れません。

 

これは消費者保護法2014の第19条に基づいての施行ですが、

 

違反摘発がおざなりにならないか、法律を守ったら商売にならないと思っている隣国商人たちにどの様に対応してゆくのだろうか、

 

監視体制も同時に立ち上げなければ、法律が有るだけでは消費者を守ることは出来ない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

11月
02

ミャンマ女性は老若を問わず髪の毛を長く伸ばしている人が多い。

 

腰のあたりまで伸ばしている女性も多く見かける。

 

この髪の毛を切る時は大きく分けて二通り。

 

お金がどうしても必要なとき

 

出家するとき

 

ミャンマー正月の4月は出家する女性も多く長髪を切り坊主頭になる。

 

切った髪は買取り専門業者が居て25000~40000ks/kgで買ってくれる。

 

人毛の行く先は中国で、カツラの原材料になるそうだ。

 

そのカツラは意外と日本に輸出しているかも知れない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

11月
01

最近市場で買う果物が平均して味が落ちている。

 

スイカは元々当たり外れがあったので、今でも変わらない。

 

大きく変わったのがパパイアで、十数年前1個200ks前後だったパパイヤは実に美味しかったが、

 

最近は値段ばかり高く、時にはキュウリを食べた方がましなことさえある。

 

先般マグウエイ方面に旅行した秘書が、友人の畑で取れたパパイアを土産に持ち帰ったパパイアは、これぞパパイアの味だ!!

 

味が落ちた原因は良くわからないが、多分商業ベースで考えて何か細工を施しているのだろう。

 

マンゴーも時にはとんでもない味の物が有る。

 

細工が余り施せないのかマンゴースチンは昔とあまり変わらない味だ。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
31

ミンアウンライン国軍総司令官は10月29日朝、ココ島を訪れの住民や省庁職員と懇談した。

 

海軍基地会議場で、基地司令官から地域情報、地域防衛活動の実施状況、ココ島開発の進捗状況等の説明を受けた。

 

ここで総司令官は災害発生時には海軍の航空機、機器等で十分に支援できる様普段から準備を怠らない様指示した。

 

また住民集会では『地域開発のためには、地域の製品を生産する必要があり、製品は良質でなければならない。雇用機会を創出する目的で、地域軍はココナッツ製品の生産と輸送を支援する』と述べた。

 

ココ諸島はインド領ニコバル諸島からは50kmの位置にある

 

ココ島はアンダマン海とインド洋の境にあり、ミャンマー・ダウエーから400km東方、エヤワディ管区のラポタから130km南方に位置する。

 

 大ココ島は東西0.5km南北3kmの大きさで、ここには2012年に完成した飛行場(2000m程度)がある。

 

小さな島だがマラッカ海峡の出入り口に位置し地政学的には価値のある場所であり、また200海里の経済水域も今後の漁場資源としても重要な島です。

 

この様に重要な地域への政府高官の視察は価値がある。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

ココ島の飛行場

 

住民との懇談会

10月
30

ミャンマーでは数年前までは消費者用の長期ローンは存在せず、ローンと言ってもせいぜい2~3年が主流だった。

 

しかし、近年は15年、20年の住宅ローンも出て来て建設業界は期待しているが、

 

金利が13%とと高く住宅購入者にとっては負担が重く、購入に躊躇する人も少なくない。

 

ローン契約内容も銀行に有利にできており金利変動が怖くて買えない人もいる。

 

政府も低価格住宅を10年ローンで販売しているが、月々の支払いが滞る人がでて、

 

この物件を投機家が買い(実際には5年間は再販禁止)政府の低所得者向け住宅供給政策に齟齬をきたしている。

 

家賃を払ったつもりで自分の持ち家になる、この謳い文句はミャンマー人の中産階級でも懐疑的な人が多い。

 

また、先の事を考えずに購入する人は支払いが滞り結局物件を取り上げれてしまう。

 

銀行ローンも建設業界期待値の半分程度かも知れない

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

建築中のコンドミニアム

10月
29

賃料:100ドル/月~

場所:D31,Tazin(5) Street FMI Housin Hlaig Tharya(FMI団地内)

ヤンゴン市役所まで車で32分

事務所向きですが、寝泊まりも可能。

WiFi無料

電気料金、清掃、食事は別途

留守番もOK

団地内にはスパーマーケット、レストラン多数、マッサージ屋等が有り生活は便利です。

団地内はゴミ収集は毎日、道路清掃や環境整備が行き届き不潔感は有りません。

写真の部屋は20㎡、他の部屋も有ります。

契約は1年、家賃は前払い

その他のご希望が有ればご相談ください。

 

部屋内部

 

物件正面

 

団地メインゲート

 

団地内道路

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
29

インドは、ミャンマーとの間で、Sittwe港、Paletwa内陸水ターミナル、Kaladan Multi-Modal Transit Transport Projectの施設を運営維持する民間事業者の任命に関する覚書(MOU)に署名したとインドの大使館声明で述べている。

 

Sittweの港からKalin川ルート(158km)を経由してChin州のPaletwa(パレュワ)に、PaletwaMizoram(インド)までは道路(109km)で結ばれます。

 

道路部分は2016年6月に工事請負契約をして3年で完成する予定だったが、着工遅れや用地買収やラカイン北部の安全確認等で工事は遅れている。

 

このプロジェクトが完成すればインドの北東州からかカルカッタまで3~4日短縮できる。

 

このプロジェクトは中国が主導するチャウピュウSEZから100km西側に位置する。

 

中国の一帯一路の様に債務漬けになる可能性はなく、プロジェクト全体の推定費用485百万ドルは、インド外務省(MEA)を通じて提供されている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!