4月
17

同級生の協力

13日から16日まで静岡に帰っていました。

 

小生が帰郷すると中学の同級生が集まるのは恒例。

 

同級生の一人が小生の主宰するファイブスクウエアズ育英会が行っている、

 

使われなくなったピアニカ、レコーダをミャンマーに寄付する活動を地域コミュニティー誌4社に情報提供して、

 

市民に使われなくなったピアニカ、レコーダの提供を呼び掛けてくれました。

 

また、甥は中学校に提供を呼び掛けてくれました。

 

呼び掛けて2日間で5台が提供されました。

 

今回の帰国時までには沢山集まらないと思います。

 

次回帰国は半年後に予定していますがその時には持てないほど集まっているかもしれません。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

4月
16

 

 

早いもので日本に来て10日が過ぎた。

 

沢山の方々とお会いし情報交換をする毎日。

 

新規事業の提案、事業相談や情報提供等々仕事な話が主ですが、

 

日本の政治経済の話なども面白い。

 

小生の主宰のファイブスクウエアズ育英会のお話など熱心に聞いてくれる方もみえ、

 

その場でご寄付をいただく場合もある。

 

 

 

ミャンマービジネスの話は現状ではかなり厳しいことはお会いする方々も認識しているので、

 

当方からは逆に現状でも可能なビジネスを提案することもしばしば。

 

お会いする方々がミャンマーに興味を持っていてくれていることが嬉しいです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
15

 

 

ミャンマーは上座部仏教徒が85%、ほかキリスト教徒、イスラム教徒、ヒンズー教徒が数%づついる。

 

4月13日から16日までは水掛祭り17日には仏教歴の元旦である。

 

仏教徒にとって水掛祭りは最大の祭りで、他人に水をかけてもらい悪霊を払う。

 

今では水をかけるためのステージができステージの前を車で通過し水をかけてもらう。

 

ヤンゴン市内には沢山のステージができ友達や家族が集まりトラックの荷台に乗りステージ巡りはヤンゴンの一般市民にとっては最大の楽しみだ。

 

 

 

しかし政府は近年ステージの数を規制し一時の半分以下になってしまった。

 

ヤンゴン管区の首相はステージの数をもっと減らし静かな水掛祭りにすべきだと語っている。

 

お祭りはどこの国でも大騒ぎして日々の鬱憤を発散することが楽しみにつながるのだが・・・

 

仏教とのまとまりすぎが政権の存続を脅かしていると思っているのだろうか、

 

あるいは政権の中枢の人たちは仏教と以外の人なのだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
14

 

 

4月15日は金日成生誕記念日、過去にはこの日に核実験等西側諸国を驚愕させるような行動を起こしている。

 

今回は5年ぶりに外国メディアグループの入国を許可し取材させている。

 

テレビ等を見ると100人近いメディア関係者が訪朝している模様。

 

日本からも数社参加しているようだ。

 

北朝鮮側から見ると世界で有名なメディアを利用して自国の宣伝に活用、

 

かつアメリカが万一北朝鮮を攻撃しても人質として使える。

 

人質作戦は金正男暗殺事件でマレーシアとの交渉で成功しているのでこの手は使うだろう。

 

 

 

北朝鮮はミャンマーとも少なからず関連があり、

 

一時は北朝鮮と共に悪の枢軸国と呼ばれたこともある。

 

全斗煥大統領暗殺事件をきっかけに断交していた時期もあったり武器の売買を行った時期もあった.

 

同じ独裁国家だったが、ミャンマーは国軍、北朝鮮は金一家、

 

この違いが現状のミャンマーと北朝鮮の違いを示している。

 

指導者により国の行方は地獄と天国の違いが出る。

 

ミャンマーに優秀で強力なリーダーシップを備えた人の出現を期待したい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
13

 

 

ミャンマーに関心のある方々との懇談で必ず出てくる問題は、

 

電力整備と流通問題だ。

 

特に製造業は現状の電力不足を見て進出に二の足を踏んでいる。

 

前政権時代に決めた石炭火力発電は環境に悪影響を及ぼすとのことでNLD政権は石炭火力発電の建設を凍結した。

 

NLD政権は代案を今でも出せずにいることは今後2~3年は大規模な電力不足が続く。

 

 

 

 

ミャンマーは物流費が高く消費材や工業製製品のコストを上げている。

 

動かしたい物は沢山あり、これらをうまく動かすことにより多くのビジネスチャンスを生むのだが、現状は適時に適地に安価に物を移動できるシステムは出来上がっていない。

 

道路網整備、ターミナル、倉庫等の整備が急務。

 

 

 

外資導入を積極的に進めると政府は言っているが、外資が入りやすい環境整備を行わなければただ言うだけの話になってしまうので、環境整備より積極的に進めて欲しいものだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

caption=ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

4月
12

賞与の支給日

 

 

昨日はテジャンン(ミャンマー正月)前の賞与を秘書とメイド&百合ちゃんに支給しました。

 

気は心程度かしか払えませんが、年末とテジャンンに給与1月分相当金額を支給する。

 

百合ちゃんは正月のお年玉。

 

 

 

私がミャンマーで不自由なく生活できるのは秘書やメイドさんのおかげだと感謝している。

 

そして百合ちゃんは私を楽しませてくれる、そのお礼の気持ちだ。

 

 

 

この時期は日本に帰っているので、事前に袋詰めしてしまっておき、前日に秘書に電話で袋のある場所を教えて支給する。

 

賞与を沢山払えるよう仕事をしなければと思うのですが・・・

 

働けど収入はなかなか増えないのが現実です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
11

愉快な仲間たち

30代に一緒に仕事をした仲間。

 

70代前後の仲間が12人集まった。

 

会の名目は小生の帰国だったが、名目は何でもいい。

 

集まることに意義がある。

 

今、仕事をバリバリしている人から見ると、唯々哀愁を追いかけている哀れな老人かと思うかもしれにない。

 

口では言い現せないような苦渋の中で仕事をした仲間だ。

 

70歳の小生、昔の仲間と会うことにより元気をもらう。

 

これはお互いにそんな心情になるので集まるのだろうと思う。

 

海外で生活しているのは小生だけだが、集まった仲間の多くは40年くらい前に海外での仕事の経験者。

 

海外での仕事は人生の中で大きな糧を得た時期で、仲間意識も強いのも皆さんが集まる理由かもしれない。

 

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

 

4月
10

金髪の若い娘を二人連て

日本の我が家には常に2~3人のホームスティの外国人留学生がいる。

 

先日息子たちが所用で不在だったので、

 

小生が夕食を用意することになったのだが、

 

面倒なので若い娘と一杯飲みたかったので、食事に誘った。

 

爺さんが金髪の若い娘を二人連れて店には入ったら、刺すような視線が集中。

 

ドイツとベルギーから来た二人、現在日本語学校に通学している。

 

ベルギーの娘はN3程度で会話には不自由しない、ドイツの娘は初級で会話は難しいがベルギーの娘通訳する。

 

小生、4年ほど日本語を教えたたことがあり、彼女たちの日本語勉強の足しになるような会話を選ぶ。

 

刺身、イカの丸焼き、焼き鳥、卵焼き等々何でも気持ちいいほど食べてくれる。

 

イカの丸焼きは始めてだといいながら言いながらよく食べた。

 

昨夜は良いお酒をいただきました。

 

 

 *諸事情により写真は掲載できませんのが残念。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
09

6日の早朝日本に到着。

 

 

寒くもなく心地よい。

 

都心に入る電車の中から見える桜は八分咲きから満開。

 

テレビでは関東から東はほぼ満開とのニュース。

 

しかし、この満開も喜んでばかりはいられない桜の事情も。

 

現在多くの桜は戦後の1950年代に植えられ樹齢70年に達する樹もあり、桜の木の寿命に近づいている。

 

樹勢が弱くなれば花数も少なくなるそうだ。

 

樹勢の回復にはそれなりの手当が必要なのだが、放置されている樹もすくなくないそうです。

 

桜は樹齢70年が限界だそうだが、小生も桜なら限界で樹芯に空洞ができるころ、

 

脳に空洞ができないよう手当を怠らないようにしたいが、何をしたら良いやら分からない。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

自宅近くの桜

 

桜も良いがこの花たちも可愛