12月
12

2003年当時から行っているミャンマー料理店のアウンツカァ、相変わらず美味しい料理を出す。

 

この店はよく流行っているが支店を出すわけでもなく、店を大きくするわけでもなく味を守っている。

 

昼食時は満席状態が2時ころまで続く。

 

聞けば料理人はすべて女性だそうで何となく納得がゆく。

 

2003年当時は外国人客はほとんど見なかったのだが、最近は結構見かける。

 

ミャンマー料理はそれ程好みではないがこの店に行くと食が進む小生。

 

来緬中のお客様にも好評で、5人でお腹いっぱい食べて3万ks(2400円)一人500円弱と良心的な価格もうれしい。

 

この様な店は何時までも続けてほしいものです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

 

 

12月
11

ミャンマーに数回以上来緬のお客さんをBelmond Governor’s Residenceにご案内して昼食を。

 

今まではお客さんの要望も有り一般市民の生活を見たいと言う事で余り高級な場所にはご案内しなかったが、

 

昨日は趣向を変えて小生の判断でBelmond Governor’s Residenceにご案内した。

 

落ち着いた雰囲気の中にミャンマーらしさが出ていてとても気に入ってくれた。

 

そして自然でかつ念入りにお客を迎えてくれるオペレーションも素晴らしい。

 

小生が初めてここを訪れたのは十数年前でこの当時のホテルの名前は○○(忘れた)

 

今も変わらず素晴らしいホテルで宿泊は500ドル以上らしい。

 

昔は150ドル程だったので泊まっておけばよかったと後悔している。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

hdr

hdr

hdr

12月
10

「四角の所を丸く掃くな」

 

子供の頃よく祖父母に言われた言葉。

 

小学生の頃は毎日庭の掃除が与えられた小生のお手伝いノルマ。

 

田舎の家なので庭と言っても3~400㎡あり子供としては重労働。

 

手抜きに庭の隅々まで掃かないと「四角の所を丸く掃くな」と叱られた。

 

ミャンマーのメイドさんもまさに小生が子供の頃と全く同じだ。

 

 

掃除をさせると

 

黙っていると床の拭き掃除をしない

 

はたきを掛けない

 

隅々に埃が溜まっているのを知らんぷり

 

物を移動しない

 

ぞうきんを良く絞らない

 

雑巾を足を使い拭く

 

 

挙げれば切りがないのだが・・・これがミャンマー流かとあきらめている今日この頃の小生です。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

12月
09

昨日百合ちゃんの担任の先生から特別試験結果百合ちゃんがトップ5に入った連絡をくれた。

 

先月中旬特別試験が2日間あったらしい

 

あったらしいと言うのも母親が試験を知ったのは1日前

 

それも明日の朝4時に起きて勉強すると言い出して分かったことで、一夜漬けで試験に臨む。

 

2日目も有ったらしいが親には何も言わず後から分かる。

 

試験の結果を聞けば何も分からなかったけど知っていることを全部書いてきたとの返事。

 

子供が何も分からなかったと言う事は教科書以外の応用問題が出たらしく、答えが分からないのはミャンマーの教育からすれば当然の事。

 

昨晩百合ちゃんの同級生の母親が来て、自分の子供も試験は何も分からなかったと言ったそうだが、

 

百合ちゃんと同じトップ5選ばれた。

 

ミャンマーの教育も応用問題を出すようになったのは進歩だ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

12月
08

石油精製品はほぼ輸入に頼っているミャンマー。

 

原油価格の値上がりでここ2ヶ月で1割以上の値上がり。

 

半年前には680KS/ℓのお店も有ったのに・・・

 

日本でも今月に入りレギュラーガソリンが140円/ℓを超えたとニュースになっている。

 

日本とミャンマーのガソリン価格を比べてみると

 

日本は税金が約65円/ℓ、税抜き価格は75円/ℓ

 

75円=912ks/円

 

ミャンマーより112ks高いが、これは流通経費が高いので仕方がない。

ミャンマーもガソリン税を検討している様なので1000ks/ℓになるのも遠くはなさそうだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

12月
07

1124日に行われた建設省の会議で同省のウイン・ティン次官が「ヤンゴン市内の交通渋滞を解決するために、高架式高速道路と地下鉄の建設工事を2020年に開始できるよう日本政府と協議を続けている。日本政府から融資が得られ次第、すぐに工事を開始したい」と述べた。

 

 

ヤンゴンの地下鉄構想は2013年日本を訪れたウ・ラーミィンヤンゴン市長がヤンゴンの再開発は、日本の首都圏をモデルに、上下水道の整備や廃棄物処理、道路や鉄道整備などを進めていく考えを示したことが最初だ。

 

2015年にはJICAがヤンゴンの都市計画案を示しその中に地下鉄も含まれている。

 

2017年2月には2月中旬にタン・シン・マウン運輸通信省は、日本政府とヤンゴンの地下鉄の建設に関して話し合いを行ったと発言した。

 

ダウンタウンから空港に向かう環状線の真ん中を通過するルートで6kmが地下で残りは高架となるとかなり詳細を詰めている

 

そして今度の話で日本んがヤンゴンに地下鉄建設する大詰めを迎えた事になるが、2014年ころから韓国・中国も地下鉄案を出している。

 

インドネシアの新幹線の二の舞にならぬようしてほしいものだ。 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

12月
06

ベンガル人問題で欧米やイスラム教国はミャンマーに対して何らかの制裁を科すことを検討している、すでに一部で制裁が始まっている。

この制裁に内心喜んでいるのは中国で、テインセィン政権時代中国離れが顕著で中国の核心的利益を失いそうななった。

しかし、そこは抜かりなくコーカン紛争(中国国境)を裏で支援し中国の存在感を強めていた。

NLD政権に変わり少数武装勢力との和平を第一としたアウンサンスーチー女史に北部同盟をパロン会議に出席させるための約束を取り仕切り、少数武装勢力との和平には中国なしでは考えれれない事をミャンマー政府に刷り込んだ。

そんな中今回のベンガル人問題は内政問題としてバングラデシュと2国間で調整するのが妥当としてその橋渡し役まで買って出た。

インドは中国にミャンマー国内を自由に動き回られては安全保障にかかわる問題で、この国も制裁どころか支援を惜しまない。

欧米諸国の経済制裁で本当に困るのはミャンマー進出した企業で、ミャンマーは経済成長が鈍り国民生活は困窮するだろうが、これはベンガル人問題に関連しているので国民も我慢する。

依って欧米諸国のミャンマーに対する制裁は中国に寄り添わすだけの愚策。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

12月
05

標高237mのパツウ山頂にあるパゴダに45分掛けて登頂。

 

頂上のパゴダは1998年に建てられた。パゴダの横には僧院も併設されたいる。

 

僧院で一休みしてコーラー等をいただく。僧侶の話で山の中腹に日本兵が隠れていた洞穴があると教わり下山に時に洞穴を確認する。

 

入り口の壁には部隊名と思われる漢字が書き込まれていた。

 

洞穴は広さが4畳半程度で沢山の人が隠れていたとは思われない。

 

山は急峻で当時は道など無く隠れ家に適していたと思われる。

 

ここに隠れていた人たちの消息は周りの人に聞いた限りでは分からなかった。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

12月
05

引っ越しが終わり、家の中の整備を始めた。

 

温水器・浄水器の設置、電気スイッチ類の追加取付け等々水道と電気工事。

 

全て自分でも出来る仕事なのだが仕事量が多いので職人を頼んだ。

 

結果的に言うと、出来栄えは6割、後の4割は自分で再度修理。

 

これなら最初から自分でやれば良かったと思うが、屈み仕事をすると直に腰が痛くなる小生1~2か所なら我慢できるが、沢山だと・・・

 

作業中やり方が不味いので指示するがほとんどの職人は言う事を聞かないで、結果水漏れ等おこす。

 

電気の配線も通電しているかのチェツクに被覆を少し切りドライバーを差し込む、黙っていたら切った被覆の部分はそのまま、注意すると大丈夫との返事にはさすがに頭に来た。

 

まぁ~、ドライバーを持てば電気屋、金槌を持てば大工、大型スパナと接着剤を持てば水道屋ですから仕方がないのですが。

 

技術を身に付けるため職人の職業訓練校を沢山作るのに日本の援助などは有効と思うのだが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!