7月
22

 

 

3~4年前、最後のフロンテアなどの言葉でミャンマー進出を煽ったメディア。

 

最近でこそ少なくなったが、ミャンマーの核心を突いた報道や論文はまだまだ少ない。

 

 

ミャンマーでのビジネスチャンスは沢山あり、より取り見取り。

 

しかしビジネスチャンスを掴んでもその案件を成功に導くにはボトルネックが有り、ここを通過するのが並大抵ではない。

 

 

ミャンマー進出を計画している日本企業はこのボトルネックで四苦八苦している、特に大手企業はコンプライアンスの壁もあり、駐在員はミャンマーと日本の挟み撃ちにあいその苦悩は計り知れない。

 

ミャンマーは法整備か完璧とは言えず、グレーの部分が多く悩まされる。

 

グレーの部分をいかに解決あるいは突破するかが駐在員の腕の見せ所だ。

 

 

ミャンマー進出している中小零細企業はグレーの部分はグレーのままで営業を続けている企業も多々ある。

 

完全なイリーガル状態でも営業している個人企業も存在するが、これは日本人として非常に恥かしい限りだ。

 

 

ミャンマー進出での留意点

 

・既存のミャンマー感は捨てる

 

・商習慣の違いを克服できるか

 

・物事を性悪説で考え実行できるか

 

・ミャンマー人の性格を十分把握する

 

・弁護士やコンサルタントの選定は慎重に

 

・全ての事項を自分(日本人職員)で再確認する

 

・勝負をかける様な事業計画は厳に慎むこと

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

7月
21

 

 

 

何故か急に餅が食べたくなった。

 

ミャンマーのもち米を買い、ついでにきな粉も買い込む。

 

作るのはパン焼き機で米とぎから1時間半も有れば簡単にできる。

 

ミャンマー産のもち米は日本産より幾分水を多めにした方が良さそうだ。

 

 

今回は急な思い付きで餡子は間に合わなかったので、きな粉とゴマ&大根おろしで食べた。

 

ミャンマー人はタンニャ(黒砂糖)をお湯で溶いた物を付けてたべたので、

 

小生も試食してみたが結構いける。

 

次回は切り餅を作り雑煮や磯辺焼きにして食べよう。

 

タンニャを餅の中に入れ味付き餅も面白そうだ、

 

甘党のミャンマー人好みかも知れないのでこれにも挑戦しよう。

 

食べるのが忙しく写真撮り忘れです。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

7月
20

 

 

雨期に入り2ヶ月、道路もだいぶ傷んできた今日この頃のミャンマー。

 

ヤンゴン市内はコンクリート舗装か加熱アスファルト舗装が主流だが、

 

一歩ヤンゴンを出るとアスファルトマカダム舗装。

 

アスファルトマカダム舗装とは砕石路盤の上に1~2cmのアスファルトの表層が有るだけで雨には弱く、

 

一か所表層部分に穴が開くとそこから水が入り大きな穴になる。

 

 

幹線道路はBOTで加熱アスファルト舗装も増え数年前から比べると路面はずいぶんよくなり、平均走行速度が倍になった路線もある。

 

日本では加熱アスファルト舗装は初期投資が安いと言うことで加熱アスファルト舗装が多いが、

 

加熱アスファルト舗装は高額な加熱アスファルトプラント&舗設機械を用意しなければならずミャンマーでは高価な舗装となってしまう。

 

コンクリート舗装は既存の手持ち機械でも施工が可能なので地方都市ではコンクリート舗装が多い。

 

しかし、品質管理や施工技術の未熟から30年持つと言われるコンクリート舗装も数年で壊れる事例も珍しくないミャンマーです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

壊れたコンクリート舗装

壊れたコンクリート舗装

7月
19

 

今日は「殉職者の日」でミャンマーは祝日です。

 

日本の南機関の支援で植民地支配者イギリスを駆逐した、ミャンマー独立義勇軍のミャンマー側トップのアウンサン将軍。

 

紆余屈折の末イギリスからの独立を目の前にして1947年7月29日政敵から閣議中6人の閣僚と共に暗殺された。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

アウンサン将軍履歴

 

7月
18

 

 

社会主義時代が長かったので納税意識の薄いミャンマー国民。

 

しかし今は民主主義で当然納税の義務も発生するのだが、

 

国民に権利と義務の観念が薄くなぜ政府に金をとられるのだとの意識が強い。

 

 

ミャンマー在住者、旅行者は外食することが多いと思いますが、

 

ミャンマーでは飲食業には5%の税金が課せられ飲食店は客から直接、税を受け取りその証に印紙を領収書に添付する。

 

印紙が添付されない領収書を発行すると罰金や営業停止処分の罰則が有る。

 

 

外国人が多く来店するレストランではミャンマーとしては高級で客単価も高く当然税額も多くなる。

 

請求書には税額が記入されているが、印紙が貼って無いあるいは税額相当が貼られていないケースが多々ある。

 

特に外国人相手だと印紙添付の義務が有る事を知らないだろうと思い、印紙無添付の領収書が多い。

 

客から税金を徴収し政府には収めない、完全な脱税ですが罪の意識は無いようだ。

 

*日系のレストランではその様なことは無いと思いますが。

 

 

ミャンマーのレストランでは領収書を貰い印紙の添付を確認してください、もし添付されていない時は請求してください。

 

ミャンマー人に納税意識の意識改革にもつながります。

 

私はミャンマー税務当局の回し者ではありません(笑)

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

印紙が貼られた領収書

印紙が貼られた領収書

7月
17

 

 

ミャンマー投資企業管理局(DICA)は外資の定義を新会社法では外国企業の持ち株比率35%以上とすると発表した。

 

従来制定の会社法では外国企業の持ち株比率が1%以上の場合、外国企業と定義されている

 

なお新会社法がいつ施行されるかは発表されていない。

 

外国投資法で規制されている業種でも35%以下の出資で有れば参入できるので

 

業種によっては外資企業にとっては朗報です。

 

 

国内企業の保護に重点を置いた法規制では外資は参入し難いので、今後も大幅な規制緩和に期待したい。

 

また『運用や見解』の壁も厚くこれらの隠れ規制も排除してほしいものだ。

 

 

一つの規制緩和だけでは無く全ての法律で外資歓迎の意思表示が必要ではなかろうか。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

7月
16

 

 

ミャンマーは人口の70%が農業関連従事者と言われている。

 

ミャンマー政府としては農業関連従事者の所得UPが最大の課題だ。

 

1エーカー4~6万円の粗収入では5エーカー(2町歩)の稲作農民の生活は食べるのがギリギリの収入。

 

これ等を改善するには総合的な改革が必要で一つの施策だけでどうにかなるものではない。

 

灌漑、機械化、種子の改良、流通等上げればきりがないが、

 

農民の生活指導及び意識改革が最も重要だと思う。

 

 

また野菜や果物、花卉の栽培も同様だ。

 

これ等は付加価値を高めての販売も視野に入れて農業政策を進めるべきだと思う。

 

これを実践したのが7月14日稼働し始めた日緬合弁企業の野菜冷凍工場だ。

 

しかしこの工場も問題がない訳ではない、生産者が良いものを作ろうとの意識が無ければ原材料が不良品の山になり工場の稼働率が上がらず製品出荷の計画も立たない。

 

これらを解決するためには先に上げた様に農民の意識改革が重要であろう。

 

農民の意識改革には時間は掛かると思うが農業普及員制度の充実は如何だろうか、

検討の余地はありそうだ。

 

 

NLD政権の農業に対して包括的なビジョンが100日経っても見えてこないのが気になる。

 

 

民間ベースではおりしも『5th Myanmar International Agriculture & Food Industrial Exhibition』がMyanmar Event Parkで18日まで開催されており、海外の農業機械や肥料、加工機などが出展されている。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

日本企業の展示ブース

日本企業の展示ブース

7月
15

 

 

シャン州はラッキョウが多く栽培されそれを漬物にした物が名物だ。

 

日本のラッキョウ漬けとは多少違いますが、程よく発酵したものは美味しい。

 

唐辛子を使っているので少し辛いが、辛いのが苦手な小生でも食べられる範囲。

 

小生、ピンウールィンの市場では行き着けの店があり、この店のラッキョウ漬けが一番美味しく、お店のお姉さんも良い感です。

 

難を言えば、漬け込む前の下処理が悪く薄皮や根の部分が残っている。

 

 

日本でカレーに付くラッキョウ・福神漬け、すし・牛丼に付くガリ、

 

これ等の製造は殆ど中国だが、小生は怖くて食べられない。

 

日本の漬物屋さんがミャンマーに来て作ってくれれば誠にありがたいのだが。

 

 

ビジネスとしても特恵関税等を含めて考えれば成立すると思うのだが、

 

日本の漬物屋さん考えて頂けないでしょうか。

 

農村振興、雇用促進、外貨獲得の三拍子そろったこの案件はミャンマー政府にも喜んで迎えてもらえる。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ミャンマー風ラッキョウ漬け

ミャンマー風ラッキョウ漬け

 

漬物やのお姉さん

漬物やのお姉さん

7月
14

 

 

国営新聞The Mirror DAILYの3面上段に毎日同じ記事と写真が出る。

 

アウンサン将軍の写真と将軍が語った言葉だ。

 

文章は要約すれば『他人が一生懸命している事を批判するな』

 

 

NLDは国家の為に日夜働いているので「国民はあれこれ批判しないで黙っていてほしい」とのアウンサン将軍を使ってのメッセージ。

 

これはチョット??表現の自由を規制してしまうのでは。

 

 

その一例が

 

チョーミンテインヤンゴン管区首相がマバタは必要ない組織だとの発言に抗議するためマバタがヤンゴン管区にデモの届け出を出したら許可しないとチョーミンテインヤンゴン管区首相の裁定。

 

*デモは許可制から届け出制変わったはずなのだが・・・

 

 

政府が言わんとしていることは分かるが、末端に行くとそれを拡大解釈して運用することが政府の足を引っ張る。

 

 

表現・言論の自由は取り敢えず横に置き、経済の立て直しを早急に行わないと国民が救われない。

 

軍政時代から続いている既得権益を壊さない限り難しいだろうが、すでに既得権益グループに籠絡されているNLD幹部もいる模様だ。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

イメージ (50)