4月
03

1年振りの帰国

本日(3日)夕刻出国、24日帰国の予定。

 

暑気の時期を外し爽やかな日本の春を過ごそうとミャンマー脱出を計画。

 

去年も同じ時期に帰り桜を見ることができたが、今年は葉桜しか見られそうにない。

 

航空券は2ヶ月ほど前に取得するので、桜の開花時期を当てるのはなかなか難しい。

 

今回は差し迫った仕事が有る訳ではないので気楽な帰国。

 

でも、飲み会は相変わらず多くなりそうで既に8回は確定。

 

帰れば帰ったなりに用事は沢山あり、ミャンマーに居るより多忙かも知れない。

 

あっ、それと尿酸値等血液検査を済まそう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
02

昨日は百合ちゃん主催の小生の71歳の誕生祝い。

 

今までで一番うれしかった。

 

プレゼントは自分の金3000ksとおじさんから貰った1000ksの計4000ks。

 

シティーマートに買い物に付き合ったが、おじさんは外で待っていて、

 

待つこと20分、買い物終了して店から出て来た時には残りのお金50ks。

 

ショートケーキにロウソクを用意して、プレゼントはタオルを綺麗な箱に入れて包装されていた。

 

お金が足りないので丸い大きなケーキは買えなかったのでゴメンナサイとの言葉には涙が出そうだった。

 

7歳の子供がここまで出来るのかと感心した、嬉しい誕生祝でした。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

dav

4月
02

2018年に予定されているプロジェクトには、Kyay Myin DaingDalaという2つの新しい町とYangon川の西側のDalaの近くのSEZがありますと、U Phyo Min Thein首相は2018年のミャンマーインフラサミットで語った。

 

YCDCによると、計22件の41か所のプロジェクトがこの計画の下で優先順位を与えられている。これには、Yangon川の西にあるKyee Myin Daingの新しい町が含まれます。

 

U Phyo Min Theinによると、ヤンゴンを都市化するために必要な投資の詳細情報が5月にリリースされる予定です。

 

「サブセンター」の開発も優先されます。サブセンターとして指定されている4つの町は、ティラワ、ヤンキン、ダゴン・マイオット、ダゴン・セイカンです。

 

新しい工業団地も東ダゴン、トゥアンテイ、およびフルギの開発が計画されている。

 

この計画の為、幾らの資金が必要なのか不明ですが、当然外国資本を導入しなけければ絵に描いた餅。

 

外資を導入するためには国内省庁の連携が不可欠で、MICDICAの許可を得ても他の省庁からクレームが入ると計画したプロジェクトがつぶれる事例は多々あるので法整備等を含め外資が投資しやすい環境づくりも重要。

昨日のニュースによるとこららの開発の為YCDCは開発公社を設立するとの事。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ダラー

 

 

4月
01

吊り橋が崩壊

1日夜1時45分、エヤワデー管区 ミャウミャTsを流れるWye川に架かる吊り橋が崩壊した。

 

通り合わせた大型トラックが転落し運転手と助手が死亡した。

 

この橋は1996年完成し、経年劣化の為1月前に維持補修工事を終えたばかりだ。

 

写真で見るとメインロープがアンカー部分で切れている。

 

ミャンマーは吊り橋が多く架かっているが、中には中央部が凹み明らかにメインロープが延びている事を示している橋を幾つも見る。

 

建設時代を考えると多分中国製の鋼製ロープを使っているのではと思われる。

 

国内つり橋の総点検が必要ではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

崩落したミャウミャ橋

 

メインロープが切れている

 

中央が凹んでいるトンティ橋

4月
01

124日に船便発送した荷物は昨日現在(331日)届かない。

 

中古ピアニカ50本を日本の友人が集めて送ってくれた。

 

当初の予定では2ヶ月以内で届くと思っていたのだが・・・

 

先日中央郵便局を訪れ、発送番号を照合したが、まだ届いていないとの返答。

 

郵便局の担当者の話では3ヶ月くらいかかる事も有るそうで、

 

ミャンマー正月を挟むと確実に3ヶ月は掛かる様だ。

 

地球を一周回ってもこんなに時間かからないと思うのだが・・・

 

時間を経ても悪くなる物ではないから良いが3ヶ月は掛かり過ぎる気がする。

 

ミャンマーは国内外の物流はまだまだ貧弱で、経済発展のためには早急な改善が必要。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ヤンゴン港

3月
31

細長い~用紙はコピーが取れないよ。

 

外国人居住証明書や会社登録書等ミャンマーが独立直後きめられた法律で、

 

内容は多少変わっているかもしれないが用紙サイズは、現存しない(?)サイズ。

 

調べたらハーフ・スイス ×13 )に一番近いがこのサイズではない。

 

いずれにしてもこの様なサイズの用紙はミャンマーでは今でも作っているのかな。

 

外国人居住証明書様式1などは1948年制定となっている。

 

近代化を進めるミャンマーならば、古いものを後生大事にしないで、このような用紙の統一も積極的に進めてほしい。

 

できればIT化が進んでいる今時、一気にペーパーレスになればなお結構だが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

3月
30

ヤンゴンに居る野良犬、野良猫は半野良で一定の家に出入りしている犬猫が多い。

 

中には首輪をしている犬もいる。

 

行政が野良犬、野良猫を捕獲することもない様だ。

 

そして市民は何やかんやとエサを与えている。

 

たまには人間にかみつく犬がいて、犬にかみつかれると狂犬病が怖いので即、

 

注射をするが、これが意外と高価〈ミャンマー人にとっては)で1回15000ksで2回は必要と聞く。

 

しかし、犬に噛まれても仏教国なのか殺生はしない。

 

中型犬が78匹まとまっていると何となく怖さを感じ避けて通るる小生です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

3月
29

ミャンマータイムズ27日の記事では、https://www.mmtimes.com/news/govt-risks-derailing-economy-despite-legislative-reforms.html

ビジネス界から相当の不満が出ていることを記事にしている。

 

曰く、

 

この政府のリーダーシップと経済管理における政策上のボイドを、ビジョンや行動がない。

 

「国のための一貫したビジョンの欠如」である。

 

私たちの大部分は、ミャンマーが少なくとも10%の二桁成長を達成することに同意した。今年度の経済成長率はわずか7.2%に過ぎない。

 

政府の過度の集中的な意思決定プロセスと、経済に取り組むための強力なリーダーシップの不足の両方に懸念を表明

この政府が短期的、中期的および長期的な経済発展のための実用的なビジョンを持っているかどうかは疑問である。

 

彼女の内閣閣僚は、彼女の決定を待っており、経済発展を促進するという点で、ガバナンスのそれぞれの分野において進歩を見せていない。

 

調整の欠如のために、異なる政府機関が既に別の組織によって事業に発表された改革された政策を阻止する例がある。

 

私はペースが昨年と比べて確実に速くなったと言わなければならないが、しかいU Thein Sein政権のペースにはどこにもない。

 

経済政策のビジョンが明確ではなく、意志決定が一極集中で決定が遅く、経済成長も期待数値より少ない。

 

 

この様な報道は半年前には決して出なかったが、ここまで大胆に出てきたのは経済界で不満が頂点に達しつつ有るのかも知れない。

 

私は言いたい、経済界も選挙でNLDを選んだのだろう、今さら文句が言えた義理か!

 

いずれにしても昨日新大統領も決まったことだし、新大統領に期待したいが、

 

まてよ、大統領はお飾りだったのかな?

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

3月
28

白い象(white elephant)

東南アジア、特に上座部仏教国では神聖視される白いゾウ。必ずしもアルビノや白変種である必要はなく、

 

体表に色の薄い箇所が複数あり、定められた判定基準を満たしたものが白象として認められる。

 

タイでは白い象を見つけると法律で国王に献上することになっている。

 

為政者は白象が見つかると政権に吉報が有ると信じ、白象の収集に努めた。

 

アユタヤ王朝のチャックラパット王は白象王と呼ばれる程白象を集めた、

 

しかしビルマ王朝から白象の譲受要求が有り、断ったため戦争に発展したとの事。

 

 

英語のおけるwhite elephant(白い象) (維持費のかかる)わずらわしい物、無用の長物」を意味する

 

つまり、神聖視されるが大食漢で何の役にもたたず、虐待や殺すわけにもゆかない、手に余るもので、

 

タイの国王が嫌いな家来に贈って家来を困らせたとの昔話から由来。

 

ミャンマーではネピードに白象動物園が有り5頭ほどが丁重に飼育されている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!