10月
06

 

 

前回アマーで民泊した時の様子で、お湯を沸かすにも薪に火をつけ沸かし始めるので時間もかかり迷惑を掛けるので、

 

今回は食事の用意等で迷惑を掛けない様に、携帯ガスコンロを持参した。

 

コーヒー用のお湯を沸かすためコンロに火を付けたら、

 

家じゅうの人たちが、おお~、アッと驚きの声。

 

1㍑の5分ほどで湧きあがり、これにもまたビックリ。

 

この地域ではLPガスの販売は無く、当然ガスの火を見るのも初めて。

 

この便利さを享受すると、薪や炭を使う不便さを実感してしまいそうだ。

 

コンロを片付けるとき家の主人は置いて帰ってほしい顔をしていたが、

 

敢えて持って帰った。

 

次回泊まるとき新品のコンロとガスを6本位お土産に持って行こうと考えている。

 

工場が稼働し始めると月の内何日かはこの地にに駐在しなければならない、

 

その時は炊事に何の火力を使うか、細かい事だが今から考えておかなければならない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
05

 

 

今朝未明に帰還した今回の出張。

 

仕事は順調に進み地元の協力も確認できた。

 

冷凍機と冷蔵庫の出来る話はすでに町中に広がり、

 

皆さん期待している様子が窺える。

 

 

それより悪路に悩まされて復路は10時間もかかり運転手は疲労困憊状態。

 

往路より時間のかかったのは前夜1時間ほど雨が降り路面がぬかるみ状態で、

 

2回轍に入り自力脱出不可能になり、脱出に2時間ほど余分な時間を費やした。

 

地元の皆さんは親切で色々手伝ったくれ、お礼をを渡しても受け取らない人もいましたが、それでも3万ksほど手伝い賃を払った。

 

我々と同じ車種(トヨタプロボックス)のタクシーはお客6~7人を乗せ何のトラブルもなくスイスイ走っている。

これらは車高を4インチほど上げて有るそうで、我々の車は2インチ車高上げでその差が歴然とした。

 

もう一度車を改造しなければならない。

 

片道10時間の悪路は疲れる、今朝は節々が痛い。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

img_20161004_110844

 

img_20161004_114939

10月
04

アマー町に来ていますが、

 

珍しくインターネットが繋がった。
昨夜は板敷の上にゴザだけで寝たが眠れなかった。
昨日は道が悪く予定時間を2時間オーバーで8時間半を要し、車もボデーを方々擦った。
深さ30©身上の穴ぼこが連続せどこを走ったらいいか車を降りて確かめたりする。
道の悪い写真はUP出来無かったのが残念。

仕事は順調で今夜遅くと帰りベットで寝たい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

10月
03

 

日から3日ほどエヤワディ管区南端のアマー町に出張。

 

仕事は工場建設の準備

 

地元の役所への挨拶。

 

区の大ボスへの挨拶

 

これ等を怠ると後で必ず何かのトラブルが発生する、それは単なる言いがかりだが仕事は止まる。

 

 

ホテルのないこの地域で、今は工場用地を売ってくれた地主さんの家に厄介になっているが、

 

工場建設に入る前に仮設宿舎を作らないと泊まるところが無い。

 

トイレもシャワーもできるようにするためには、井戸掘りもしなければ。

 

飲み水を作るためには浄化装置の設置も・・・そのため発電装置も用意しなければ。

 

ミャンマーの田舎で工場を作ろうと思えば日本では考えられない事から始めなければならない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

工場用地

工場用地

10月
02

 

 

1・ミャンマーksが対ドルで1250ksを超えた

 

2・新外国投資法の国会審議状況と施行日

 

3・新規発電所情報

 

 

上記3項目は一見関連が無いようだが、実は大いに関係ある。

 

ミャンマーksはここ1月で65ks(5.4%)のks安になり、特に9月中旬からは急激なks安。

 

市中の外貨が少なくなり輸入業者が外貨を買い集めてks安になっている。

 

MIC申請を新外国投資法が成立するのを待っている外資企業が多く新外国投資法の成立が遅れれば、外貨が入るのが遅くなる。

 

4,5,6月の外資企業の認可がゼロだったことが、ここにきて外資不足を招いたことを思えば1日でも早い成立が望まれる。

 

電力エネルギー省の発表で新規発電所の計画が不透明で、大量に電力を消費する工場等はミャンマー進出を躊躇している。

 

電力エネルギー省は水力発電を50%以上にするとしているが、これでは電力の安定的な供給は危ぶまれる。

 

一方ニュース等に依ればアメリカのGE社がガス発電を60万kwから110万kwに増強すると発表。

アジアインフラ投資銀行(AIIB)はミャンマーのガス発電に融資を決定したとのニュースもある。

ミャンマーは天然ガスを沢山産出するが開発者の取り分と長期販売契約が有り国内で使える天然ガスは少なく、既存の天然ガス発電所もガス不足で稼働率が落ちている。それなのに・・・

 

経済発展は国内安定の条件でNLD政権には頑張ってほしいが、現状を見ると産業界や金融筋は現状の経済政策を評価していないと思われる事象がks安、

 

ksが対ドル1300を超えると、ミャンマー経済は危険領域に入るのではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

黒、青赤の3本の線の変化がほぼ同じであればks安になってもそれほど心配はない。

先月中旬からドル・円とドル・ksの線は反対方向に向かってる。

 

為替変動図

%e7%82%ba%e6%9b%bf%e6%8e%a8%e7%a7%bb

10月
01

 

秘書の舅が亡くなってから彼女は殆ど姑の家にいて面倒を見ている。

 

ここ3~4年は嫁・姑の関係は最悪で殆ど往来が無い状態だったのだが、

 

葬式の後も帰ってこないので、いつまでそこに居るつもりなのかと聞いたら、

 

男の子供2人は用事が有ると言って夜しか家に寄り付かない、そして親戚は誰も来ないので、

 

姑が可愛そうなので私が傍に居てあげたい、用事が有れば帰りますとの返事。

 

依怙地で儘な姑なので親戚や近所の人も葬式が終わったら誰もいなくなったそうだ。

 

我が儘な姑にはかなり虐められ、顔も見たくないと言っていたのだが・・・

 

初七日の法要が終わるまでは面倒を見るそうだ。

 

この当たりがミャンマー人の優しさななのだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

9月
30

 

 

50万ks、いやそんなに安くはない80万ksはする。

 

アウンサンスーチー女史が毎回変えている衣装代の話。

 

小生、せいぜい20万ksじゃないのと言ったら、

 

最新デザインと生地のシルクを考えれば50万とか80万ksの話だそうだ。

 

いつも肩からかけているマフラーな様な物も10万とか20万ksらしい。

 

新聞やテレビに出る度に違う衣装。

 

毎月何着作るのだろうか、他人の懐具合を心配する。

 

給料は多分500万ks位、3着作れば200万ks、給料の40%が衣装代に消える?

 

そんなバカなことはしないと思うのだが・・・

 

2~3度使用した物をオークションで売ればプレミアムが付き、多分買った時以上の値段で売れるだろうな。

 

と言う事であれば他人の懐を心配すること無いか。

 

今日はくだらない噂話ですけど、小生も疑問に思っていたことなので・・・

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

microsoft-word-%e6%96%87%e6%9b%b8-1

9月
29

 

 

フィリピンのドゥテルテ大統領が6月に就任して以来、麻薬撲滅作戦の「超法規的殺人」で既に1100人(一説には2000人以上とも)が殺害されている。これにおびえた在フィリピンの“不良日本人”たちも新天地を求めて移動を始めたようだ。

 

彼らが目指すのは、東南アジアで最も腐敗度が高いとされるミャンマーとカンボジアだという。
「両国とも賄賂を払えば出入国履歴を消してもらえるうえ、島国のフィリピンと違っていざとなれば陸路で隣接国に密出国できるので安心感があるようです。  引用終わり

 

 

ミャンマーが悪人の掃き溜めになるのは困りますので、ドゥテルテ大統領には悪人を出国させず一掃することをお願いしたい。

 

それでなくとも、タイの日本人生活困窮者がミャンマーに流れてきていると聞く。

 

ミャンマー政府も入国者の見極めを厳正にし不良外国人は締め出さないと自国の安全が脅かされる。

 

少々の賄賂を受け取るぐらいでは割に合わないですよ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

caption=がとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

9月
28

 

 

昨日秘書の義父が病院で亡くなった。

 

入院した時は危篤状態ではなかったが、入院して18時間後に亡くなった。

 

どうも肺炎をこじらせたようだが、どの様な治療をしたのだろうか。

 

これで身近なミャンマー人が入院1週間以内で亡くなったのは4人目。

 

秘書の父親は入院2日目医師が大丈夫明日退院しても良いと言った日に亡くなった。

 

骨折で入院して1週間後肺炎で(医者が言うのには)亡くなった人もいる。

 

どの件も医者が言う死因を家族は納得してのが特徴。

 

多分誤診か医療ミスではなかろうか。

 

医師の技能が低い事もあるとは思うが、それ以前に患者を助けるのだとの強い意志が希薄なのが問題は大きい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!