5月
13

ミャンマー政府は現在7箇所で大規模な灌漑施設の建設を進めている。
7箇所で整備される耕地は16000エーカー(6400ha)となる。
ここで生産される穀物は20000トンの予定。
ザガイン管区のタンジー町ではこの計画際最大規模で10000エーカーの規模。
1部完成した箇所もあるが建設工事はこれから最盛期に入る。
そのほかに小規模なため池を作り灌漑用水とする工事は方々で行われてる。

5月
09

ナゲヤィメド神を祀る祠

ミャンマーには37の神様がいると言われている。
ミャンマー人も仏様を信じながら昔からの神々も信仰している。
キリスト教徒やイスラム教徒には考えられないことだが、
仏教はその辺りは結構おおらかなところがある。
ナゲヤィメド(バゴーメド)の御神体は水牛で女性を守る神様に
ミンピューシンのご神体は白馬で男を守る神様
ウッシンジーは海の仕事や水関係の仕事をする人々に信仰されている。
これらの神様は下ミャンマーの人々が主に信仰している。
タウンビョンポエ ポパーナポエ パカンナポエは上ミャンマーの人々が信仰している。
お供え物はどこの国の神様でも似たり寄ったりで、果物や花が多い。

5月
08

昨日の新聞(The Mirror)によると
5月3日アメリカ人(John Willian Yeattaw)のはインヤー湖を泳いで渡りスーチーの家に侵入し、
2日間泊まった後、泳いで脱出しょうとして警備の警察官に発見逮捕され、
現在詳細や背後関係を取調べ中。
この手の事件は周辺住民には大いに迷惑で、今後付近の警備はいっそう厳しくなり
インヤー湖畔の散歩も時間規制など実施される恐れもある。

5月
08

アメリカ人がスーチーの家に侵入
昨日のしんぶんによると
5月3日アメリカ人(John Willian Yeattaw)のはインヤー湖を泳いで渡りスーチーの家に侵入し、
2日間泊まった後、泳いで脱出しょうとして警備の警察官に発見逮捕され、
現在詳細や背後関係を取調べ中。
この手の事件は周辺住民には大いに迷惑で、今後付近の警備はいっそう厳しくなり
インヤー湖畔の散歩も時間規制など実施される恐れもある。

5月
01

パダウの花
最近夕立が降り始めた。
雨季の前触れかと思うが、この雨で果物の収穫や、雨を待っていた花も一斉に咲き始める。
パダウの花、セイパンツリーの花など、黄色や紅色の花がヤンゴン市内で見られる

4月
28

ヤンゴンから首都ネピトーまでは現道を使うと8時間以上は掛かるが、
最近完成した高速道路(400km)を利用すれば4時間程度で行ける。この道路今月末から有料となる。
飛行場も拡張工事を進めていて、3600mの滑走路と誘導路、17基のボーデングブリッチ、駐機場、
ターミナルビル、駐車場などの拡張工事を精力的に進めて2年後には拡張工事を完成させる予定。

4月
24

先日市場で待望のマンゴースチンを見つけました。
今か今かと待ち続けたマンゴースチンです。
甘すぎず、酸味もほどほどで、南国の香りがなんともいえません。
1個200ks〔20円〕で買い求めました。

4月
23

マンダレーの南東50kmのミゲミ川に2つのダムを建設中で、ダムの名前ヤェーユアダムです。
すでに78%は完成していて、来年には発電を開始する予定。
下流側ダムの高さは130m。幅680mの重力式コンクリートダムで、
RCC〔ローラー転圧コンクリート〕を採用した、RCCダムでは世界で4番目の高さ。
発電量は790MWで4基の発電機を有する。
上流側ダムの高さは60m。幅492m、発電量は140MW

4月
17

縦格子 600×600×600   材質:パダウ
敷き格子 365×365     材質:パダウ
花瓶   120・110×200  材質:パダウ
Lindenbaum CO.,LTD 製作
ミャンマーでは工芸品の素材には個と欠かさない。
高級木材・・・黒檀、紫檀、チーク、マホガニー、ピンカドー、タガヤサン などが有り、その他竹、藤、天然染料、貝、ヒスイなどの鉱物も豊富にあります。
全体的に品質的は民芸品の域を出ませんが、中には品質の高いものも見られます。
これら品質の高い物の製造には何らかの形で日本人が関り品質を上げているようです。
ミャンマー人は器用で根気良く同じ仕事を続けることは苦にしないので、品質向上の手法さえ教えればかなり高級な物が作れるようになる。
デザインは洗練されたデザインとは言えないようですが素朴さは感じられます。