4月
03

中国共産党No.5の李長春常務委員が3月27日ミャンマーを訪れ、トップのタン・シュエ国家平和発展評議
会議長との間で以下4項目の合意に達した。
(1)中国が資金提供して、両国間に石油・ガスのパイプラインを敷設する、
(2)中国が資金提供して、ミャンマーに水力発電所を建設する、
(3)中国輸出入銀行を通じてミャンマー政府に借款を行う、
(4)包括的経済・技術協力を行う、

ミャンマーは、インド洋への進出を目指す中国にとって地勢学的・軍事的・経済的重要性を増してきてい
る隣国だ。軍事政権に対してアメリカが経済制裁を科しているため、その影響がほとんどないメコン川流
域のミャンマーは、中国が影響力を保持しておく必要があるのだ。その重要性は、北朝鮮にも匹敵するほ
ど、いや豊富な石油やガスが出る分、中国のエネルギー事情を考えれば北朝鮮以上と言える。
この中国の進出を黙ってみていないのがインドで、最近はかなり積極的にミャンマー政権に寄り付いてき
ている。

ミャンマー政府はしたたかな外交技術を駆使し中国、インド、ロシアと上手に付き合い国益を確保してい
る。欧米の人権外交は結局、中国、インド、ロシアを利するだけで、経済制裁などはミャンマーの現政権
対してのダメージはほとんど無いに等しい。
日本政府のミャンマーに対しての外交方針が、転換期に来ているのではないだろうかと思うのは、私だけ
なのだろうか。

3月
26

電 気
ミャンマーでの生活で1番の問題は電気です。
水力発電が稼動する雨季(6月~10月)はほぼ毎日通電しているものの、
日中は電圧が180V以下(ミャンマーの電圧は220V)になり、
冷蔵庫やエアコンはそのままでは使えないので、
レギュレーター(電圧を一定にする機械)で電圧を上げなければなりません。
乾季は計画停電に入り1日12時間程度(地域により差がある)の通電となり、
その他事故停電も頻繁におこります。
そのため照明用・パソコン用電力をバッテリーに充電する充電器(インバーター)、は必需品です。

3月
25

23日には何ヶ月ぶりかでヤンゴンで夕立がありました。
この夕立は 水祭りの前にはたいてい 1~2回あり その後パダウの花がさきはじめます。
今年の水祭り休暇は、4月11日から21日までが公式休暇です。

3月
19

今回の日本滞在期間はちょうど1月。
1週間後には桜が見ごろになり、残念な気はするのですが。
ミャンマーでも私を待っている人達がいるので仕方ありません。
バックの中身はいつものようにお土産と食料品、バック2つで30kg。
お土産
板チョコ、あめ玉、ソーセージ、柿の種、シャンプー、石鹸、口紅、クリーム  など
食料品
ふりかけ、中華料理の素、わかめ、ひじき、切干大根、鮭フレーク、だしの素(液体、粉末)、
ドライイースト、煎茶、コーヒー、 などです。

3月
18

我が家の家賃は1ヶ月250,000ks(19,000円)、1年契約で契約時に1年分を先払い、
不動産業者の手数料1ヶ月分弱で合計3,200,000ks(243,000円)の支払をしました。
ミャンマーでは日本のように礼金、敷金等は不要ですが、
半年あるいは1年の契約で家賃は契約時に先払いが一般的です。
家賃は交渉すれば値下げしてくれる事もありますから必ず値引き交渉をしてみてください。
電話(電話回線権利)は付いている家と付いていない家があるので、
付いている家を選ぶべきです。
後から電話を引くのは大変困難で経費もかかります。
私の経験から、住居は静かでマーケットに近いところがいいでしょう。
電気の通電が不安定なため冷蔵庫の信頼性は低くなり、食料の長期保存はできません。
そのため食料品の買出しが多くなるのでマーケットに遠いとタクシー代等交通費が嵩みます。
マーケットを冷蔵庫替わりにすることが生活費を安くするコツです。

3月
17

昨日板橋で日本語学校のミャンマーの教え子たちに会った。
希望を持って日本にきたのだが、なかなか厳しいようだ。
授業中にも日本は仕事も生活も厳しく、常に緊張状態が続きますよと
常々教えていたのですが・・・・
70時間程度の促成の日本語教育でしたが、よく話せますねと周りのミャンマー人からほめられてそうです。
こんな話を聞くと教えた甲斐があったと ホットします。

3月
15


私はミャンマーに関わり7年が過ぎましたが、2006年2月には家を借り、
2007年1月より生活の拠点をミャンマーに移し、
ミャンマーと日本を10週間と4週間ずつ二地域居住生活するパターンにしました。
本書ではミャンマーでどの様な生活が出来るか、生活費はいくらかかるのかなど私の実体験をもとに生の
情報を記述しています。記述されている情報は2008年12月時点の情報です。
住 居
我が家は6階建ての4階部分の広さ100平米で3LDKです
家を借りる
借家を探す場合には不動産情報が掲載されている週刊誌をまず買うことから始めます。
場所や値段など希望する物件を探したら不動産屋に電話して物件の実地見学をします。

3月
14

どこの国に行っても,小悪党入るものですね。
海外で日本と同じ生活を求めるよりも
現地での生活の楽しさを見つけ出すほうが楽かも
便利さ=お金?
少ない年金で程々の生活を楽しめるのならば良しとしましょう。

3月
14

フラワーパーク良いですね。
もうすぐ桜の季節です。
小生、今年は残念ながら花見はできそうにありません。 残念・・・・
20日からミャンマーに行くので。