2月
04

桁違い

喫茶店の改修工事はミャンマー時間では順調のようだ。

本日現地パートナーから緊急電話、予算書の電気工事代が安すぎるとの事、よく聞いてみると日本円とミャンマーK(チャット)を混同してしまい、

頭の中の金額は日本円、書いたのはk(チャット)で予算書を作ってしまったようだ。差額は予備費から流用できたので一件落着。

しかし今月末のオープンは大丈夫なのかな???

2月
03

ミャンマー産超天然ハチミツが動き始めました。1月後には嬉しい報告が出来ると思います。
今年の注文も2月末までには出さなければならない時期に嬉しい情報です。
現地の人達の現金収入の為にも輸入を続けたい、これが小生の気持です。
超天然ハチミツ 『シャンハニー』を宜しく。

2月
02

借家

ヤンゴン市内に家を借りる事にし探していたが、なかなか手頃な物件が無く2ヶ月も経過したが、本日ヤンゴンからのメールで手頃な物件が有ったとの連絡。ヤンゴンの日本人の友人にも見てもらい、確認した所優良物件との事、来週中にも契約する事にする。2ヶ月に1度のペースで訪緬するのでトータルコストでホテルよりは安くなる予定です。

1月
31

友人のS氏はヤンゴンで事業を始め色々な問題に直面している。
そんな彼からメールが届いた。内容はミャンマーの文化について
1、森が見れず木ばかり見る。
2、数字は苦手。
3、組み合わせの予測や計画が苦手。
4、会社と言う組織の目的を捕らえられない、個人主義が強く、組織の為の視点は希薄。
5、見栄っ張り、しかし自信はない。強者には従属。同列には競争心旺盛。同調、協調心は希薄
6、個人の友人や家族間の絆は強い。
以上の特色から対応としては
1、会社の仕事を個人レベルまで分解して、目標を与える。
2、個人としての繋がりを大切にする。
事業の目的を説くのではなく、個人の損得にトーンダウンして
付き合わなければいけないのでは、と考えています。

1月
29

10月に8倍の値上げされたガソリンの闇値は、上がったり下がったりで2500K/G前後で落ち着いたようだ。ただし需給のバランスで2~300Kは変動している。高値になると市内の車の数が減り渋滞がなくり、ダウンタウンから空港まで20分(通常40分くらい)いけることも有る。
写真は市内のガソリンスタンド

1月
27

精米工場

精米工場 処理能力4000kg/日
ミャンマーでの米の貯蔵は籾殻付きで、出荷の時点で籾殻を取り玄米にして、玄米を精米し出荷する。
生産者は稲作の取入れが完了すると、精米業者の工場に牛車等で籾を運び、精米賃(500k/50kg)
を払い精米とし出荷する。価格は現地渡しで10,000K~15,000k/50kg
尚、ヤンゴン市内の高級スーパーでは9000k/25kgで売っていた。
お米の値段は品質により倍ぐらいの単価差は有るようです。
お米の保存は籾殻付きの方が、経年劣化を起こしにくく、味も悪くならないそうです。
籾摺り、精米後直ぐに食すれば美味しく頂ける訳です。 納得

1月
26

小生、訪緬時には必ず米2kgと五目ずしの素を持参し、現地の人達とすしパーティーを開催する。
時には、お稲荷さんの素やシャケのほぐし身、ウナギの蒲焼、納豆、のり等もあわせて持参する。
生ラーメンや日本風カレーも結構人気はあります。
すしパーティーは誰もが参加出来、ミャンマーの細かい如何でもいいようなニュースや習慣が解り
結構面白く、いつも遅くまで騒いでいます。

1月
24

ヤンゴンの喫茶店

ヤンゴンのNARNATTAW STに喫茶店を開く為、ヤンゴン市役所に店の改修工事の
建築確認を申請していたが、昨日許可になった。
予定より1週間遅れだが、ミャンマーとしては普通なのかもしれない。
開店は2月末になりそうです。
お店のコンセプト
・高級なサービス
・ウエイトレスは美人しか居ない
・美味しい飲み物と美味しい食事
・年中無休

1月
22

嬉しい話

昨日在日ミャンマー人から、私が発起人の奨学金に寄付したいとの申し入れが有った。
金額は15,000円ですがその気持が嬉しい。
その彼曰く、日本人がここまでしてくれるのにミャンマー人が何もしないのは恥ずかしい事だと。
写真は高校生 生徒学生ははグリーンのロンジーをはいている。
『奨学金』
奨学金支給は5月からです、小、中、高生で40人、大学生に5人が目標です。
日本の皆様ご協力お願いいたします。