2月
23


朝4時20分に起き、5時10分タクシーで家を出発、吉祥寺から成田行きのバスに乗り7時空港に到着。

今回は余りにも重量オーバーで

追加料金を支払う。

1時間後には出発で、ハノイ経由でヤンゴンには夕刻6時に到着。

到着後すぐに、お客様との会食予定。

あぁ~、暖かいヤンゴンへ早く帰りたい

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いしま

2月
22

]

日本は停電はなし、水道水はいつでも飲める、病院に行っても保険で安い、発言は自由等々挙げればきりが無いほどだ。

 

しかし、巷の話では住みにくいと感じている人も少なくないようだ。

 

世界中で100%の人が何も不満なく暮らしている国はあるのだろうか。

 

価値観の問題で一概には言えないが、私が思うには日本は住みやすい国だと思う。

 

不満のある人たちは海外に住んだことが無い人たちが多い気がする。

 

では、小生がどうしてミャンマーに住んでいるのかといえば、

便利さや自由度より価値のあることをミャンマーで見つけたからだ、

価値観は人それぞれ違うので自分の道を歩んでいるだけだ。

 

最後に一言、自分の生まれ故郷を愛せない人はどこに住んでも常に不満を持って住むだろう。

 

そして、自国を自虐している人たちも好きになれない.

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

2月
21



ミャンマーでBRIを実施するための運営委員会議議長のアウンサンスーチー国家顧問は委員会初会合で「選ばれたプロジェクトが国家計画に隔日に適合しているか確認する必要がある」と述べた。

中国は24のプロジェクトを提案しているが、ミャンマー側はチャウピュウSEZ、ヤンゴンニューシティー、国境経済協力ゾーン2カ所等9のプロジェクトの作業を優先審査する。

9つのプロジェクトにミッソンダムが含まれているかは不明。

国歌顧問が声高にプロジェクトを精査すると発表すること事態、計画が胡散臭いことをうかがわせる。

どのプロジェクトを見ても採算性に難ありで債務地獄に落ちそうな気がしてならない、

中国に全責任を負わすBOTシステムを導入して失敗すればプロジェクトは取り上げる契約にすべきと思うが、中緬の力関係でどうなることやら。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

2月
20

2月23日(土)午前の便でヤンゴンに戻る。




毎度のことだが荷物は60kg程度になる。

お土産、頼まれ物、食材等々ですでに鞄3つは満杯状態なのでもう一つ追加して、
今日も買い物に出かける、絶対忘れてはいけない純米酒は2㍑2本を確保したい。
鞄が4つになったので嵩張るカップラーメンも入りそうだ。

百合ちゃんの好きなお菓子も買い込まなければ・・・

一年に一度のことで周りの人たちは多少なり日本のお土産を期待しているので、

多少でも期待に応えられる様頑張らなければ。 

]

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

2月
19
 
ミャンマー進出についてご相談を受けることは多いが、

それがビジネスとして結びつくことは希である小生。


ミャンマー進出コンサルタントとしては失格かもしれない。


しかし、失敗して欲しくないのでネガテブ情報から出す手法は顧客にとっては
嬉しくない情報らしく私から離れてゆく。


このような客を説得するのが本来のコンサルタントだろうが、仕事に熱心ではない小生は客を説得する様のことはしない怠け者かもしれない。


そのような顧客に限り、ミャンマーを甘く見てチョイと金を出し誰かに任せ金儲けを企んでいる人たちだ。


だが、結論は見えている1~2年で多くが撤退している。


商売を継続するためには一定の利益の確保は重要だが、多くの人たちはそれ以上を望むので失敗する事例が多い。





 

 

]

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

2月
18

1年ぶりに帰国するので多くの皆様にお会いする。

お会いする方にできるだけミャンマーを知ってもらうため小さなお土産を持参する。

今回の土産の主な物は

・タンニャ(黒砂糖)

・コーヒー

・ガーモー(エビせんの魚版)

・ヒスイの指輪

・モヒンガーのスープの缶詰と乾燥麺(これミャンマー人用)

10年前は土産物として日本に持って帰れる物は民芸品程度で、食料品は品質をみて何となく敬遠していた.

しかし、最近は食糧品も品質が向上しているので、多くのお土産が食品となってきている。

タンニャ(黒砂糖)はできるだけ産地に行き4~5kg購入してくる。

些細なお土産ですがこれで少しでもミャンマーに興味を持って頂ければ幸いと思います。

]

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

2月
16




日本に来てから2週間が過ぎた。

2週間の内テレビを観たのは何時間だろうか、

多分10時間も無い、それくらいくだらない番組がおおすぎることだろう。

ワイドショーなるものはくだらない番組の典型だろう。

日本を卑しめるコメンテーターと称する芸能人にはウンザリする。

ニュース番組も政治的にかなり偏っている。

視聴して価値のあるのは天気予報と時刻程度かもしれない。

それでも見ている人がいるのでテレビ局は成り立つのだろうが、

見る人の教養度が問われているのかもしれない。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

2月
16

30代前半で海外工事に従事したメンバーと再会

全て70歳以上で皆さん元気でした。

悠々自適で過ごしている方、海外で技術支援の仕事に携わっている人、国内でコンサルタントに勤めている方、等々それぞれの生活をされています。

今回参加できなかった方々の消息も分かり、80代になっても元気にしている方も少なくありません。

若かりし頃でしたので現場でやんちゃもしましたが、今では良い思い出になっています。

趣味でも仕事でも一生懸命にやっている人は輝いていて気力、体力も若い!!

小生も負けずに・・・ �

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

2月
14

甥の結婚式で親族としてお客様に御挨拶に回ていると、どこにお住まいですかとの質問に.ミャンマーに住んでいますと答えたら、話が大いに盛り上がりました。特に小生主宰の育英会に興味を持たれました。

この客様は地域のロータリークラブの会長とのことで、当会は海外の支援も可能なのでミャンマーの話を是非会員に伝えたいので、その場で例会時に講演を依頼されました。

外交辞令かと思っていましたが帰り際に確認され、甥にはもう一度確認するようにとの連絡が入りました。

今度、帰国の折には講演でミャンマーの現実を伝えたいと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br />
<a href=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします