12月
13

 

 

ミャンマーの多くの幹線道路はBOTで運営されており、私企業が道路管理をしている。

 

私企業なので利益追求が先になり安全に対しての投資は最低限になる。

 

日本の様に安全施設について詳細な仕様が無いので、監督官庁の指示が無い限り余分な投資は行わない。

 

実際道路を走ってみると構造上の欠陥や施工不良、安全施設不足、維持管理の不適切等で事故が起きても不思議ではない道路が多い。

 

 

ミャンマー事故率は日本のそれより1ケタ違う頻度で起きている。これを見て、

 

先般日本企業のSAT社の山口社長の発案によりヤンゴン市内で大規模な交通安全キャンペーンが実施され、運転手に安全運転の啓蒙活動を行った。

 

事故の第一原因は運転手にあるだろうが、安全に通行できる道路を提供する道路管理者の安全に対する意識があまりにも低すぎるのではと思う。

 

これは道路管理者に対しての瑕疵が殆ど問われることが無いのも一因だろう。

 

運転手の安全運転の啓蒙活動とともに、道路管理者の安全道路作りの指導監督の強化も必要だと思う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

地方の道路 区画線や道路標識等は無い

地方の道路
区画線や道路標識等は無い

12月
12

 

正式名称(英文)は「ASIA COSMOPOLITAN AWARDS」。和文名称は「平城遷都1300年記念アジアコスモポリタン賞」。平城遷都1300年記念アジアコスモポリタン賞は、東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)が、平和で安定した東アジア全体の発展に一層貢献する取り組みを進めることが必要であると認識し、2010年、奈良で開催した「ERIAリージョナルネットワークフォーラム」を契機として、東アジアにおけるコスモポリタン都市の先駆けであった奈良平城京への遷都1300年を記念し、東アジア域内における文化面・経済面での地域統合、域内の格差是正、持続可能な成長社会形成を主眼に、質的に充実した東アジア共同体形成に資する優れた活動を行った個人・団体を、国際的に評価顕彰することを目的として2012年に創設した国際賞。本賞は、国籍を問わず、隔年で奈良県において授与される。

 

 

第3回の授与式は2017年1月に奈良春日国際フォーラムで行われます。

受賞の主な理由は16年4月にミャンマー連邦共和国の新大統領に権力を円滑に移譲した。との事らしいが、政権担当時の評価が書かれていないのは残念だ。

受賞の発表は11月28日ですが、ミャンマーンでは一部のwebサイトでこのニュースを見ることができるが、一般の日刊や週刊誌では掲載されていない。

インドの元シン首相などが表彰されている多少の権威ある賞なのに、ミャンマー国民が知らされないのは残念だ。

受賞はミャンマー国民として誇れることだと思うが、報道機関はこの事実を全く知らないわけはないと思うが政府に気兼ねして報道しないのか、政府が止めているのかは定かではない。

テインセィン氏は1月15日に日本に行くと思うがこの報道はされるのだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

安倍首相とテイセィン前大統領

安倍首相とテイセィン前大統領

12月
11

 

 

昨日サックイン小中高校の生徒2人と先生1人が我が家にレコーダーの練習の為見えました。

 

先生は日本人2人が協力してくれました。

 

11月帰国時にレコーダーとピアニカを持参しサックイン小中高校に寄贈しましたが、

 

当然ですが演奏方法を誰も知らないので当方で教える方を探し連絡することにしていました。

 

そして昨日2人の日本人が来てくれ半日間指導してくれました。

 

懇切丁寧な教え方で、楽譜の読み方から教え半日間で聖者の行進を演奏出来るようになりました。さすが日本人。

 

サックイン小中高校には1200人の生徒がおり、この内1%の子供が音楽に目覚めてくれればと思っています。

 

有友さん小野さんお忙しい中ありがとうございました。

 

学校で合奏ができるようになりましたら是非一緒に見に行きましょう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

dsc06469

12月
10

 

 

最近「何となく背中が冷え冷えとする」こんなことを思っているのは小生だけだろうか。

 

ブログやFBの中には何となくおかしい、様子が変だと言うような記事も目に付く。

 

正面切って正直な思いは書き難いので奥歯に物が挟まったような言い方になる。

 

NLD政権に変わり期待していた民主化や経済発展が前政権より後退が顕著になってきている。

 

シャン州北部での武装勢力との衝突、ラカイン州のイスラム教徒との衝突

 

政府の意向に沿わない情報の報道規制

 

経済の停滞による不景気風

 

外国人の国内移動の規制強化(案)

 

突然の経済規制

 

政権内部でどの様な事が起こっているかは知る由もないが、

 

実務家の副大臣の更迭や管区首相の交代など実態は如何なのだろうか。

 

NLDの議員は政権の批判はご法度なので議員が改革案を示そうにも批判と受け取られないかと心配し改革案も出せない。

 

最高権力者と称している女史はこの国をどの方向に導こうとしているのか、

 

ポピュリズム的な政策は結果的には国を最悪の方向に導いてしまうのではと心配する。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

12月
09

 

 

既存の観光地には殆ど出向かない小生、

 

しかし、ヤンゴンから遠方には頻繁に出かける。

 

その道中見る景色は素晴らしい所も有り、これなら観光客も大満足なのにと思う箇所は数えきれない。

 

その素晴らしい景色の場所に観光客が行くことは殆ど不可能に近い。

 

1.道が悪い

 

2.ホテル等宿泊施設が無い

 

3.道中トイレが無い

 

4.外国人が食べられるようなレストランが無い

 

5.案内する人がいない

 

(2)と(3)は女性客には致命的な項目。

 

景勝地でも地方の農漁村は貧しく農業、漁業意外に産業は無く現状では現金収入を得ることは不可能。

 

この様な場所に立派ではなくとも小奇麗な宿泊施設と観光地には衛生的なトイレを設置するだけで観光客を呼ぶこむことは出来る。

 

4星ホテルが無ければ外国人観光客は来ないわけではないので、

 

政府は地方の小規模観光資源開発にも力を入れ観光資源の底辺を広げることにも注力してほしい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

観光客は誰もいない海浜

観光客は誰もいない海浜

12月
08

 

 

FMIは2016年4~9月期(半期)の売上高は前年比49.4%増の746億チャット(約65億円)、純利益が前年比51.9%増の62億チャット(約5億4000万円)だったと発表した。

 

15年度通期売上高は1100億チャット(約65億円)、純利益が89億チャット(約5億4000万円)だった。

 

純利益率は8%越で日本流に解釈すれば超優良企業だろう。

 

 

しかし気になるコメントもあった。

 

銀行事業と病院事業が好調だったが不動産市場の冷え込みにより、同社が進める開発プロジェクト「スター・シティー」でのコンドミニアムの売れ行きは従来より鈍くなっているという。

 

15年度決算期も同様のコメントを出している。

 

つまり1年以上前からFMI不動産事業は不調なのだ。

 

YOMA銀行を抱えているので資金繰りが行く詰まることは無かろうが、不動産市況の低迷が長引けば銀行や病院の儲けは無くなってしまうだろう。

 

株価も現在16000ksで上場直後の35000ksを大きく下回っている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

12月
07

 

 

毎日日本食を食べますと言うと、まぁ贅沢な事と言われる。

 

高いお金をかけて日本食を食べているわけではなく、

 

現地の食材で日本風に調理しているだけで

 

調味料のお金が多少かかる程度で済む。

 

ミャンマー料理(麺類は別)に手が出ないのは油が多い事は無論だが、

 

臭を体が受け付けない。

 

魚の煮つけ、魚のみそ漬け、魚の練り物、豚肉の角煮、根菜類の煮物、野菜炒め、もやし炒め、水炊き、丼物、麺類等々現地の食材で美味しい種々の日本食が出来る。

 

出汁類は無論、みりん、料理酒もしっかり使う。

 

小生どちらかと言うとサッパリ系が好きなので酢の物か漬物は毎食出る。

 

家庭で作る料理なので味も毎回違うのはご愛嬌ですが、そのためか飽きが来ない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

簡単な夕食

簡単な夕食

12月
06

 

12月3日の国営紙に『外国人に対する法律』なるものが掲載されていた。

 

1言で言えばかなり面倒なことになり、ビザ等の費用も信じられないくらい値上げした。

 

外国政府の行いにあれこれ言える立場ではないが、

 

この法改正はは何が目的なのか意味不明だ。

 

NLD政権は外資導入や観光客誘致に躍起になっているが、小生が見るに有効な手立ては見当たらないのが現状。

 

今回の法令は外資導入や観光客を抑制しようとしている方策にしか理解できない。

 

例えばマルチビザ1年が600ドル、登録された住居以外の地域に出るときは国内ビザが必要等々、国内移動に足枷をはめ軍事政権時代より面倒だ。

 

この法律を作るときには当然あらゆる面のケーススタディーを行った結果と思うが、素人には何がミャンマーの国益に資すのか皆目見当がつかない。

 

どんな深謀遠慮が有るのだろうか担当大臣に聞いてみたい。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

12月
05

 

エヤワディ管区アマー町バワティ村に行く途中。

 

Daw Nyei~Seikma間約14kmの快適な抜け道を探した。

 

この間普通に走れば1時間15分を要する悪路。

 

しかし抜け道を走れば距離は長くなるが30分ぐらい短縮でき、

 

しかも乗り心地が良く景色も抜群。

 

道路幅、車線幅等無いのでどこを走ってもOK。

 

路面は海水で平らにされた良く締った砂地だ。

 

遠浅海岸の砂地を時速70kmで走る。

 

エヤコンなしで窓を開ければ潮風が心地よい

 

間違っても乾燥して白くなったっ砂地を走ってはいけない、最悪脱出不可能になる。。

 

しかしこの道路難点が1つ、海岸から現道に出る場所が同じような景色で分かりにくい、当然道路標識等は無い。

 

帰りは案の定5kmも行き過ぎた。

 

悪路を4時間も走るのでこの間は別世界を走っている様な気分。

時間が有れば海岸でゆっくりしたい場所だ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

海岸線を疾走

海岸線を疾走