1月
19

Dala Bridgeは 韓国からの13,780万ドルの融資とミャンマーからの3,030万ドルの資金で建設される。

 

この工事は韓国のひも付きで、韓国業者か地元業者しか入札参加できない、

 

地元業者は斜張橋を単独で建設できる技術が無いので韓国業者とJVを組むしか参入の機会は無い。

 

なお入札応募締め切りは223日で完成に4年を要するとされている。

 

ダラーの現在の地価は住宅地で3746ks/㎡

 

農地は幹線道路沿いで1エーカー(4047㎡)512千万ks

 

幹線道路から外れれば1エーカー(4047㎡)1.52.0千万ks

 

この価格は四年前に暴騰した価格の12以下。

 

Dala Bridgeが出来ればスーレーパゴダまで510分の距離で非常に便利な場所なのに土地価格は上がらないと地元の不動産業者は語っている。

 

現状のダラー地区は都市としての基本的設備がない事、ダラーという言葉のイメージが悪い、

 

それは、水に浸かる、良い飲料水が無い、下層階級の人たちの集まる場所などがイメージを悪くしている。

 

ヤンゴン管区内の農地は現状では転用できない事になっているのも価格上昇を抑えているのではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ダラー橋 完成予想図

1月
18

競合相手の会社が○○機械を買った、

 

なに!わが社も買わなければ。

 

その機械がどの程度の稼働率が有るとか経営に及ぼす影響とか殆ど考えない。

 

日本の50~60年前の地方業者がこの様な状態だったのを思い出す。

 

日本の50~60年前はリース機械は殆ど無かったが、現在のミャンマーでは程々にリース機械も有るので、

 

重機を買わなくとも大抵の仕事は出来る。

 

重機を持ったら稼働率を上げる為の努力もしないどころか、他社が仕事を頼みに来ても積極的に仕事は受けない、特に大手企業は下請けはやらないとのプライドも有る。

 

また、稼働率を上げるため他社との共有とかJVを組むとかも眼中にはない。

 

私には重機を持っているとの見栄にしか見えないのだが・・・

 

見栄の重機を買うよりその資金で技術者を海外に派遣して技術の向上を図る資金にした方が良いと思うのだが・・・

 

放漫経営の一歩手前から脱却しなければ、ミャンマーのインフラ工事も外国勢に取って代られてしまうだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

基礎工事現場

1月
17

多くのミャンマー人は湯船を使わず、体に水(ほとんどの家で温水は無い)をかけてシャワーと称す。

 

ミャンマー人が日本に行っても殆どの人が湯船には入らない。

 

理由は熱すぎるらしいのと、体に圧迫感があるそうだ。

 

ミャンマー人の百合ちゃん

 

最近は湯船に浸かることに凝って、

 

おじさんが湯船にお湯を入れる準備掛になってしまった。

 

湯船の中で30分ほど遊んでいる。

 

おじさん「見てみて、バスタブに入ると体が綺麗になるよ」

 

何処が綺麗になったのか分からないが、きれいになったねと返答する。

 

これを続けるとミャンマーの田舎で水のシャワーだけの所では生活できなくなるな

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

dav

1月
16

カレン州パアンで日本企業直営の施工班が路面表示工事を行う。

BOT運営の道路6マイル、実施行延長17kmを今月中に完成させる。

2月の初旬にアウンサンスーチー国家顧問がパアンに来るのでそれまでに完成してほしいとの施主からの依頼です。

しかし、問題は数々あり

1昨日区画線の基準が急遽変更したり

輸入コンテナが昨日届くはずが1日遅れになる

等々問題は常に発生するが、これらの問題を確実に解決し作業を進める。

作業班には日本で技能実習を終えた2名がリーダーとなり、

日本品質をミャンマーで具現化する。

ヤンゴン市内の路面標示を見ていると3年で跡形もなく消えてしまうが、

日本品質は3年間の保証付き。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

施工機械

1月
15

ヤンゴン~ネピード高速道路は制限速度100k/h。

 

この高速道路は昨年の交通事故死は116名で「死のハイウエー」と言われている。

 

高速道路とは名ばかりで、

 

人や牛車が道路横断

 

中央分離帯側を歩く

 

オートバイが逆走して来る

 

中央分離帯の草を牛が食んでいる

 

これはは全て違反なのだが沿線住民はお構いなし、

 

不思議に思うのは身の危険を感じないのだろうか。

 

違法ではない危険行為は高速道路にUターン可能箇所が何か所も有る事だ。

 

国が変われば法も変わるのは分かるが、あまりにも危険すぎる

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

 

バスのトイレ休憩

1月
14

ネズミ対策

台所が建て増しの今回の家

壁と屋根に小さな隙間が有る。

 

 

最近そこからネズミが入るのを発見。

 

良く調べると屋根の取り付け部に小さな隙間が至る所にある。

 

この穴は上からモルタルで塞ぎこれで完璧化と思いきや、

 

昨夜、ネズミの侵入の痕跡を見つける。

 

1.5cmほどの穴を柱の陰に発見、これもモルタルで塞ぐ。

 

ネズミは油断していると電線の被覆を齧りショートとさせる、最悪火災の原因ともなる。

 

駆除をしてもきりがないので侵入を防ぐのが取り得る手立てだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

屋根の部分

 

内側

1月
13

医学研究部(生物毒性学)は昨年ヤンゴン地域のサンチャウン、カミンミンダイン、カマリート、ラサ、ダゴン​​、パズウンウン、北ダゴンの7つのタウンシップで行われた調査によると、

 

露店で販売されている焼き魚の27%がビブリオ(Vibrio)菌 で汚染されていた。

 

*ビブリオ(Vibrio)菌 は、下痢を引き起こすが、コレラは引き起こすことはない。

 

魚は衛生的に保管して調理人も衛生管理をして調理も確実に行うようにとKyi Kyi Nyein Win博士は述べた。

 

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)保健局の広報担当者によると、ほとんどの露店業者は衛生基準を遵守していないので保健局は基準に従うよう指示していると述べた。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

露店

1月
12

パアン市のトーン・エイン村に東洋タイパワーミャンマー社によって建設される予定の128万kwの石炭火力発電所は地元の一部の人たちが反対している。

 

このプロジェクトは当初モン州のエイ町に計画されたが地元の反対で中止された。

 

今回はカレン州も資本参加して州全域にに電力供給を十分賄える規模。

 

「カイン州では、30%の町にしか電力を供給していない。私たちの国は本当に多くの投資を誘致することが必要です。人々は技術がはるかに進歩していることを理解しなければなりません。

石炭についての悪い知識だけを吸収するという罠から脱出する必要がある」とDaw Nan Khin Htwe Myintカイン州首相は語った。

 

「日本の技術はかなり信頼できるものです。だから我々は、新しい発電所の結果として起こりうる潜在的な課題に対して政府責任を負う」と U Ku Tha Laは述べている

 

「現在、中央政府の承認を待っている。その後、環境社会影響評価とフィージビリティスタディを開始して、4年後には完成する予定です」と、TTCLのプロジェクトマネージャーであるU Htet Aung Monは述べています。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

1月
11

ラインタヤは人口70万人で多くが工場労働者。

 

工場労働者は地方出身者が多く、工場の近くのアパートを借りて友達23人で住む。

 

部屋代は10フィート×10フィート(5畳半)で4~5万ks。

 

家主は最低賃金の引き上げを見越し1部屋5千ks~1万ksの値上げを通達している。

 

家賃の値上げで縫製工場に勤める女工さんたちは1部屋に3人や4人で住み生活環境は一層悪くなったと語っている。

 

独身者は入居者を増やし値上げを何とか回避できるが、家族で住んでいる人はそれが出来ないので値上がり分は回避できない。

 

最低賃金の値上げに追従して食品の値上げも行われて労働者の生活は一向に改善されない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!