5月
15

 

 

朝食の果物はこの1週間毎日マンゴー。

 

そして3時ころにも食べる。

 

マンゴー好きな小生ですが、もう食べ飽きました。

 

 

 

昨日は人を頼んでマンゴーの最終収穫。

 

数は数えていないが恐らく200個位収穫しただろう。

 

近所や知人に配ったがまだ100個以上残っている。

 

 

 

マンゴージュースを作ってみました。

 

味は、普通に美味しかった。

 

 

 

昼過ぎ秘書がスイカの大玉を2500ksで買ってきてくれたが「外れ」で食べられない。

 

代わりにマンゴースチンを買ってくれた。

 

これは小生大好きな果物の一つで、一度に4~5個は食べる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

マンゴースチンとマンゴージュース

マンゴースチンとマンゴージュース

5月
14

 

 

この議案は与党、国民民主連盟(NLD)のサン・シュエ・ウィン議員が4日、中止を求める提案書を議会に提出していた。

 

ミン・トゥエ保健相は12日の議会で、「事業は公衆衛生の向上に寄与しない」として計画中止を支持すると表明した。

 

また、地元医師らが営利目的に利用されるとして中止を求めていた。

 

 

パークウェイ病院は、マレーシア大手IHHグループの合弁会社が、ミャンマー保健省の保有地を借り受けて建設を目指していた。

 

外国投資法の認可を受けている案件の中止命令は、外国投資家の信頼を裏切る行為である。

 

政府はIHHグループの合弁会社が42条のどの項目に違反したのか公表すべきだろう。

 

 

外国投資法に依れば投資許可の取り消しは外国投資委員会の職権で行われるべきで、

 

投資許可の取り消しは42条の規定に重大な違反をしたことになる。

 

ミン・トゥエ保健相の言う「事業は公衆衛生の向上に寄与しない」は42条の違反にはならないのではと思う。

 

 

小生から見ると法を無視した国会での採決は、「法の支配」を唱えるアウンサンスーチー女史の精神とは乖離しているのではなかろうか。

 

テインセィン政権時代に決定したので趣旨返しで取り消しなんてことは考えたくはないが、どうも胡散臭い。

*現在外国投資委員会は機能していない。

 

 

第四十二条 委員会はこの法律が定める規定、この法律により発行される手続き法、規則、慣習的手続き、政令、命令、指示書、または投資許可書に掲げられる規則のいずれかに違反した投資家に対して以下に掲げる経営に関する罰則を適用する。

 訓告。

 税金の免税措置と減税措置を一時的に停止。

 投資許可の取り消し。

 今後いかなる投資案件も許可しない旨のブラックリストに登録する。

第四十九条 この法律により与えられている委員会の職権により決定した事項は最終決定となる。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
13

 

 

先日、日本の方から鍵盤ハーモニカやリコーダー100台を寄贈したいが良い寄贈先は有りますかとの問い合わせが有りました。

 

 

日本の小学生が使っていた鍵盤ハーモニカやリコーダーは子供の使用が終わればほとんど使われない、

 

これを集め途上国に寄贈して有効活用していただく。

 

この考え方は非常に素晴らしいと思いますが、

 

ただし、本当に活用されるように教育環境を整えてあげないとただの飾り物になってしまいます。

 

 

 

以前、鍵盤ハーモニカやキーボードの寄贈を希望された方に、アウンパラヒタ僧院を紹介しました。

 

この僧院には楽器演奏を教えることのできる先生が居たので、

 

即、有効に使われました。

 

 

 

ミャンマーの教育指導要綱には音楽も教えるになっているようですが、特例を除きほとんどの学校で音楽は教えていません。

 

まして、楽器を教えるとなると教える先生から育てなければなりません。

 

 

 

ミャンマーで100人の子供が鍵盤ハーモニカやリコーダーで集団演奏をしたら画期的なことだと思います。

 

想像しただけで楽しくなります。

 

 

 

もし、鍵盤ハーモニカやリコーダー100台が寄贈されたら、

 

先生に演奏方法を教える方が誰もいないのが頭痛の種です。

 

(小生楽器は全く駄目です)

 

ヤンゴン在住の日本人の方で鍵盤ハーモニカやリコーダーを演奏できる方で教えることのできる人いませんか。

 

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

13187828_1789311517965300_1075690682_n

 

DSC04116

5月
12

 

 

連日猛暑が続くヤンゴン

 

水分の摂取量も半端ではない。

 

 

 

普段の水分摂取は少ない小生ですが、

 

常備している麦茶1.5㍑は1日でほぼ終わる。

 

他に日本茶も冷やして飲んでいる。

 

 

 

これほど水分摂取が多いと体に悪影響が出るのではと思うが、

 

どうせ飲むのであれば悪影響の少ない物を飲みたい。

 

こんなことは如何でもヨロシイ。

 

 

 

午後4時ころから水分摂取を我慢して、

 

そして夕食前に

 

冷えたビールをグイッ

 

この1杯たまらないね。

 

日本酒の好きな小生も今時期は急遽ビール派に変身。

 

 

 

でも最近ミャンマービールの値上げが気になる。

 

キリンビールが買収してから瓶ビールは24%、生ビールは25%の値上げだ。

 

日本の会社にミャンマーのインフレを助長してほしくないのだが、

 

 

まぁ、これは飲兵衛の身勝手かな。

 

 

 

ところで

 

日本茶と麦茶ではどちらの方が良いのだろうか?

 

ミャンマー人気ブログランキング

caption=ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
11

詳しくは固定ページ(タイトルの上)のファイブスクウェアズ育英会をクリックしてください

 

Microsoft Word - ファイブスクウェアズ育英会広告

DSC04455

 

5月
11

 

 

ミャンマーでは多くの公立学校が6月1日かは新学年が始まる。

 

小生主宰のファイブスクウェアズ育英会も新学年に合わせ奨学生の人選や支給品の選定・購入、仕訳等で連日作業が続いています。

 

 

 

実働部隊はオーガナイザーを入れても数人、メインの仕事は小生と秘書だけ。

 

毎年の事だが奨学生の数、支給品の数をキッチリ揃えるのだが必ずどうしてもと言う子供が出てきて予備品が無くなり物によっては足りなくなる場合も出る。

 

 

 

ファイブスクウェアズ育英会も活動を始めて10年経ち奨学金総支給人数は1479名になりました。

 

その他、無料日本語学校、校舎の補修なども支援してまいりました。

 

10年継続できたのも多くの支援者のお蔭と感謝しております。

 

今年も400人前後の子供たちを支援しようと準備を進めています。

 

 

 

1冊のノート、1本の鉛筆が子供の向学心の手助けになればと思います。

 

日本では不登校の問題もあるようですが、

 

ここミャンマーでは学校に行きたくても行けない子供が多く、不登校の問題はほとんど聞きません。

 

教育は親・先生・地域がいかに教育熱心かに依るところが大きく、

 

このことは特に地方に行くと痛切に感じます。

 

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

居間を占拠した文房具

居間を占拠した文房具

 

ファイブスクウェアズ育英会活動報告-001ファイブスクウェアズ育英会活動報告-002

 

5月
10

 

 

ミャンマー通と称する学者、評論家、コンサル、ボランテア、ここ数年の増加には驚く。

 

中にはミャンマーに数回来てミャンマー通のような顔をしているコンサルもいる。

 

この中には国名や地名をまともに書けない輩が多く日本人として情けない。

 

ミャンマーをビルマ、ヤンゴンをラングーン、エヤワディ川をイラワジ川と平然と表記する。

 

日本通の外国人研究者が日本を大和、東京を江戸、北海道を蝦夷と表記したら日本人は喜ぶだろうか、いや否だ。

 

 

 

誤表記する人の中には軍事政権=悪 アウンサンスーチー女史=良、として軍事政権時代に改名したものを使うのは文化人らしくないとの思想が有るように見受けられる。

 

また、中には古い表記を使うことは古くからミャンマーにかかわった証だと思い込んでいる人もいる。

 

 

 

いずれにしても外国の国名や地名を正しく表記出来ないのはその国、国民に対して失礼ではなかろうか。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
09

 

 

テインチョー大統領初の外遊は夫人同伴アセアン会議出席のためカンボジアへ、

 

アウンサンスーチー外相とミンアウンフライン・ミャンマー国軍司令官も同行した。

 

 

国内外の報道はアウンサンスーチー外相が主役で大統領は脇役扱い。

 

カンボジアでの大統領の処遇はどの様になっているか分からないが、

 

多分外交事例に従っていると思うがカンボジア当局もアウンサンスーチー外相の取り扱いには相当苦慮したのではなかろうか。

 

 

テインチョー大統領があまりコケにされると黙っていないのがミャンマー女性。

 

つまり大統領夫人だ。

 

 

 

アウンサンスーチー女史が大統領官邸に住みたいと言ったら大統領夫人は夫の大統領に猛反発したとの巷の噂まで出ている。

 

 

 

こんな事例は軍事政権時代もあった。

 

タンシュエ元議長夫人とキンニュン元首相夫人のバトルで、結局キンニュヨン元首相は粛清に会ってしまった。

 

バトルの発端はキンニュン夫人が学歴のないタンシュエ夫人を公式の場で揶揄したとの事ですが・・・

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

Microsoft Word - ミャンマーは資本主義経済か

 

 

 

5月
08

 

1日何回停電か数えるのも億劫。

 

くしくも、NLD新政権に代わってから停電が頻発。

 

これは何かの因果関係が有るのだろうか。

 

まさか電力省の職員がサボタージュ、てなことは無いと思うが。

 

 

疑いたくもなる現実です。

 

また通電しても電圧が170V程度しかないのでエヤコンも効かない。

 

 

 

ヤンゴン管区首相は電気の需要が多いため変電所のブレーカーが落ちるからだと語っているがどの様に対処するかの対策案は出てこない。

 

需給のバランスが崩れたときはあらかじめ決めた地域を停電にする、部分計画停電など実施すればよいと思うのだが・・・

 

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!