6月
13

 

6月に入り

 

腰痛、痛風、咳と次から次に病魔が襲う。

 

季節の変わり目なのかたまたま偶然なのか。

 

腰痛も痛風も快方に向かっているが、

 

咳は一向に止まない。

 

薬は医者に処方され飲用しているのだが・・・

 

まだ本調子ではない。

 

 

病気中、疑似家族の秘書や百合ちゃんがよく面倒を見てくれた.

 

特に百合ちゃんは時々小生の寝ている部屋に来て、何が欲しいの、何をすればいいのと子供なりに一生懸命世話をしてくれた。

 

何も頼むことは無くとも部屋に顔を出してくれるだけでホットする。

 

病気の時面倒を見てくれる人が居ることは有り難い事です。感謝・感謝です。

 

こんな時本当の心優しいミャンマー人に出会えて良かったと思う。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
12

 

 

現在の賃貸住宅価格は需給のバランスから売り手市場になっており、

 

家主の思惑で価格が決まる。

 

隣の家が3000ドルなら私は3200ドルで貸す。

 

そして、借り手が半年なくても値段を下げようとしない家主が多い。

 

多くの家主はキャッシュで家を購入しており、

 

日本の様に家賃収入が無ければローンが払えないと言うような事態は少ない。

 

他人より高く貸すことが自分のビジネス能力を高く評価されると思っている。

 

以前秘書が土地を購入した時、地主の要求は契約書には2割高い金額を記入してほしいとの事だった。

 

 

ヤンゴンや地方の大都市では宅地造成やマンション建設が盛況ですが、

 

土地代+建築費+経費+適度な利潤=販売価格 これが一般的な販売価格の決定公式ですが、

 

ミャンマーではこの公式は使われない様だ。

 

海外のデペロッパーが正当な価格で販売を始めれば、現在のマンション価格は3~4割は価格が下がるかもしれない。

 

いずれにしても今の様な不動産価格ではミャンマーの発展を阻害する。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

バンブーハウス建設中 1~2日で完成 建設費は1~2万円 土地は水路や道路敷を不法占拠

バンブーハウス建設中
1~2日で完成
建設費は1~2万円
土地は水路や道路敷を不法占拠

6月
11

 

 

ミャンマーのタン・シン・マウン運輸・通信相は8日、最大都市ヤンゴン東部のダゴン・セイッカン郡区での埠頭建設を中止することを明らかにした。周辺の環境に悪影響を及ぼす恐れがあるという。政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが9日伝えた。

 下院議会で、満場一致で中止案を可決した。地場企業カウン・ミャンマー・アウン・シッピングは先に、ミャンマー投資委員会(MIC)から埠頭建設の認可を取得。埠頭と付属施設は、ダゴン・セイッカン郡区のボタタウン・パゴダ(仏塔)とボー・アウン・チョー桟橋の間の20エーカー(約8ヘクタール)の用地に、BOT(建設・運営・譲渡)方式で建設される計画だった。

 下院議会は先月にも、マレーシア系の合弁会社がヤンゴンに私立パークウェイ・ヤンゴン病院を建設する事業について、「公衆衛生の向上に寄与しない」として、中止を決定していた。同事業もMICが認可していた。

 ヤンゴンのライン郡区選出のアウン・チョー・チョー・ウー議員は「投資家がMICへの信頼感を失うことは国益に反する」と指摘している。

 

引用終わり

 

 

5月12日のパークウェイ病院建設事業と全く同じパターンで、

 

外国投資家から見れば、今後ミャンマーへの投資は再検討の部類に入る。

 

国会の数の力で圧倒する図式にはアウンサンスーチー女史の言う法に依る支配から乖離する。

 

前政権のMICメンバーが決定した案件で有れ、法に則り重大な瑕疵が無ければ簡単に中止命令は出せないはずでだが・・・

 

アウン・チョー・チョー・ウー議員の「投資家がMICへの信頼感を失うことは国益に反する」とあるがその通りで、

 

なおかつミャンマーの信頼性を著しく傷つける行為であろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ダゴンセイカン大規模住宅団

ダゴンセイカン大規模住宅団

6月
10

 

 

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)は、市内の屋外広告板488カ所で広告主を募ったところ、計4,375件の応募があったと明らかにした。

 

応募があったのは488カ所のうち、259カ所。料金が最も高い「グレードA」の広告板については、65カ所に3,333件の応募があった。グレードの低い郊外の広告板になるほど関心が低かった。

 

YCDCは過去数年間、広告板の使用権を一律135万チャットで販売してきたが、今年から広告板の設置場所に応じて価格差を付け、全体的に値上げした。グレードAは2,500万チャット、Bは1,800万チャット、Cは1,350万チャット、Dは1,000万チャット、Eは500万チャット。

抜粋終わり

 

この使用権期限が書いてないので高いのか安いのかよくわからない。

 

ミャンマーでは自分の敷地内に設置する看板も許可や許可料が必要である。

 

 

ミャンマー人の性格から屋外広告は商品の告知には威力を出すが、

 

購買動機は別な所にある。

 

噂や見栄が購入時の主要な動機と思われる。

 

生活レベルが同じと思われる他人がスマートホンを買えば、

 

アイツが買ったのなら俺も買う、経済状況には関係なく買うのがミャンマー人。

 

 

ミャンマーでの物品の販売には一捻りが重要です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
09

 

中谷防衛大臣は6日8時からミン・アウン・フライン総司令官、

引き続きセイン・ウィン国防相と会談した。

ミン・アウン・フライン総司令官の席にセイン・ウィン国防相が同席したかは定かではない。

11時からはアウンサンスーチー外務大臣と会談。

 

その4日前には中谷防衛相のお土産かどうかわかりませんが、

総額30億6900万円を限度とする無償資金協力4件の交換公文の署名が行われました。

お土産が高すぎないですかね。

 

 

軍を良く思っていないアウンサンスーチー外務大臣に自衛隊による防衛協力を通じてミャンマー軍の能力向上を支援する考えを伝えたとされているが、

この様な話はまずミン・アウン・フライン総司令官に話すべき内容ではなかろうか。

(しているかもしれないがニュースには出ていない)

軍とNLD政権の微妙な関係は無論大使館が情報を集めていると思われるが、

過去情報不足を露呈した大使館には日本国益の為頑張ってほしい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
08

 

案の定と言おうか危惧していたことが現実になった。

 

MTSH上場時にはウリ玉は出さず買い玉だけ異常に出し数分前にキャンセルして、

 

購買意欲を煽り70000ks以上の株価に上げようとしたことは見え見えだった。

 

株価の動きはFMI上場の時も同様動きだった。

 

 

秘書がMTSH株を買いたいと言ったので、初日に成り行きで100株の注文を出した。

 

ストップ高になっても50000ksなので売買利益は可能と見て、

 

翌日から3日間指値で68000ksの売りで行こうと作戦でしたが、

 

初日には買うことが出来ず、翌日は60000ksになるので止めておけと忠告し購入を止めさせた。

 

なお、月曜日のMTSH株価は57000~58000ksでした。

 

 

ミャンマーの企業家の中には他人を騙すことや不正をしてもバレない様にするのが企業家としての力だと信じ、法の順守・公平など眼中にない。

 

もっともその様にしなければのし上がるチャンスは無かったのだろうが。

 

この様な企業家が多い中、証券取引が公平に行われるとは鼻から思ってはいなかったものの、  あまりの稚拙さにはビックリ。

 

証券取引を順調に育てるためには企業家の教育が重要な課題となりそうだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
07

 

腰痛が快方に向かいやれやれと思う間もなく、

 

今度は足の栗節付近が腫れ、足全体が我慢できないほどの強烈な痛み。

 

数歩先のトイレに行くのも難儀。

 

 

多分痛風だろうと思って近くのパンライン病院に行ったら案の定尿酸値が高く痛風との診断。

 

若いころから尿酸値は限界値に近い数値だったが、痛風になったのは初めて。

 

 

のどの痛みと咳が出ていたので心配したのは溶血性連鎖球菌による懐死性筋膜炎、

 

医者に念を押して聞いたが違うと言う事だったので一安心。

 

 

加齢と共に各所に多少の不具合が出るのは仕方のないことだが、

 

食事には気を付けていたのだが、暑さのため毎日飲んだビールが尿酸値を上げてしまったのかな。

 

今は鎮痛剤で我慢できる程度の痛みになっている。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
06

 

 

先般シーコエン村に行ったとき、回りの丘陵地は全て丸裸で灌木が生えているだけ、

 

僧院学校の院長にこの地は昔から大きな木は育たないとのか聞いた。

 

答えは二十年前からテーザが全て伐採してしまったとの事。

 

伐採された跡地は新しく植林されたところは少なく山は荒れている。

 

僧院長は10エーか程を政府から買い受け自費でチークを植林している。

 

 

ただ同然で利権を得て伐採した後は知らん顔、

 

全くもって許しがたい行為だ。

 

 

シーコエン村はパテイン~ヒンダタの途中にありアラカン山脈の山裾を通過するが、

 

何処まで行っても同じ状況だ。

 

以前チャウピュウからアラカン山脈越をしたが、ここでも同じような状況だった。

 

ただ違うのはガス・原油パイプラインの敷設跡地が無残な形で残っていた。

 

 

ミャンマー全国でこの様な場所は沢山あると思われ、

 

昨年の全国規模の洪水もこの乱伐と無関係ではない。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

灌木だけの丘陵地

灌木だけの丘陵地

 

パイプライン布設で荒廃した山

パイプライン布設で荒廃した山

6月
05

 

 

小学校1年生なった百合ちゃん、

 

何でも興味が有り、どうして?なぜ?の連発。

 

 

母親には時々叱られてベソをかくがお母さん大好き。

 

秘書は熱心な仏教徒で就寝前に必ずお経を唱える。

 

門前の小僧宜しく百合ちゃんも簡単のお経は暗記している。

 

 

先日新しいお経を唱えたら、終わってから、

 

お母さんこのお経の意味を教えて。

 

母親は大弱りでなんとかその場を繕ったらしい。

 

大人でも分からない人が多いのに6歳の子供にお経の意味を教えるのは至難の技だろう。

 

 

葬式仏教徒の小生、葬儀や法事の時般若心経や修証義を坊さんから解説を受けるが全く上の空。

 

 

百合ちゃん何処で覚えたのかな?

 

おじさん、アウンサンスーチー知っている?

 

おじさんや百合ちゃんが居ない時,イングリ(英国のこと)がミャンマー人をいじめたので、

 

アウンサンスーチー(アウンサン将軍の事)がイングリを追い出した。

 

そのあとジャパン(日本)もミャンマー人をいじめたのでアウンサンスーチーが日本を追い出した。

 

要約するとこんな話ですが、『アウンサン将軍と日本が協力してイングリを追い出した』の項目が抜けていることが気になる。

 

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

誕生日祝いにお布施をする百合ちゃん

誕生日祝いにお布施をする百合ちゃん