9月
21

アウンサンスーチー国家顧問兼外務大臣のラカイン州西部で起きている騒動についての演説で

 

ラカイン州に生活している全ての人々に対し、差別なく教育と保険衛生について平等にしています。(国民とは言わない)

 

・バングラデシュに避難した人たちも条件次第で迎える(1993年にバングラデシュとミャンマー両政府の合意に基づいて、その地域のムスリムの人々を確認します)

 

上記は2項は暗にベンガリ(本人たちはロヒンギャと言っている)に国籍か市民権を与えると受け取られるので、外国向けで、国内向けには国籍とか市民権を与えるとは言っていないと説明ができる。

 

 

・掃討作戦は95日以降行っていないのにどうして多くムスリムの人々が避難にしたのか理由が分からない

 

ミャンマーは何も悪い事をしていない、ただテロリストをを排除しただけだ、それがなぜ悪い。

 

これはミャンマー国民向けにも外国向けにも強調したい項目。

 

掃討作戦は95日以降行っていない事をミャンマー政府は強調しなければ、下記の事例の様に如何にもミャンマー軍が焼き討ちしたかの印象を世界に与えてしまう。フェイクニュースと思われる記事には徹底的に反論すべきだろう。

 

917日付けの映像としてマウンドーのノンダハネリ村にある380戸の家々が焼かれる映像が、ソーシャルメディアで流された。(あえて写真は掲載しません)

 

 

アウンサンスーチー女史ファンのミャンマー人から見えれば納得行かない文脈解説かも知れないが、

 

演説後の世界のニュースを見ていると良い悪いは別にして大方このように見ているのではなかろうか。

 

この演説世界もミャンマー国民も納得させる内容にするための苦心の跡が見えるが、

 

将来禍根を残さないためにも、出来ない事は出来ないとはっきりと世界に示した方が良いかもしれない。

 

*演説の内容はミョウミンスエェさんの日本語訳を参照させていただきました。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

9月
20

昭和20年代の我が家は醤油と味噌と酒(密造酒)は自家製だった。

 

味噌樽や醤油樽を保管する専用の小屋も有った。

 

味噌と野菜を使う料理は現金が必要なく頻繁に出た。

 

夏場はナスが幅を利かせ、味噌汁からナス焼きまで色々な料理に使われた。

 

もっとも簡単でご飯も進むナスの味噌炒めはまたかと言うほど出てきた。

 

大人になってからはその反動で殆ど食べなかったが、

 

高齢になると食べ物にも執着が無くなり腹が満たせれば満足することが多い今日この頃ですが、秘書がナスを切っている

のを見て昔の味を思い出し急に食べたくなった。

 

作り方は見よう見まねで適当に作ってみたら、

 

当時の味、まさしくおふくろの味だった。

 

酒のつまみによし、ご飯によし。

 

どうも嵌りそうな予感がする。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

9月
19

ヤンゴン市内の小売業と飲食業は大小さまざまの店が乱立しているが、

 

小の部類に入る露天商の数が多いのもヤンゴンの特徴かもしれない。

 

数年前のダウンタウンでの出来事

 

貸しビルの中に店を構えた中華料理店、

 

その店の真ん前に提供物がかぶさる露店が出来て、

 

露店のテーブル、イスが中華料理店の入り口まで占拠した。

 

さすがに中華料理店の店主も怒り出しYCDCに訴えたが、YCDCの職員が来た時だけ退去し職員が居なくなれば人の迷惑も我関知せずで営業する。

 

結局中華料理店が撤退した。

 

 

法や道徳を無視して営業する人、法を守り営業する人では自ずと原価も変わり正当な競争は出来ない。

 

庶民は安くて良いものを提供する店に行くが、ここで、よ~く考えて頂きたい。

 

法を無視して他人の土地を無断で使い当然家賃や税金等も払わない。

 

こんな商売人ばかりになるとその地域は結局スラム化する。

 

 

日本人は何事も真面目に考えて法的に遺漏なきように進めるのでローカル企業との原価構成が変わりコスト高になる、

 

これを克服するのに皆さん日夜苦労しているのだと思う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

側溝に蓋をして歩道を占拠し屋根を作り客席に、キッチンは向かいの小さな家。

9月
18

川幅600mのヤンゴン川、ダラーの対岸はスットランド通り、港からスーレーパゴダまでは歩いて行ける距離。

 

現在この川には橋が無く日本から寄贈されたフェリー3(cherryІ~Ⅲ)が乗客専用として20分間隔で運行されている。

 

因みにフェリーに乗るときに日本人と告げると料金は取らない。

 

車で対岸に行こうとすると陸路はダラー~トンテイ~ラインタヤ~ダウンタウンでおよそ70kmで2時間、

 

あるいは19便のカーフェリーを使うかのどちらかだ。

 

カーフェリーの船賃はライトバンで2500ksと決して高くはないが、ガソリン代や通行料を考えると安いかもしれない。

 

しかし、便数が少なく利便性は良いとは言えないし、時間も時刻表から3040分遅れるのは常識の範囲らしい。

 

今回利用時も40分遅れで、かつ乗船できない車は次便に回されていました。

 

またヤンゴン側の利用港はダウンタウンの端でアジアワールドのコンテナヤードの横なので乗船時間は15分くらいかかる。

 

15分の船旅だがガントリークレー群やレンガ倉庫などダウンタウン側から見れない景色を見るのも良いものだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

航路

 

カーフェリー時刻表

 

カーフェリー

 

cherry2、

9月
17

ミャンマーはバングラデシュに領土的野心等は全くなく、不法移民として入ってきた人たちを排除したいだけ。

 

不法移民で入国し何世代経とうが不法滞在には変わりがない。

 

宗教対立の様に報道する機関も有るが、それは基本的に間違いで、宗教対立に持ってゆきたいグループが有るのだろう。

 

ミャンマー国民が不法滞在ベンガル人を嫌う理由は多々あるが、

 

小生のラカイン族、ビルマ族、カレン族、モン族の友人に聞いた話しだと概ね下記の通り

 

・イギリスがミャンマーを占領した当時多数のベンガル人がイギリス軍により連れて来られ、ラカイン族を痛めつけた。

 

・多産のベンガル人を放置しておくとラカイン州がベンガル人の国になってしまう。

 

・ミャンマー語の読み書きができない人が多くミャンマー人とコミュニケーションが取り難い

 

・数人集まるとが怖く見える(女性の意見)

 

他に多々意見は有るようだが、イスラム教徒云々以前の問題だ。

 

多くの帰化したイスラム教徒は問題なくミャンマーに同化してそれ程問題を起こさずに生活しているが、(これ等の人たちの中には今回の事件を苦々しく思っている人もいる)

 

ミャンマー人にイスラム教徒が、好きか嫌いかと問えば嫌いと言うミャンマー人の多いのも確かだが・・・

 

ベンガリ問題の解決はミャンマー人の心の中にあり他人がとやかく言う問題ではないと思う。

 

このままでは経済制裁が起き数年前に後戻りするとの意見も多いようだが、其れでも可と国民が決めればそれはそれで良いのではなかろうか。

 

それよりも、世界のメディアがミャンマーを虐めていると見えるのは私だけだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

9月
16

押すと引く

鋸、鉋、包丁を使うとき、

 

押すと引くの二通りの使い方が有る。

 

日本は概ね引く方が多い。

 

包丁でリンゴの皮むきは日本式の引いた方がきれいに切れる感じがする。

 

 

鋸で見ると、引き鋸を使うのは。、日本の他トルコ、イラン、ネパールで世界の大勢は押す鋸らしい。

 

引き鋸は柔らかい木を切るのに適していて歯の厚さも薄く細工物を作るのに適している。

 

鉋も引きの方が綺麗に削れるような気がするがどうだろうか。

 

寄木細工など見ると切れ味の鋭い細密な道具がないと加工できない。

 

日本の職人は道具を大切にして自分流に改造もする人もいる。

 

ミャンマーの造作大工の持っている鋸を見るとこれで細密な細工ができるかと思うくらい目の粗い鋸だ。

 

やはり良い仕事は道具からだと思う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

9月
15

最近のアウンサンスーチー外務大臣は外遊が少なく、本来出席すべき会議も欠席している。

 

最近のニュースでは今月開かれる国連総会にも欠席とか。

 

外相就任当時は欧米に2週間とか頻繁に外国を訪れていたのに・・・

 

いま、非常に重要な時期に来ているミャンマー、ここで外交手腕を振るわなくては国民に申し訳が立たない。

 

丁度アメリカも難民規制を容認しことだし、国連総会に出席して正々堂々とベンガリの不法移民とアラカンロヒンギャ救世軍(ARSA)はテロリスト集団だと情報発信すべきだろう。

 

 

一国のリーダーが逃げ隠れするような行動はベンガリを支援するグループに付け入るスキを与えてしまいミャンマーの国益を損なう。

 

ここは、大統領、国防大臣など関係閣僚を多数引き連れニューヨークの国連本部に乗り込みノーベル平和賞など返上しても一向に構わない気概を見せてほしい。

 

アメリカとの交渉ではテロ(ISARSA )対策で資金や武器供与などの支援の約束を取り付けるべきだろう。

 

多くの国民もそれを望んでいるはずだ。

 

内政が上手く行かない時には外交で点数稼ぎをするのがどこの国の政権も常套手段ですよ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

 

9月
14

 計画・財務省のチョー・ウイン大臣は、貿易中心の経済から工業生産を中心とする経済に転換すると副大統領と実業家との懇談会で述べた.

 

この発言、何を意図して発言しているのだろうか。工業生産を中心とすれば自ずと貿易は活発になり、貿易が無ければ工業生産も成り立たないのでは。

 

インフラ、技術、人材、資金不足のミャンマーで背伸びをしても周辺国に追い付き追い越すのは並大抵ではないと言うか、負けてしまうのがおち。

 

それよりインフラ、技術、人材をしっから整備することから始めるべきだと思うのだが、

 

最近のミャンマー政府高官の発言はどうも背伸びをし過ぎているように思えてならない。

 

物には順序が有り、その順序を地道に積み重ねることが結果的に良い方向に向かうのではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

9月
13

826日未明アラカンロヒンギャ救世軍(ARSA)が 北部のラカイン州のマング・トー町周辺の24の村で19の警察の駐在所が自動小銃と鋭い武器で武装したゲリラと村人に囲まれ攻撃された12名が殺害され武器も強奪された事件が発生した。

 

ミャンマー政府はこれより2週間前に 7人の仏教徒の遺体、そしてベンガリのイスラム教徒の戦士キャンプが発見されたとして、 バングラデシュとの国境に面したラカイン州内の複数の都市に、厳戒態勢をしくために500人の軍を派遣し戒厳令も発令した。

 

政府軍と ARSAとの戦闘で多くの住民が避難を余儀なくされている。ARSAがベンガリ住民の住宅に放火している映像も多くまさにテロリストだ。

 

ISのリクルターがISの入隊を断ったベンガリの家に放火しているとの情報もある。

 

BBCやロイターなど世界に発信する報道機関がこのテロリストの事実を報道しないで、

 

お涙頂戴の避難したベンガリの婦女子が可哀想だ、ミャンマー政府は怪しからんの論調はいかにも偏向報道だ。

 

世界はテロリストに関して何時からこの様に寛大になったのだろうか。11日の北朝鮮制裁決議案も然り。


ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!