7月
19

現在ミャンマーの海外債務は日本、中国、ADBなどで合計9650億円。

 

そのうち中国が46%の4440億円、これは他国や機関より金利が高いので将来ミャンマーにはかなりの負担になりそうだ。

 

2018年度の返済額は672億円でミャンマーの財政状況からすればかなり厳しい金額。

 

現政権は今後も日本等からのローンに期待しプロジェクトを計画している様だが、これ以上債務を増やしてよいのだろうかと懸念する。

 

日本も今後5年間で8000億円の借款を約束しているが、8000億円位こだわらずプロジェクトを厳選し、何に使っているのか効果が計測できない貧困対策費や農家に貸し出す原資などの借款は止めるべきだろう。

 

電力や道路、橋、鉄道、港湾など日銭が入るインフラに限るべきで、貧困救済や地方格差是正などには借款は止めた方が良い。

 

人道上どうしても必要ならば無償援助にすればよい。

 

もし2回目の債務不励行が発生する様なことが有れば貸し出した方も責任はある。

 

中国は貸した金はしたたかに回収するが日本政府にその覚悟はあるのだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

7月
18

日本の政治は何をしているのだろうか、国会が検察機能を発揮しているとは本来の政策立案等を蔑ろにしていることだ。

 

国会が本来の機能を発揮していない間、某元次官の様な官僚が私利・省益確保の悪巧みを着々と進めている。

 

その悪巧みに気が付かず乗っかる野党、左翼、メデァが政権崩壊狙に踊らされている。

 

日本は不幸にも4か国の近隣国が我が国の弱体化を狙って様々な手で日本の中枢に入り込んでいて本当の日本人に依る国家運営が危機的状況。

 

まして与党自民党の中にも後ろから鉄砲を撃つ輩もいるのは情けない限りだ。

 

国民は悪質メディアに翻弄されることなく国民個々が情報を整理して国政を任せる人を選ぶべきだろう。

 

少なくとも二重国籍で日本より出身国に忠誠を誓うような人は政治家は勿論国や県の行政職員にもさせるべきではない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

7月
17

秘書の買い物の足に電動スクーターを使っているが4年目でガタガタになり、

 

買い替えを検討していたら、近くにホンダのスクーピーを売っているとの事で見に行ったが売り切れ、

 

他の店を探していたらミンガラドンで扱い店があり昨日行ってきました。

 

スクーピーを買う予定だったが前に大きなカゴの付いたbaskeの方が使い勝手が良いとの事で、急遽変更した。

 

現状渡しで47万ks(4万円弱)。

 

最近50ccのスクーターを扱う店が34件あると聞いたが、これは業者が共同で1コンテナ(約100台)輸入しているとの事。

 

日本では1.52万円ぐらいの品物ですが、耐久性抜群の日本製まだまだ十分に使えそうです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

7月
16

毎日飽きもせず良く雨が降る、空の水が空になるのでは・・・

 

日本流の天気予報では、「曇り時々雨一時所により集中豪雨」 日本ではこんな予報ないか!

 

日が射すのが稀な雨期、

 

11時間でも日が射してくれれば随分違う生活ができるのですが、こればかりは何ともなりません。

 

日が射せば洗濯物が庭一杯に満艦飾のようになる。

 

油断しているとあらゆる物にカビが発生する。

 

一番困るのが壁のカビ、広すぎてカビ退治もままならない。

 

部屋の風通しを良くすればいいのだが、いつ降るか分からない雨の為窓を閉めている時間が長いのもカビを発生させる元なのだが、これは小まめに開閉するしかない。

 

寝室は除湿を掛けているのと防カビ剤を3日に1度散布しているのでリビングよりまし。

 

いずれにしても雨期の時期は部屋の換気や、日差しのある時小まめに衣類等を乾燥せせる他手はなさそうだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

7月
15

ピョーミンティン ヤンゴン地域首相最近の発言

 

1、「軍は文民統制下にあるべきだ」「国軍総司令官の地位は(各省庁の)局長と同じレベル」などと述べたとされる。

 

2、ヤンゴン管区内に新空港を2か所建設する計画について言及した。新空港の建設予定地はヤンゴン管区南部のクンジャンゴンとコムーの2か所。

 

3.ダラにヤンゴン経済特区を建設するため事前調査を開始している。場所はティラワ経済特区の向かい側になるだろう。

 

4、現行のヤンゴン新都市開発計画を見直す方針を明らかにした。人口増加に備え、高層住宅の建設を加速する。

 

国軍を卑下した発言は今後尾を引きそうだ、過去国軍に痛めつけられた思いは理解できなくはないが、文民統制下にあるべきで止めて置けばよかったのに。

 

クンジャンゴンとコムー(大統領の出身地と国家顧問の選挙)の2か所に空港?何を考えているのか100km圏内に4か所の空港を作ってどうして運営するの、ここまで言うのは「殿ご乱心」と言いようがない。

 

SEZは国全体で考える案件、3か所のSEZがあるが稼働しているのはテラワだけ、そのテラワも1期工事が完了しただけだ。

 

安い高層住宅は将来スラム化になる事を考えているのだろうか。

 

上記案件より重要なのは電力不足の解決の方が喫緊の課題ではなかろうか。

 

この様な発言している人がNLDの若手指導者で将来の大統領候補とはNLDも人材不足かな。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

7月
14

ミャンマーの小学校の教科書に、「お父さんの仕事とお母さんの仕事」の説明が有る。

 

百合ちゃんはこの内のお父さんの仕事の項目に疑念を抱いている。

 

教科書と実際はどうして違うのと母親に聞く。

 

母親はお父さんに聞きけば分るでしょうと言う。

 

これをお父さんに聞くと、お母さんが言わせたと、お父さんとお母さんが喧嘩になるから聞かない、と百合ちゃんが言う。

 

母親はどう対処していいか悩む、

 

本当のことを言えば父親を蔑んでしまい、これも子供には良くない。

 

さりとて、教科書に書いてあるようなことは殆どしない父親を見ている百合ちゃんにはごまかしは効かない。

 

百合ちゃん、終いには教科書が間違っているのかと言い出す。

 

小生もこの問題の解決方法は見つからない。

 

しかし、賢い百合ちゃん自分なりに問題解決を図っている様だ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

7月
13

ヤンゴンのダウンタウン、スットランド通り沿いのヤンゴン河は船が接岸できる岸壁になっている。

 

ここにフェリー専用岸壁が有り日本より寄付された3隻が運航している。

 

フェリーの行き先は600m先の対岸ダラー群区。

 

街の様子は10年前とあまり変わらないが、

 

フェリーが良くなったためか旅客の数が10年前訪れたときより格段と増えている気がする。

 

このフェリーを利用するのはダラーの人ばかりではなくトンテイ、コムー、クンジャンコンの人たちも利用しているそうだ。

 

このフェリーも3年後にはヤンゴン河に橋が架かりお役御免となる。

 

橋が出来ればヤンゴンの中心部まで10分も掛からず好立地となり、

 

この地域にニュータウンができ活気がある街になりそうだ。

 

5年後が楽しみな街、ダラ―です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

沢山の乗客のフェリー桟橋

 

ダラーから見たヤンゴンのダウンタウン

7月
12

仏教徒の小生、宗派は曹洞宗。しかしほぼ葬式仏教徒。

 

墓を守る実家の兄はお彼岸、お盆、正月等のお布施も結構大変らしい。

 

こんな事を言うと罰が当たるとミャンマー人に言われそうだ。

 

最近の百合ちゃんは仏教に目覚めたのか、お釈迦様に関連するマンガ本やCDそしてダマスクールでの勉強。

 

読んだ本で感銘したことだと思うが、それを小生に一生懸命説明する。

 

「お釈迦様はお母さんのお腹の横から出て、すぐに7歩、歩いて手を上に上げた」

 

これを説明するのに日本語の分からない部分はジェスチャーを交えて語る。

 

2~3日に1回は話を聞かされるが聞く方も真面目に聞いてやらなければと思う。

 

こうして敬虔な仏教徒が誕生する訳だと納得。

 

 

ミャンマーの仏教用語

 

ダール・ダール:善哉・善哉 釈尊が生前弟子が良きことをしたときダール・ダールと言って褒めたたえた。

 

アラハン:阿羅漢(アラカン)釈迦の別称、あるいは人々の供養を受けるに値する人の事

 

パーヤー(プーヤー):梵語のストゥーパーが日本語の音写で卒塔婆(そとうば)、起源は仏舎利を収めた墳墓が塔に変わり、ミャンマーではパーヤー(パゴダ)に日本では五重塔など変化した。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

7月
11

栽培面積は、現在の8,000エーカー(約3,237ヘクタール)から25倍の20万エーカーに拡大する。生産量は7,000トンから8.6倍の6万トンに増やす計画だそうだ。

 

コーヒー豆を貴重な外貨獲得の重要な輸出品目にしたいとの思惑。

 

でも、でも、以前農業・灌漑省が奨励したハイブリット米、ゴム、パームオイルはその後どうなっているのだろうか。

 

前記3品目は上手くいったので次の作物はコーヒー豆にしたのだろうか。

 

農作物は栽培者の経験や技術そして加工場など一朝一夕で簡単に変えれれるものではないはずだが・・・

 

農業関係の大臣が変わる度に新しい作物が出て来るように感じるのだが、これは如何なものだろう。

 

コーヒー豆も2010年の計画では2014年までに5万トンの計画だったはずだが、

 

掛け声だけで政府は何の施策も講じなかったのか未だ8000t。

 

計画を発表する前に、技術、資金、法律等々実行するための詳細計画を詰めてからの方がいいのではなかろうか、

 

後で資金不足とか技術が未熟だ等の理由で計画未達になる可能性は大。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ピンウールィンのコーヒー畑