2月
15

地下水くみ上げがどうも調子悪い、

 

素人目にもエヤー漏れとみたが、水道に見てもらったら、

 

竪管の中に入っているエヤーパイプが割れているとの事で交換をお願いした。

 

地上に出ていれば30分で済む作業も

 

ヘッドが地中に埋めて手の入らないくらいの隙間しかないので、

 

作業スペース作り作業に2時間半も要した。

 

エヤー管を引き上げたら案の定30フィートくらいの所で管が折れていた。

 

メンテナンスの苦手なミャンマー人に、メンテナンスを考えて設計施工を望むのは無理なのか、

 

それともメンテナンスがやり難いのでメンテナンスをしないのか。

 

資産価値保持からみてもメンテナンスは重要だと思うのだが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

hdr

2月
14

輸出に対する2源泉徴収税を廃止は内国歳入部(IRD)の週末の議論の中で明らかになった。

 

この決定は、201712月の議論からのフィードバックに応じて行われた、輸出に対する2%の源泉徴収税を取り消すための先月のIRDの動きに続いて行われた。

この動きは、企画財務省の輸出促進戦略に沿ったものである。

引用終わり

 

税については全くの素人の小生ですが、ミャンマーの徴税率は極端に低く

 

源泉徴収を廃止すると税逃れが増えるのではと危惧する。

 

また、給与所得に対しての源泉徴収はどの様になるのだろうか。

 

いずれにしても3000億円強の財政赤字を出しているミャンマー政府は徴税率を上げることに努力すべきと思うが、

 

現状の税務署職員では無理だろうなと思う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

2月
13

我が家に来てから1月が経った新しいメイドさん。

 

メイドの仕事は初めての45歳、夫とは離婚して田舎には2人の子供を親に預けている。

 

連休は田舎に帰った。1か月は試用期間でしたが今後続けるのだろうか。

 

掃除等は非常に小まめにしてくれて有り難いのだが、

 

洗濯機や電子レンジ、ガスコンロを使いこなせないで、洗濯は手洗いをしている。

 

料理も下ごしらえ程度しかできないが、少しずつ教えれば何とかなりそうだなので居てほしいのだが・・・

 

田舎から帰ったらよく話し合おう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

2月
12

ミャンマーのエビは、日本の国際協力機構(JICA)の調査報告書によると、自然生息地の侵食や育種技術の不足などにより、供給不足に直面している。

 

ミャンマーの漁業資源の保全が不足しているため、エビなど魚類やその他の海洋生物の野生供給が減少しているという。

 

一方、養殖漁業部門では、ウイルスの発生が供給を減した。

 

需要はミャンマー国内でも旺盛でミャンマーの日々の食事の一部としてのシーフードの需要は増加している、

 

またミャンマーの観光客による地元の魚介類の需要も堅調に推移しています。

 

タン・ウイン・ミント氏(ヤンゴン地域漁業局長)は供給を増やすには新しい育種技術と水産養殖技術が必要とされている、と語った。

 

ミャンマーの漁業生産の約65%は天然物であるが、それは過剰漁獲等で急速に枯渇しています。

 

その為政府は国家水産養殖開発計画(NADP)の策定プロセスを開始した。

 

水産物輸出を手掛けている友人お話によると乾燥エビ価格は昨年より30%以上高く日本の業者は手が出ないそうです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

天然川エビ

2月
11

農業、畜産。灌漑省の高官によると、2017年後半に家畜の取引が許可され、約1万頭の生きている牛が中国に輸出された、今後も需要が増加すると予想される、と語った。

 

輸出を申請した261社のうち、規制に適合した94社が許可された。

 

「動物を個別にチェックし、健康状態を記録する。特に、国境を越える前に口蹄疫があるかどうかをチェックする」とDr. Ye Tun Winは説明する。

 

ミャンマーの実際の牛の数は現在国内の要件を上回っているとDr. Ye Tun Winは述べた。今後数年間、35万〜60万頭の牛を輸出できると予測しています。

 

しかし、輸出が増加した結果、国内の牛の価格が上昇する懸念があると、ミャンマー・タイムズ紙は理解している。現在、牛の市場価格は100ksを超えています。

 

輸出が増えれば、将来新しい牛を買う余裕がないかもしれない」と牛農家のU Myo Win氏は語った。

 

農業の機械化により牛の需要は下がり牛余り現象は発生すると思われるので、

 

政府は輸出の総量規制で国内牛が高騰しないよう管理する必要が有りそうだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

2月
10

ミャンマーではカラオケ(KTV)はあまり良いイメージではないが、

 

最近はファミリー向けのカラオケ屋もできて結構繁盛している。

 

ヤンゴンでは2000年から326軒にライセンスが与えられている。

 

ヤンゴン政府は、20174月から12月にかけて、新しいカラオケ事業にライセンスを発行し、既存店舗のライセンスを更新することにより、41.1百万ドル(45億円)の収入を得ました。

 

新規の1年ライセンス料は3000ks、更新料金は2000ksです。

 

Daw Naw Pan Thinzar Myoは、「、2017年から18年末までに5454万ドルを得ることを期待していると述べた。

 

ライセンスを持たずに営業している店があり政府はもっとライセンス手続等を徹底すれば、収入を増やすことができる、とも語っている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

2月
09

ミャンマーには32の空港が有りますが、8つの空港は現在閉鎖中ですが、

 

5つは軍事基地として使用しています。

 

国際空港はヤンゴン、マンダレー、ネピードの3か所です。

 

利用客はヤンゴンが一番多く年間600万人に弱が使用している。

 

利用客は毎年8.5%と増え56年後には1000万人に達して空港の容量を超えると予想される。

 

バゴー管区に新国際空港(ハンタワディ空港)の計画が有るがまだ事業者が決まっていない。

 

ハンタワディ空港は3年前に韓国企業が事業者に決まったが、契約不励行とみなされ事業権をはく奪された。

 

その後シンガポールと日本企業JVが現在ミャンマー政府と調整中ですが正式には決まっていない。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

チャウピュウ空港

2月
08

ヤンゴン5日目(25日)は予定になかった、高級ホテル「ガバナーズレジデンス」で夕食。

 

連日僧院や田舎の学校を訪れ疲れが出てきたカンナプロジェクトの皆様に少しリラックして頂こうとの趣向と

 

僧院や学校で昼食をご馳走になり予算も余り気味だったので、少し贅沢をしようと出かけたが、

 

雰囲気が良くビールやワインが進み11万円以上になり予算超過になってしまった。

 

でも、皆さんヤンゴンにこの様な雰囲気の場所が有るのだと、驚いていました。

 

そして、訪問先との落差の大きさに考え込んでしまいました。

 

そして翌日は、最も落差の大きいライタヤの貧民街に連れて行き、ミャンマーの本当の姿を見ていただきました。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

2月
07

カナンプロジェクトで5つの学校を回った。

 

そこで感じた事、常々思っていたことだが、先生の生徒に対する権限の強い事を一層痛感した。

 

予定にない事でも先生の都合でどうにでもなり、生徒をコントロールする。

 

今回は日本で中学高校の先生を経験をした人たちも来たが、

 

今の日本では考えれれない事だそうだ。

 

素人考えだが、昨今の日本の教育は教師にとって窮屈過ぎるのではと感じる。

 

こんな状況で本当の人格教育ができるのだろうか、

 

ただ我が儘の人間を育てているのではなかろうか。

 

素人の独り言でした。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

hdr