Archive

Posts Tagged ‘気候’

9月
14

エヤワデー地方の河岸侵食は、この地域の自然災害管理センターによると、今年は昨年の4倍になり、前年よりも悪化しています。

 

201617年度に57件の河岸侵食が記録され、2017年から18年には266件に増加したと同センターの代表は述べた。

 

 

河岸浸食は耕作地の消失だけではなく最近は家屋や仏塔まで崩壊している。

 

河岸浸食により最も大きく被害が現れるのが洪水である。

 

浸食された土砂が下流に堆積して河床を上げる、すると河岸浸食も発生する悪循環になる。

 

この悪循環を断ち切るためには護岸構築しなければならないが、ミャンマーの河川の長さと財政規模を考えると、日本の様にコンクリートを使用するだけの予算を確保できない。

 

本来はその河川事情に合った水制工が昔からの技術として構築していなければならないが、

 

残念ながらミャンマーにはその様な技術の構築は無い。

 

ミャンマーに適していると思われる工法は粗朶工法(連柴柵工 粗朶柵 粗朶沈床 等)で材料は全て現地産で地元民で施工でき安価である、コンクリート護岸の1/10程度で出来ることも有る。

 

いずれにしても早急に河岸浸食対策をしなければ人災洪水を発生させるのは目に見えている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

河岸sン触により倒れた仏塔

,

9月
03

今年の雨期は平年と違う場所で洪水被害が出た。

 

また先日は洪水とは無縁の地域でダムが決壊して甚大な被害も出た。

 

例年と大きく違うのは水害常襲地域のエヤワデー管区での被害が軽微であったことだ。

 

これはミャンマー全土で降雨地域が変化したのではと思われる。

 

気象衛星の写真を見ると雨期末期に現れるベンガル湾の雲景だ。

 

しかし、喜ぶのは早計でこの様な雲景が出来たり無くなったりを3,4回繰り返し、

 

最後に大雨が来る。

 

まだ1ヶ月は雨が降るが写真の様な雲景だと、日中必ず陽が射すのが嬉しい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

8月
23

もぅ~雨は要らない、早く雨期明けにならないか。

 

今年は早いのか遅いのか?

 

早ければあと一月でこのジメジメから解放される。

 

雨は降っても良いが、一時でも良いから陽射しが欲しい。

 

高湿度で脳みそが腐りそう、すでに腐っているかも。

 

4月には雨期が早く来ないか心待ちにしていたのがウソの様です。

 

乾季と雨期どちらが好きか、このとミャンマー人に聞けば大方は雨季と答える。

 

ミャンマーに来た当時はどうしてこんな疎しい季節が好きなのだろうかと疑問に思っていたが、

 

最近は何となく納得できるようになった。

 

エヤコンの無い家では乾季は暑くて熟睡できないが、雨期は気温が下がりよく眠れる。

 

雨期好きの傾向もエヤコンが普及すれば変化するだろうと思う。

 

出来れば上ミャンマーに別荘を持ち雨期にはそちらに退避するのも良いかもしれない。

 

まぁ~、できない相談ですが。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

水に浸かった田圃

7月
24

雨期真っ只中のミャンマー、と言うのは間違えかも知れない。

 

下ミャンマーは確かに毎日雨降りだが、上ミャンマーではこの時期でも雨は少なく雨期の感覚は少なく、曇り空が続く程度。

 

表でもわかるように地域によつて極端に雨量が違う、

モン州では年間降水雨量が6000mmあるが、これが約半年の間に集中するので日々の雨の量は我々日本人の想像を超える。

 

逆にマンダレーは年間降水雨量が700mm強と極端に少なく準乾燥地帯と言っても過言ではない。

 

ミャンマーの雨期は旅行客も少なくハイシーズンに比べ料金も格安になっているので、上ミャンマーのバガンやマンダレー旅行はお勧めです。

 

また暑くなく体に優しい旅行が楽しめます。

 

乾季は空全体が埃でかすんで見えますが、雨期は写真も鮮明な景色が撮れるのが嬉しい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

乾季のバガン

 

雨期のバガン

,

7月
13

 

西日本豪雨では200人超の犠牲者が出た日本。お見舞い申し上げます。

 

ミャンマーも西日本豪雨に劣らず毎日雨が降る。

 

雨期なら当然のことだが1週間近くお日様を見られないのは何となく寂しい。

 

自然災害は起こるのが当然であるが、人間ともすると忘れやすい。

 

ミャンマーの様に毎年同じ時期に当然のように豪雨が有ると、それなりの対策が出来て人命にかかわるようなことは日本に比べ少ない。

 

ミャンマーは河川に堤防は皆無と言っても過言ではない、なので堤防決壊で一気に濁流に呑み込まれ被災することは無い。

 

徐々に水位が上がるので退避する時間は十分ある、また住民は小舟などを常備して道路が使用できずとも生活できるよう工夫している。

 

気象レーダーによるとベンガル湾に低気圧が発生してここ数日は天気が悪そうなので、お日様は当分見れないだろうな。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
19

ここ数日下ミャンマーのモン州が大雨で各地で洪水が発生して孤立した集落も出ている。

 

下ミャンマーの年間雨量は3000mmを超える地域も有るほど多雨地帯だ。

 

ミャンマーの河川は殆ど堤防は無いので、大雨が降り河川容量を超えると河川周辺は水浸しになる。

 

12フィートの浸水は日常茶飯事だが、35ftフィートになると床上浸水や交通不能、井戸への浸水等生活インフラが機能しなくなる。

 

堤防が無いために堤防決壊で急激な洪水が無いために5フィートの浸水でも人身被害は意外と少ないのが救いだ。

 

近年は河川上流の山々が荒らされて本流の河床が上がったのも洪水の一因と思われる。

 

ミャンマーで洪水対策をしようとすれば天文学的資金と時間がかかる、

 

この先何十年も続くと思われる洪水被害を最小限にする効果的な工法を研究する必要に迫られているミャンマーです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

,

5月
27

例年5月末になると雨が多くなるのでこの時期が雨期入りなのだろう。

 

今日のヤンゴンは曇り空で時々黒い雲が発生してにわか雨が降る。

 

気象衛星の画像を見るとベンガル湾からミャンマーまで白い雲に覆われている。

 

画像では分からないがこの雲の厚さにより雨が降るか曇り空。

 

これから約5か月間鬱陶しい季節になり、カビとの戦いも始まる。

 

ミャンマー人の多くは乾季よりも雨期の方がすごし易いと言う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

5月
12

最近1日おきに雨が降る。

 

雨季入りなのだろうか、

 

例年より十日ほど早い気がする。

 

降る雨が夕立的で風も強い。

 

さて、今年の雨季は男性型か、女性型?

 

私は男性型のほうがよいのだが、 、、

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

11月
16

例年だとこの時期、乾季で爽やかな日々が続きミャンマーでは過ごし易い季節ですが、

 

今年はほぼ毎日にわか雨が降り蒸し暑くなる。

 

この時期の雨は農作業にも影響を及ぼし農民は苦労する。

 

雨期米の収穫時期で脱穀後の自然乾燥が上手く行かず上級米にならず収入も減る。

 

また、土木工事も雨の影響で工期が延びる。

 

雨が降れば良い事も有るはずだが、この時期には余り良いことは無い。

 

地球上の気候変動の影響かも知れないが自然相手ではどうにもならない。

 

人間の思う通りにならないのが自然なのだろうと達観している今日この頃です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!