Archive

Posts Tagged ‘公共交通’

10月
10

 

 

ウィン・カイン建設相によると、

 

ヤンゴン近郊のティラワと東部チャイトーを結ぶ新道を整備

 

マンダレーと中国国境のムセを結ぶ幹線道路をBOT方式でバイパス道整備。

 

新政権の5年間で南北5本、東西7本の幹線道路を整備し、エーヤワディー川など国内3大河川に道路橋7本を建設する。

 

ヤンゴン周辺で大規模環状道路の建設も計画中。

 

 

ミャンマーにはアジアハイウエーの1号2号3号道路が計画されているが、

 

ヤンゴン~マンダレーの高速道路は1号線の一部。

 

今回建設大臣の発表はアジアハイウエールートも当然含まれている。

 

ヤンゴン環状道路はJICAのヤンゴン開発の提案に含まれている。

 

 

大変意欲的な計画ですがその資金をどの様に調達するのか、

 

ADBの試算によると2030年までに道路整備費は5兆円程度の資金が必要とされている。

 

ADBやAIIBから資金調達しても不足するので先進国からの借入や民間にBOTで整備させる方法しかないと思う。

 

タイ、中国、インドに通じる道路整備を促進することにより国境貿易が一層活発になるのでこれら3国は国境付近の道路整備支援を約束している。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ミャワディ~ヤンゴン

ミャワディ~ヤンゴン

 

ムセ~タム

ムセ~タム

9月
04

 

 

FMI団地の入り口の近くにバイナウン大橋の料金所が有る。

 

6車線道路に徴収窓口6か所なので常に渋滞している、

 

そして徴収窓口付近の路面はこの雨で穴ぼこだらけ。

 

6車線道路に徴収窓口6か所なら渋滞するのは当然で、設計段階で何も考えなかったのだろうか。

 

ミャンマーではBOT道路にこのような個所は幾つも見受けられる。

 

また、料金所付近の路面の維持補修を何故行わないのか、これまた不思議でならない。

 

料金を徴収する車に対してお客との認識は皆無で、通させてあげるの態度が見え見え。

 

 

ミャンマーの舗装道路は

 

1.コンクリート舗装

2.加熱アスファルト舗装

3.アスファルト浸透式(Asマカダム)舗装

 

都市部は1).2)、地方は3)が多い

 

2)の加熱アスファルト舗装はミャンマーの気候を考えると非常に過酷で、

 

雨期に強い舗装にすれば乾季に弱い、またその逆も然りだ。

 

ミャンマーにはコンクリート舗装が適しているように思うが、

都市部では上下水道やガスが普及すれば道路の掘り返しが予想され、掘り返し復旧に弱いコンクリート舗装にするのは悩ましい。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

バイナウン大橋料金所

バイナウン大橋料金所

 

コンクリート舗装現場(ヤンゴン)

コンクリート舗装現場(ヤンゴン)

 

8月
30

 

 

交通事故率の高いミャンマー

 

原因は諸々あると思うが、

 

いつも気になり、同乗しているとイライラするミャンマー人運転手の走行中の癖は日本では殆ど考えられない事だ。

 

2車線以上の道路で比較的交通量が少ないと中央線や車線区分線を跨いで走行するそして曲線区間は必ずオーバランする癖。

 

バス、タクシー、自家用車区別なく全ての車だ。

 

高速道路では非常に危険だと思うが・・・

 

車線内を走るのは区画の中に閉じ込められる感じで嫌なのか、ただ単に広い所で中央に誘導線があるので走りやすいのか、はたまた何の意味合いもなく無意識に白線を跨いで走行しているのだろうか。

 

傭車した車の運転手に注意すると怪訝な顔をして空いているところを走って何が悪いのだと言うので始末が悪い。

 

ミャンマーにどの様な交通規則が有るかは知らないが、これは法規以前の問題で運転マナーの問題ではなかろうか。

 

 

【注】ミャンマーでは運転中に目的地に何時ころ着くか運転手に聞いてはいけないそうです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

高速道路で車線区分線を跨いで走る

高速道路で車線区分線を跨いで走る

8月
25

 

政府はヤンゴン~マンダレーの在来国道をBOT方式で4車線化して2018年中に完成させると発表した。

 

 

現在ある高速道路の通行量を見ても同じ路線の4車線化に投資する政策が良くわからない。

 

BOTの期間は基本的には40年間なのだが金利の高いミャンマーで果たして事業者はペイできるのだろうか、現行の政府価格設定では厳しいのでは。

 

交通量を調査して市街地はバイパスで混雑回避をして交通量の少ない所は2車線道路でも十分だろう。

 

それより高速道路の危険箇所改修と大型車の通行を可能にした方が物流効率は上がり費用対効果も大きい。

 

 

BOT 会社

事業者の中にShwe TaungとZaykabarが参加していないのが何となく気になるのだが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
23

 

ミャンマー建設省は、ヤンゴン市街地とヤンゴン川西岸のダラ郡区を結ぶダラ大橋建設の入札を近く実施する計画を明かした。

 

韓国の資金で建設する橋で、入札対象は韓国企業に限定する。

 

ミャンマーと韓国の両政府は昨年11月、韓国の対外経済協力基金(EDCF)が1億3,780万米ドル(約138億円)の長期低利融資を提供することで合意。

金利は0.01%で、融資期間は40年間。橋の総工費は1億6,820万米ドルの見込みで、残りはミャンマー建設省が負担する。

 

着工は2017年を予定、20年の完成を目指す。橋は4車線で、長さ590メートル。

 

 

この計画は以前YCDCが橋は景観が悪くなる、航路に支障をきたすなどの理由で韓国の提案を却下した経緯がある。

 

河底トンネルの方が利点は多いのだが、韓国企業に軟弱地盤のシールド工法や潮流の激しいヤンゴン河での沈埋トンネル工法は技術的に難しいので橋梁(斜張橋)になったと思われる。

 

因みに日本の大手建設会社の積算ではシールド工法で約170億円で橋梁の建設費は同額。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
18

 

 

エヤワディ管区アマー群区テンビンセ村はヤンゴンから180kmですが

 

途中50kmほど砂利道が有り雨期の為最悪の路面状況になっている為

 

この50kmを4時間ちかくかかる。

 

テンビンセ村の知り合いの家に民泊するため自前の食べ物は極力持参した。

 

食パンⅠ斤、カップヌードル6個、ツナ缶、コーヒー、ミャンマー風のおかず、お菓子等々。

 

夕刻家に到着早々警察官が見えて外国人は宿泊登録が必要なのでパスポートを見せろと言われたが、

パスポートは持ち合わせなかったのでPCに入っているパスポートを見せ、小遣いを少々出して了解してもらう。

 

田舎の家としてはしっかりした家ですが、寝るところは板の間にゴザと薄手の毛布敷いただけの床は体が痛く寝返りばかり打って熟睡は出来なかった。

朝起きたら腰や節々が痛い~。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

DSC06205

 

DSC06184

8月
15

 

 

FMI団地はヤンゴン国際空港から直線距離4000m弱で、

 

滑走路の南側方向の延長線上にあり、

 

朝6時過ぎから深夜1時ころまで離陸する飛行機が飛来する。

 

小型機は団地上空で旋回する機も有る。

 

着陸は北側から、離陸は南に向かう。

 

 

1日に100機程度は団地上空に飛来するのだが、高度が低いため騒音も大きく瞬間的にテレビの音も聞こえなくなる。

 

4年前にここに引っ越して来た時は便数も少なく騒音も気にならなかったが、

 

最近は便数も増え騒音が気になる。

 

 

それより怖いのは万一の墜落事故だ、聞けば航空機事故は離発着時の8分以内が一番多いと聞く、

 

まさにFMI団地はその範囲にすっぽり入る。

 

航空会社の安全運航を信じるしかないのですが・・・やはり多少は心配です。

 

Google Maps

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

8月
10
本物のネズミ捕り

本物のネズミ捕り

 

ネズミ捕りと言ってもスピード違反を捕まえる、スピード計測器です。

 

ヤンゴンから地方に向かう国道や高速道路でのスピードは道路構造上安全で走れる速度の5割増しで走行する車が多い。

 

その為少しの運転ミスで大事故になり多数の死傷者を出す。

 

ミャンマーの年間交通事故の死者は7~8000人で日本より多い、車両数当たりの死者は日本の20倍くらい?

 

3年ほどで急激に増えた車両に熟練運転手が不足し、未熟な運転手や無免許運転も多く事故の原因にもなっている。

 

ミャンマーでスピードの取り締まりは未だに見たことが無いので、交通警察は多分スピード計測器を持たないのだろうと思う。予算が無いのかな?

 

一般道を80km/hで走るのは常識になっているのを何とか60km/hまで落とさなければ死亡事故は減らなだろうから、ここは罰則の強化しかない。

 

警察に予算が無いのであれば、交通警察からスピード違反取り締まりを請負い、罰金を折半したら商売になるだろうか?

 

20km/hオーバーで5000万ks位にすれば運転手も簡単にはスピードを出せないだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

7月
27

 

 

ヤンゴン~マンダレー高速道路586.2kmは2009年ヤンゴン~ネピード開通、2010年にはマンダレー空港付近まで、2011年に全線開通した。

 

全線4車線のコンクリート舗装。

 

開通して数年しか経過していないのに路面の状態は悪い、また線形の悪い所や交通安全施設の不足等により交通事故は非常に多く、1度の事故で沢山の死傷者を出すのが特徴。

 

*ミャンマーの交通事故率は日本の10倍以上

 

 

全線に道路への立ち入り防護柵が無いため住民は高速道路内を自由に通行し、中には牛車が横断するところもある。

 

マンダレーから20km区間は一般道との平面交差(ランドアバウト)2か所ありこの区間を通行時には特段の注意が必要です。

 

 

急峻な山岳を通過する訳でもないのに急カーブが随所にある。

 

また縦断勾配の大きな箇所も有り、視距が極端に短く危険個所もある。

 

路面沈下に依る水たまりやカーブ区間では逆カントの個所が有るので降雨時は特に注意が必要です。

 

 

この高速道路は大型車(バスは除く)通行禁止で物流の改善には貢献していない。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

急カーブ

急カーブ

 

視距が150mほどしかない

視距が150mほどしかない

 

高速道路を横断する牛車

高速道路を横断する牛車

バイクは通行禁止だが・・・

バイクは通行禁止だが・・・

 

縦断の九十九折

縦断の九十九折

 

路肩に駐車しないバス

路肩に駐車しないバス

 

数が少ない規制標識

数が少ない規制標識

 

サービスエリアの露店

サービスエリアの露店

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!