Archive

Posts Tagged ‘公共交通’

3月
05

ヤンゴン~ネピード~マンダレーの高速道路(570km)、ヤンゴン~ネピード間は2009年に開通しその後マンダレーまで開通した。

開通以来昨年まで500人程度の死亡事故が発生していると聞く。交通量は4000台/日(推定)と少ない。

事故原意を推測すれば

1、  高速道路運転の未熟

2、  運転マナーの悪さ

3、  スピードの出しすぎ

4、  自動車以外の走行(オートバイ、自転車、牛車、人、牛など)

5、  逆行するオートバイ、自転車、牛車、人、牛

6、  急カーブが各所にある

7、  沈下による道路の不陸

8、  路面の滞水

 ミャンマーで初めての高速道路で運転手も高速道路の安全な走り方を知らない、車線区分線を跨ぎ走行させている車や少しの段差を見つけてはキューブキをかける車も多く見かける。また付近の住民も一般道と同じと思い生活道路に使っている。

政府は高速道路の安全運転について積極的に啓蒙したり、沿線住民に道路には立ち入らない様に強力に指導しなければ事故は減らない。

2010年にはこの高速道路で日本医師も自損事故で死亡している。

ヤンゴンから25マイル付近で

 

 

2月
29

マンダレー~モッコク間道路をBOTで改修工事中の建設会社の技術顧問になる事を先日承諾した。給料は払えないとのことで交通費、宿泊費などの経費だけの支給。完成後は1台につき1ksを給料の代わりに貰うことにする。1ks(0.1円)では少なすぎるとの声もあるが、この事業はどうもあまり儲からないようなので、当方からの提案で1ksにした。

現在の交通量は1800台/日なので1日1800ks(180円)、将来は3000台/日には成りそうだが、銭金の問題ではなくこのプロジェクトに長くかかわりたいとの思いが本音です。

工事中の道路

 

1月
14

今月27日帰国の為航空券を購入した。

毎度の事だが乗り継ぎの便利さからタイ航空を利用。

近年成田~ヤンゴンは航空券がじりじりと上がりして、ついに1000ドルの大台になった。

航空運賃推移

12月
27

マグウエー管区パコックのエヤワディ河に2009年12月15日から工事を進めていたパコック橋が2011年12月14日に完成した・。この日はティンセン大統領も視察に見えた。この橋は長さ11481フィート(3456m)道路幅員8.4m、複線鉄道、歩道2mの鉄道併用橋。前後の取り付け部の長さを加えると13539フィート(4075m)となり、ミャンマー1の長大橋。この橋の完成で東西の交通がスムーズに成り、今後は鉄道の西進計画もありラカイン州やエヤワディ管区にも行けるようになる。この橋の完成で上ミャンマーと下ミャンマーの物流も飛躍的に改善される。4000m級の橋を2年間で完成させるミャンマーの橋梁施工技術もたいしたものです。またこの橋はアジアハイウエーの一部に含まれているのでタイ~ミャンマ~インドのルートの建設工事も加速されるのではないかと思われる。

パコック橋

9月
13

先日の週間誌報道によると、今後輸入車(新車、中古車とも)は左ハンドルに限り許可する。ただしトラックはこの規制に入っていないようだ。このまま行けば韓国、中国の車がヤンゴン市内に氾濫するようになる。日本車は海外で作った左ハンドル車がかろうじて走る程度になるかもしれない。

,

8月
27

今年の雨季は特に雨が多いので、例年に比べて道路の破損が多く道路のいたるところに穴が開いて、車の走行に支障をきたしている。補修工事はしているが雨の中での補修ははかどらず補修は追いつかない状態。この状況は雨季が終るまで続く。

道路の穴

8月
25

バゴーで撮影した

ジーゼル機関車で12両の客車を牽引する、後部には補助ジーゼルカーを連結。

入れ替え作業中の列車

入れ替え作業中の列車

8月
13

バスセンターに到着後近くの喫茶店で一休み、そこのご主人から情報収集。そして車を紹介してもらう、1ボックスかーが1日50000ks、走行距離が多くなったらガソリンの補給はこちらも持ちで2日間お願いする。この車かなりの年代物(1990年以前と思われる)で長距離は大丈夫かと少々心配。

帰りは念願だった汽車の旅にしたく、7時に駅に切符を求めに行く、外国人はパスポートとその写しが必要との事。ヤンゴン行の毎日発射時刻は6:00、8:00、11:00の3便、6:00のUpper Classを予約する。6:00にモロミヤを出発してヤンゴン到着は15:00~15:30とのこと。

外国人料金は16$、ミャンマー人は3800ks(5$)、普通は1900ks。

当日切符と予約切符の売り場は正反対のところに別々にありまごつく。

Upper Classは横3席だが、普通は木製のベンチシートの4席。

切符購入後モロミヤ市内の市場を視察、ここはタイの国境が近いのでタイ製品はヤンゴンの2~3割安。

9:30チャイカミーに向けて出発。

モロミヤ駅モロミヤ駅予約切符販売所モロミヤの市場

モロミヤ駅予約切符販売所

,

8月
11

ミャンマー政府は首都ネッピードに50kmの環状地下鉄建設をロシアに建設させる事にしたそうだ。

資金等の詳細は分からないが、ネッピードに地下鉄が必要とは思えないのだが。

地下鉄建設に出ロシアが出てきたのは政治的意図があるのか?

最近中国に押され気味で影が薄かったロシアが存在感を示した形。

 

,