Archive

Posts Tagged ‘ショッピング’

8月
21

以前から気になっていた日本のキュウリに似たキュウリ。

 

シティーマートで1本400g720ksで購入した。

 

Japanese cucumberとはなっているが40cm以上あるこんなに大きなキュウリは日本では見た事が無い。

 

産地は分からないが鮮度から見てヤンゴンよりかなり離れたところから来ている、

 

あるいは輸入品かも知れない。

 

400gと量が多いので、浅漬けを作る事にした。

 

浅漬けの作り方

キュウリ

キャベツ

大根

人参

ほんだし

糸昆布

お酢

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

,

6月
01

久々にイオンオレンジ「インセン店」をのぞいた。

陳列はさすがと思わせる配置で通路も広く買い物しやすい。

 

 

小生期待の日本製品は相変わらずで、店全体の商品数から見ると僅か。

それでも、カルピス、すし酢、麦茶を購入。

日本製品もイオンのPB商品が多く小生はイマイチ手を出しにくい。

おにぎりと巻き寿司を試し買いする。

両方とも期待外れでガッカリ、

手作り品なのでたまたま外れれ商品に当たったかもしれないが、

正直、これが日本のおにぎりと巻き寿司と言ってほしくないレベル。

 

 

すぐ近くのシティーマートと客足を比べるとかなりの差が有がある。

シティーマートに名前負けしない様頑張ってほしいものだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

2月
23

 

 

1度に食べきれないので小ぶりのスイカを買うと外れの確率が高いので、

 

今日は店で一番大きイスかを指定。

 

値段は5,000ksと言われたが本当に買うなら4000で良いとまけてくれた。

 

重さは5~6㎏、大きさは50cmくらい。

 

まさしくスイカの味がして旨し。

 

1度に4切れも食べてしまった。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

,

2月
22

 

 

尿酸値の高い人は1日1杯の牛乳で改善されるとの事で、

 

ミャンマーで牛乳を飲み始めた小生。

 

日本では冷たい牛乳を飲んでも賞味期限が1~2日過ぎた物でも全く問題が無かったのだが、

 

先週飲んだ牛乳が悪かったのか下痢と腹痛が続き牛乳を飲むのを止めている。

 

 

先日お客さんから我が故郷の近く、静岡県函南町の特産品と言う事で全脂粉乳「乳の粉」なるお土産を頂いた。

 

丁度、牛乳を止めていた時期だけに何といいタイミングなのだろうか。

 

1日コップ1杯飲んでも1袋で1週間は持つ。

 

ミャンマー牛乳は賞味期限内でも4日くらいで匂いが変わり1/3は飲まずに捨てていた。

 

「乳の粉」は粉末をぬるま湯で溶かして飲むので安心感が有るのが良い。

 

説明書によると成分は牛乳とほぼ同じと言う事でだが、尿酸値の生成を防ぐ効果が有るのかは不明だが、

 

飲まないよりはいいだろう。

 

乳の粉、以前は業務用にしか販売していなかったそうだが、最近函南町町の特産品として一般に売り出したそうだが、

 

200g、600円とお値段が少々高い事が気になる。

 

乳の粉15gに100ccのお湯に溶かすと牛乳の濃度になるそうだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

,

2月
06

 

 

インフレが続くミャンマー、主食のお米も値上がりしています。

 

小生の手持ちデーターに依れば2010年はシュエボーポーセン古米が52円/kg

値上がり率は92%で他の物価より多少低い。

 

先日ピャーポンに所用で出かけたときピャーポンポーセンの新米を1袋購入した。

 

ピャーポンポーセン米も全国で3番目の銘柄米だ。

 

現地で購入したのと新米と言う事で1袋(約48kg)が32,000ksとヤンゴンで買うお米より20,000ks位安い。

 

そして味は、新米なので日本人には嬉しい味だが、ミャンマー人には不評。

 

*ポーセン米*

 

お米の銘柄で、日本で言うコシヒカリクラス。

 

地名がついてシュエボーポーセン、日本の魚沼産コシヒカリと同様の表現だ。

 

序列はシュエボー、パテイン、ピャーポン、ミャウミャ

 

 

*古米が喜ばれる理由*

 

ミャンマー人の嗜好は粘り気の無いサラッとしたご飯で日本米の様に粘り気のあ

るお米は好まれない、それ故に収穫から一定の時間が過ぎたお米が喜ばれる。

粘り気が無いので沢山食べられるのも特徴。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

,

12月
30

 

 

初めてスットランド通りの露店を散策しました。

 

普通ならほとんど無視している場所ですが、お客さんが行ってみたいと言う事でご案内。

 

場所が悪いにもかかわらずお客さんの多い事のビックリ。

 

何よりもいいなと思ったことは水道を完備した事だろ。

 

これにより清潔感は高まった。

 

露店特有の野生的活気はは薄れた感じはする。

 

それより50cm横を車の走っている怖さ、そして道路横断の怖さは払拭できない。

 

それと、アルコール類の販売禁止は何となく物足りないと思うのは私だけだろうか。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

img_20161212_150711

 

img_20161226_175558

,

9月
21

百合ちゃんが学校から帰るなり、ジャパンのお土産貰ったよ!! 

 

おじさん!美味しかったらここに電話すれば買えるよ。

 

貰ったのは森永乳業インドネシア製造の『chil school』で3歳から12歳までの粉ミルク健康補助飲料。

 

日本のチルミルの発展系なのかな。

 

百合ちゃんの通う学校は私立で経済的には多少の余裕が有る家庭の子供たちが通学している。

 

森永乳業は子供たち全員にサンプルを配り、買い方をしっかり子供に教え込んでいる。

 

クラスで2~3人の子供が飲み始めそれを他の子供に自慢すると,自慢された子供は自分も飲みたいと親にねだる、大抵の親は子供の言う事を聞き購入する、こんなパターンで拡販されて行くのがミャンマーだ。

 

JAPANのブランドに試供品配布、子供に直接配布したのはテレビコマーシャルより費用対効果は大きく、的を得たプロモーションだと思う、

 

さて会社の思惑通りの成果が表れるか今後が楽しみです。

 

ミャンマー人は栄養について無知な人が多く好きな物だけを食べて健康を害しているので、子供のころに不足がちなカルシュウムやミネラルを補給できるのは良い事だ。

 

 

小生も森長乳業の商法に引っかかり早速電話をしてみた、

 

1箱450gで9100ks、配達料は1回2000ksとの事。

 

今回の電話でチョット珍しい事が起こった。

 

こちらから電話をして値段や販売場所を聞いて電話を切ったが、

 

直ぐに折り返しで電話が来て細かいセールストークを始め売り込みに一生懸命だった。

 

ミャンマーでは普通はこんなことは無いのですが、折り返しの電話で結局2個注文をした。

 

商品到着は3日後だそうだ。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

%e3%83%81%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab

,

8月
31

 

 

ヤンゴンで8月18日~20日、食品エキスポが開催された。

 

食品エキスポに和風調味料をミャンマーに普及させようとする2社が出品した。

 

ここで興味深い戦略の違いを垣間見た。

 

 

小生、家では殆ど日本料理しか食べないのでこれらの和風調味料がミャンマーで売られることは非常にありがたい。

 

 小生の必需品は、醤油、味醂、料理酒

 

 あればいいのが、和風調味料(出汁のなど)

 

 煮物には味醂や酒は必須で出来味が全く違う。

 

 魚の煮つけで味醂か酒を入れ忘れた物は百合ちゃんでも分かり美味しくないと言って食べない。

 

 秘書やメイドさんたちはカツオ出汁味がなじめない様だがこぶ出汁は受け入れる。

 

ミャンマー人の好きなホットポットの出し汁にはカツオ出汁1、こぶ出汁3の割合で入れると喜んで食べる。

 

高額得者狙いで気になるのが高額所得者の家で実際料理するのはメイドさんで、主人が日本の調味料を買っても、頭の固いメイドさんが使うとは限らない。

 

当然考えていると思うがプロモーションの方法をミャンマー風にアレンジしなければならないだろう。

 

大衆向けはミャンマー料理にどの様に使うか、使わせるかが鍵だろう。

 

良い物だから買うはず、売れるはずの発想は封印して、ミャンマー人が欲しい物(商品)にしてこそ本物の成功だろう。

 

分母が大きい方を狙うのか、分母は小さくとも特定の人狙いか、数年後には結果が見えそうだが、双方成功してほしい

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

7月
03

 

 

雨期真只中のミャンマー、外出時の傘は必需品。

 

雨季は雨除け、乾季は日除け

 

乾季の日除けは男女とも傘を使う。

 

よってミャンマーでは傘は1年中必需品。

 

しかし安い傘はすぐ壊れ、傘の修理屋も結構繁盛している。

 

 

最近地方に出かけることが多い小生。

 

地元の人と会合などある時はお土産を何にするか苦慮する。

 

そこで最近は折りたたみ傘をたくさん買い込み、お土産に使っている。

 

これは地方の役人もお土産として躊躇なく受け取る額で喜ばれる。

 

また、傘は家に何本あっても良いので必要ないと思う人は誰もいない。

 

 

地方で買うとヤンゴンの2~3割高なので購入価格より高い価値にみられる。

 

地方ではと特に喜ばれる。

 

ヤンゴンで買えば1本4000ks程度で結構いい物が有る。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!