Archive

Posts Tagged ‘観光’

1月
09

ミャンマー人の自慢の一つシュエダゴンパゴダ、

 

さすが大きさ荘厳さは他のパゴダを圧倒する。

 

高さは100mと言われているが、どこから100mなのだろうか。

 

普段我々が参観している床からなのだろうか。

 

床に基準点『BM』の表示を見つけた。

 

190.4642フィート、およそ58.0535

 

床から100mならば塔頂の標高は158mとなる。

 

ヤンゴン市内でシュエダゴンパゴダが見える範囲では,シュエダゴンパゴより高い建物は許可されないそうだが、

 

建物の標高が150mなら許可されるのだろうか、

 

ヤンゴン市内の標高は10~20mなので130(35階建てくらいの)建物は許可されるはずだが・・・

 

基準がシッカリと明示されているのだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

BM

 

シュエダゴンパゴダ

12月
11

ミャンマーに数回以上来緬のお客さんをBelmond Governor’s Residenceにご案内して昼食を。

 

今まではお客さんの要望も有り一般市民の生活を見たいと言う事で余り高級な場所にはご案内しなかったが、

 

昨日は趣向を変えて小生の判断でBelmond Governor’s Residenceにご案内した。

 

落ち着いた雰囲気の中にミャンマーらしさが出ていてとても気に入ってくれた。

 

そして自然でかつ念入りにお客を迎えてくれるオペレーションも素晴らしい。

 

小生が初めてここを訪れたのは十数年前でこの当時のホテルの名前は○○(忘れた)

 

今も変わらず素晴らしいホテルで宿泊は500ドル以上らしい。

 

昔は150ドル程だったので泊まっておけばよかったと後悔している。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

hdr

hdr

hdr

11月
22

ヤンゴン国際空港(YIA)は2017年の利用客は590万人い成る見通しだと発表した。

 

利用客の70%は外国人でその内70%はアジア人だそうだ。

 

この数字から純然たる観光旅行者は

 

590÷2=280万人 空港入国者数

280×0.7=196万人 外国人利用者

196×0.7=137.2万人 外国人旅行者(30%はビジネス客とする)

 

上記の様な試算をした結果1日平均3759人と見たが、実際は如何なのだろうか。

 

ホテルの他、国内移動、レストラン、ガイド等が満足に提供できなければ客足は伸びないだろう。

 

観光資源は近隣国に比べても決して劣ることは無く、東南アジアで一番だと思うミャンマーだ。

 

時々頓珍漢な意見を述べる関係者もいるが、政府内の調整も決してうまく言っているとは思えず、

 

ホテル観光省がアクセルを踏んで入国管理局がブレーキを掛けているようなちぐはぐも見受けられる。

 

関係者に聞くと二言目にはミャンマーには金が無いと言う、金が無ければ知恵を出せば良いと思うのだがそれもままならない様だ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

エヤワディ河の夕陽(バカンで)

10月
12

タディンジュ満月の5日間の連休、ミャンマー人は帰省する人や観光の人たちで高速バスは切符が取れないくらい混雑した。

 

特に観光地巡りのバスは好評だったようで、多くのミャンマー人が観光地を訪れた。

 

田舎の人はシュエダゴンパゴダとチイティーヨパゴダは必見の場所。

 

一方ヤンゴンの人たちはバガンやインレー湖方面のシャン州が多い様だ。

 

生活に少し余裕ができたのか、また職場の団体旅行も旺盛になっている、

 

それとも観光業者の努力なのか、いずれにしても観光産業が発展することは良い事だ。

 

10年前までは国内移動も大変で、方々にチックポイントが有り大きな橋は夜間通行止めで早朝のオープンまで3~4時間待つのは当たり前だった事を思えば隔世の感が有る。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

カックーのパゴダ群

5月
23

 

 

政府発表の2015年の外国人観光客数は460万人だったが、2016年は290万人と大きく落ち込んだ。

 

この数字は観光客と言うよりミャンマーに入国した人の数で、本当の観光客は2~3割かも知れない。

 

 

政府はあの手この手の観光振興策を実施しようとしているが、素人目に見てもこれで良いのかと疑問が湧く。

 

 

以下改善してほしい施策

 

・国内移動やホテル代が他のアセアン諸国より割高

 

・施設入場料や地域入場料の外国人料金が現地人より極端に高く、外国

 

人から取れるだけ取れの思想を外国旅行業者が敬遠する。

 

*ゴルフ料金は日本の平日料金より高額なゴルフ場も有る。

 

・ミャンマー人が思う観光資源と外国人が思う観光資源にギャップが有

 

り、ミャンマー人ガイドに任せたツアーはつまらない。

 

・観光地に清潔なトイレと洗面所が少ない。

 

・国内航空の定時運行と安全性に信頼性が薄い

 

・観光資源はいたるところに沢山あるが、交通網と食事処&トイレが無いので外国人は行けない。

 

・景勝地が多い地方では宿泊するホテルも無い、法律で民泊も出来ない。

 

・歴史的建造物や遺跡の説明書きが少ない

 

・観光ガイドの質の向上も緊喫の課題

 

等々膨大な資金投入しなくとも改善の余地は沢山あり、この様な事を地道に改善していくことが観光客を呼び込む当面の施策ではなかろうか。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

マンダレー管区ピウールインの古戦場

 

マンダレー管区ピウールインの古戦場

3月
05

エヤワディ河の夕陽(バカン)

 

ウーペィ橋の夕陽

 

インレー湖の朝陽

 

タンリン河の夕陽(モーロミャ)

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

2月
04

 

 

ホテル観光所の発表によると2016年の来緬観光客は290万人で、

 

2015年の480万人から大幅に落ち込んだ。

 

この数字だけ見ると観光業者は青息吐息でホテルなど倒産してもおかしくない状況だ。

 

これは統計上の問題で陸路から入る中国人やタイ人の国境貿易に従事する人たちの数に左右されていると思われる。

 

問題は空路から入る外国人の数がどのくらい減ったかだろう。

 

ヤンゴン国際空港の状況を見るとそれほど減っていないと思われるのだが。

 

日本人から見ればミャンマー観光は割高で、タイやベトナムの方が割安感は強く、ミャンマーに気軽に観光に行こうとする人は少ない。

 

国外国内航空運賃が高い、ホテルが高いが致命的。ホテルは最近下がり気味だがまだまだ割高だ。2017年は2割くらい下がりそうですが。(希望的観測かも)

 

観光資源は沢山ありその資源を使い切っていないのがミャンマーの現実。

 

相変わらずパゴダ巡りのスケジュール、パゴダは観光資源の1つとしての価値はあるがそれだけでは観光客は飽きてしまう。

 

資金が無ければ観光資源開発が出来ないと思っているのは間違えで、ソフトパワーを発揮すれば観光資源はいくらでも発掘できるのだが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

島巡り
干潮時には水深50cmになり船頭が舟を押すことも

1月
25

 

 

綺麗になったヤンゴン国際空港国内線ターミナルビル(第3ターミナルビル)。

 

とてもミャンマーとは思えない(失礼)

 

セキュリティチエックもかなりしっかりしていて国際線と変わりはない。

 

待合席もかなり広くゆったりしている。

 

チックインカウンターの案内を工夫されると使いやすいのだが・・・

 

国内線の航空機は小型の為かボーデンブリッチを使える機種は少なく、

 

ボーデンブリッチ経由バス移動になる。

 

預け荷物の出るのが到着後30分くらいとかかり、少々遅いに気がする。

 

飲食店も有りますが、価格はかなり高めの設定でコーヒーが4800ks(

420円)。

 

その他の飲食物も市内価格の1.5~2倍程度と高めの設定

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

,

1月
11

 

 

Colliers Internationalは2016年第1四半期のヤンゴンのホテルに関する報告でヤンゴンホテル市場の競争が激化し、過去2年間でヤンゴンにおけるホテルの数は倍近くに増加し、2016年第2四半期における稼働率は42%に下落した。

 

ヤンゴンは今後も大型ホテルの開業が続き稼働率は40%以下になりそうだ。

 

因みにホテル・観光省の16年9月発表資料によると各地区のホテル稼働率は

 

ヤンゴン:54%

マンダレー:51%、

タウンジー:43%、

ニャウンシュエ(インレー湖畔のホテル含む):28%、

カロー:18%

 

ホテル観光省は稼働率が60%以下の都市のホテル建設許可は慎重に検討するとし、実質新規ホテルの制限に入った。

 

 

観光業をしているミャンマーの友人が2012年各ホテルからの販売代理店契約更新を拒否され、通常価格でなら取引すると通告されたそうだ。つまり代理店に手数料を払わなくとも顧客は確保できるとの意思表示だった。

 

ところが、2015年6月頃から各ホテルの営業が会社に販売代理店契約の勧誘に来たそうだ。

 

日本のビジネス世界では考えられない事ですがミャンマーではよくあることです。

 

いずれにしてもミャンマーのホテル業界が強気で居られたのもわずか4年弱、

 

これからは熾烈な戦いが始まりそうだ、いやすでに戦いは始まっている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!