Archive

Posts Tagged ‘社会’

12月
09

チンロンは籐で出来た直径約13cm の球を蹴る競技。

 

空き地で4~5人集まりボールの様なものを蹴っているいる光景はミャンマーのどこに行っても見られる光景です。

 

タイやマレーシアのセバタクロー、日本では蹴鞠に似ている。

 

空き地で何気に遊んでいるように見えるチンロンだが時にはその美技に見とれてしまう事も有る。

 

チンロン競技(正式な競技は見たことは無い)は技を競うもので、球技の体操版と言うところだろう。

 

しかし、街中ではネットを張りチンロンと似たセバタクロー競技をしているグループも有る。

 

以前、レストランのショータイムの時1人で色々の技を披露していたのを見た事も有る。

 

何処でも、少人数でも、安価に、遊べて健康にも良いミャンマー国技チンロンです。

 

ビデオは前の家の若者が友人たちとチンロンを楽しんでいる光景です。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

https://www.youtube.com/watch?v=rnyLGSkBK1Y&feature=youtu.be

 

,

12月
07

十数年来のミャンマーの友人、先日久方ぶりに訪ねた、80歳なのにすこぶる元気で今でも仕事をしている。

 

農業土木でカナダの大学で博士号を取得、元農業灌漑省ダム局長。

 

役所を退職後は国連やJICAの依頼で農業関連プロジェクトに携わっていた。

 

来年からシュエボー地区灌漑改修プロジェクトに従事するそうだ。

 

私利私欲が無く正直な人なので国連やJICAからの仕事依頼も多い様だ。

 

学者肌の人で計画や設計を得意としている。

 

昔の部下たちが今の灌漑施設関係を仕切っている様だが、何か不満げだった。

 

友人曰く、外国のコンサルが設計すると、『外国の高価な物を設計に入れるが、出来るだけ国産の物を使うような設計思想が無ければ維持管理も上手く行かず、結果的に費用対効果は薄れる』。

 

まさに友人の言う通りで、ミャンマー人にありがちな外国の高価な製品を欲しがる姿勢に警鐘を鳴らしている。

 

このような優秀なミャンマー人は市井に沢山いるが、なぜ故かこのような人に限り政府関係者からは煙たがられる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

12月
04

Daw Hay Marは近所の建設グループに依頼して鉄骨作りの倉庫建設を依頼したが、出来栄えが悪く建設途中で他の建設会社に頼み建設費が2倍になってしまったと嘆いている。

 

最初に頼んだグループに熟練工が居なかったのが原因だと彼女は語った。

 

建設業に詳しい人はミャンマー建設業界は、高度に訓練された労働者は高い賃金を求め海外に出るので、エンジニア、レンガ工、左官、大工などの熟練労働者の深刻な不足に苦しんでいるという。

 

「熟練労働者や指導者になることができる労働者がいますが、技術を身につけた後海外に出てしまうので指導者さえも居なくなってしまいます。

 

彼らは家族を養うためより良い給料得るために海外に行きます。

 

海外経験ある人が言うには、ミャンマーの建設現場で働くより、海外の建設現場の方が安全設備等が整っていて事故に会う事も少なく安心して働ける。

 

地元の建設会社は、外国企業が提供する給与や労働環境に合わせるのが難しいと認めています。

 

請負業者は、熟練労働者不足のために建築プロジェクトが遅れていると認めており、未熟工に頼るようになっています。

 

全国には無料または有料の職業訓練コースが数多くありますが、労働者は生活ために長時間働かなければならないため、出席するのが難しい。 

 

政府と民間部門が熟練労働の不足に対処する方法を見つけなければ、国の経済発展は夢に終わってしまう。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

hdr

,

11月
30

ミャンマー人と本音で語り合う、これはできそうでなかなかできない。

 

先日、土木エンジニアと高級車のドライバーと話し合う機会を得た。

 

建設省の31歳の土木技術者とは技術的な事から私生活まで。

 

妻と子供1人で給料は30万ks、これだけでは生活できないので妻も働いているそうだ。

 

ミャンマーの道路がすぐ壊れることから話はすすむ。

 

仕様書や設計書は立派な物が有るが、現場では殆ど守られないのが残念だ。

 

これは、上層部(政治家)が無理難題を押し付けることも一因で、現場の技術者では解決できないことだそうだ。

 

 

ドライバーとは家族のことから政治の話まで3時間余話た。

 

彼はNLD支持者らしく、最近の景気の悪いのは前政権が沢山借金を残したからだと思い込んでいる。(実際は違うのだが)

 

YBS(ヤンゴンバス)が年間30億ksも赤字をしているがこれはどう思うか。

 

これも前政権が悪いから赤字になっているとの返答。

 

これは、「坊主憎 袈裟まで憎し」で、軍人憎しの一点張り。

 

確かに軍政時代の多くの軍人が悪さをし多くの国民に心の傷を残している。

 

最後に私から一言、もっとニュースを見て自分で考える力を付けた方が良い。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

11月
23

毎年恒例の満月の前夜 に各地の有名パゴダ開催されるマトーテンガン(僧侶用の袈裟織り)コンテストがヤンゴンのBotahtaung パゴダでも9チームが参加して催された。

 

マトーテンガンは何世紀にもわたり伝統あるコンテストで、1チーム6人で1晩で美しく織り上げて夜明け前に仏陀にお供えしなければならない。

 

1晩で織り上げるのは非常に過酷な作業で、夜明け前に織り上がらなければ当然失格である。

 

審査の結果優秀作品には賞が授与される。

 

仏陀にお供えするだけではなく、この伝統あるコンテストはミャンマーの伝統を継承する重要な行事ですと、関係者は語っている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

コンテスト風景

11月
14

教えられ、学び、伝えるこの繰り返しにより技術が伝承される、これが技術移転。

 

このうち一つでも欠落すると技術移転は難しい。

 

ミャンマーの多くの人達は自分の持った技術を他人に教えようとしない。

 

例え教えても肝心な所は隠す。

 

これは植民地時代の負の遺産で、他人に自分の技術を教えれば自分が失業の危険に晒されるので自己防衛本能から出ている。

 

この傾向は上級者ほど強いのが特徴です。

 

特定の人たちが日本の援助で技術講習を受け、その技術をミャンマーで普及させることは上記の様な理由で個人止まりになる事例が多い。

 

この持って生まれたような悪癖をどの様に解決するか、小生の経験からすると個人差も有り一概には言えないが、今まで一番効き目があったことは○○○。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

11月
13

英国植民地時代の下水道計画図がFBにでてきた。

 

それによると、時代は定かではないが一部では工事に着手され、12フィートにトンネルがヤンゴン市内に存在する。

 

ネ―ウイン時代に全てのトンネルが閉塞された。

 

封鎖の主要因は1983年10月8日 のラングーン爆破テロ事件で犯人が逃走経路にトンネルを利用したとの情報でトンネルは完璧に封鎖された。

 

今となっては計画の詳細やトンネルの進捗度等は分からないが、このトンネルは共同溝としての機能も果たすように設計されていたようです。

 

終末はヤンゴン川に2か所から放流する様になっている。

 

イギリス人が完璧な設計図を100万ドルで売りに来たが政府は断ったなどの噂もある、幻の下水道計画です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

 

ヤンゴン下水計画図

11月
08

「私の近所には、約12のマイクロファイナンス会社があります。人々は67社から融資を受け、多重債務者が大勢いて、返済できた人は誰もいませんでした」とBago地域のPyayで小額融資を受けたMa Thetは述べています。

 

ミャンマー政府はマイクロファイナンス・ライセンスを発行し、貧しい人々が財政的支援を受けるようにした。マイクロファイナンス(MFI)各社はは利益のために働いていますが、「貧困層の生活向上にも焦点を当てるべきです」とUN Capital Development FundUNCDF)のコーディネーターPaul Luchtenburg氏は語っています。

 

許可を与えられたMFIのうち、少数を外国人が所有している。しかし、彼らが扱っているクライアントは、国内の機関よりも多い。

 

基本的には MFIは利益を上げるために活動しているのであって、貧民を救済しようと言うのは後付けのロジックではなかろうか。

 

無知な貧しい人々を多重債務に落としいれ再起不能にして人生を破壊してしまう。

 

借りる側にも問題は有ろうが、貸す側の問題のがはるかに大きい気がしてならない。

 

マイクロファイナンスと言っても2~3%/月の利息を取るので日本流に言えば高利貸、昔から高利貸に泣かされるのは無知な貧乏人。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

11月
02

ミャンマ女性は老若を問わず髪の毛を長く伸ばしている人が多い。

 

腰のあたりまで伸ばしている女性も多く見かける。

 

この髪の毛を切る時は大きく分けて二通り。

 

お金がどうしても必要なとき

 

出家するとき

 

ミャンマー正月の4月は出家する女性も多く長髪を切り坊主頭になる。

 

切った髪は買取り専門業者が居て25000~40000ks/kgで買ってくれる。

 

人毛の行く先は中国で、カツラの原材料になるそうだ。

 

そのカツラは意外と日本に輸出しているかも知れない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!