Archive

Posts Tagged ‘社会’

6月
24

ミャンマーには僧院が運営する様々な孤児院が有る。

 

僧院運営でも政府の管轄に入り補助金を得ている僧院も有れば、

 

政府からの支援は無く全て寄付で賄っている僧院も有る。

 

乳幼児から高校、大学生まで面倒を見ている孤児院も有る。

 

また院内に学校を併設して中学校までは僧院内で教育している孤児院もあるが、

 

学校併設の僧院は政府からの補助金や海外からの支援で校舎等の建設をしている。

 

大きな名の通った僧院は政府補助や民間の寄付、海外からの支援で運営は厳しいながらも日々の食糧に困ることは無い。

 

100人程度の孤児を抱える無名の孤児院はその日の糧食に窮することもしばしばで、子供たちの生活は大変厳しい状況です。

 

着る物も寄付の古着でサイズの合わないのはご愛嬌ですが、暑いミャンマーでセーター着ている子供も見かける。

 

100人以上の子供たちに食べさせ勉強させるのは並大抵の仕事ではないと思うが、

 

僧侶は天職と思うのかこの厳しい仕事を淡々としているのには頭が下がる。

 

小生も時々ですが支援しています。また日本からのお客様にも寄付をお願いし孤児院を訪れる様にしている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

孤児院の食事風景

6月
23

ミャンマー人女性と結婚している友人が10人くらいる。

 

年齢差、子供の有無、初婚・再婚、在住地、其々違いますが、

 

聞いて見ている範囲での共通点は

 

・奥さんの監視が強く単独行動がしにくい

 

・結婚後は旦那より親・兄弟・親戚に目が行きすぎ

 

其々の夫婦にそれぞれの理由が有り一概に言えませんが、

 

ミャンマーに住んでいるご夫婦では旦那が結構苦労をしているようです。

 

まぁ、その苦労が楽しいと言う人もいるようですが。

 

奥ゆかしさや優雅を求めなければ(日本でも死語に近いですが)それなりの生活は出来るようです。

 

 

高学歴の女性はミャンマー人とは結婚する気はないが、日本人ならOKと言う人もいます。

 

独身男性諸君ミャンマー人女性にアタックしてみませんか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
22

ヤンゴン市内の一般住宅地に住んでいるとゴミはいたるところにあり、

 

場所によっては悪臭を放っている。

 

「要らなくなった物(ゴミ)はその場で手から放せばよし、そこがどんな場所でもだ」

 

これが多くのミャンマー人の行動パターン。

 

 

でもそんなミャンマーでもFMI団地は結構小奇麗で、日本からのお客も「ミャンマーらしくない」と仰せの人もいる。

 

道路掃除は5~6人が毎日どこかを掃除している。

道路清掃も人力

生ごみは毎朝(365日)収集に来る。

 

側溝掃除も定期的に行い、消毒も行う。

 

街路、公園の樹木・草花の手入れも専属の作業員が毎日行っている。

手入れが行き届いた団地内の街路

 

その他街路灯の点検や道路の穴ウメなど小まめに行っている。

 

団地内の入退場は3か所あるが常に守衛が入場者をチックいている。

 

これら込み込みで管理費は4800ks/月と激安です。

 

緑がいっぱいで小奇麗で安心なこの団地、小生は気に入って6年以上住んでいる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
05

 

映画等は全くの素人で良くわからない事ですが、

先日ミャンマー人の俳優兼映画監督とお会いできる機会が有り、

普段から不思議に思っていたこと(私だけの見方かもしれませんが)を聞いてみた。

 

「ミャンマーの俳優は役柄を極端に強調して、如何にも役を演じているように見える。

一方日本は俳優が役柄に成り切って、演技をしているように見えない。」

素人の目で観てその様に感じるのだが、監督はどの様に思いますかと質問した。

ミャンマーは演技を強調しないと演技ができない俳優とみなされるので、

日本人には言われた様に見えるかもしれないとの答えでした。

なるほど、国によって俳優の評価が違うのだと納得した。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
29

 

 

2030年には1000万人なると言われるヤンゴンの人口。

 

ヤンゴン郊外に続々とニュータウンが出現と思われる現象を見た。

 

高速道路の5km付近から70km付近の間に大小10か所以上の分譲地にバンブーハウスが建ち並ぶ。

 

 

遠方から見る限り道路も舗装されておらず、電気も来ていない様だ。

 

40~50エーカーの土地を12m×18mに区画して安く売りだしているようです。

 

2年ほど前は1区画30万ksで売っていたようですが、最近は場所によっては100万ks以上だそうです。

 

生活インフラはゼロと言っても過言ではないこの様な場所に誰が住むのだろうと思いきや。

 

地方から出てきた人達にとっては格好の住処になるらしい。

 

この様な場所も10年も経てば一つの町として栄えるかもしれない。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

高速道路5km付近

5月
26

 

 

ミャンマーと陸で接する中国、タイとの密輸は日常当然の如く行われているのが現実。

 

政府は密輸取り締まり強化の一環として報奨金を大幅にUPした。

 

検挙した役人には押収した密輸品の競売売り上げの30%が、情報提供者に20%が分配される。

 

報奨金をこれだけUPしなければ密輸取り締まりの検挙率が上がらないのは官民の癒着が有ったからだろう。

 

密輸で儲けていた役人と業者のなれ合いを報奨金UPで遮断することができかがカギになる。

 

 

競売には検挙人も立ち会わせるなどして不正競売の監視も重要だ。

 

 

3年ほど前商務省で密輸検挙特別チームを作り現地に乗り込んだがミイラ取りがミイラになり成果を上げることは出来なかった。

 

真っ当な貿易業者を圧迫し税逃れをする密輸は断じて許してはならず、手法はどうであれ厳しい取り締まりには賛成だ。

 

検問中少しでも抵抗したら即射殺でもよい??これじゃドゥテルテ大統領と同じか。

 

主犯には競売同等額の罰金と数年の懲役刑も必要だろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

5月
22

 

 

最近は日に3~4回の停電も珍しくなく時間も長い時には3~4時間の事も有る。

 

 

人間期待していて裏切られると腹が立つが、期待していなければ腹も立たない。

 

電気が来ると思っていて電気が来ない、つまり停電になる。

 

期待が裏切られたので腹が立つ。

 

計画停電は期待を裏切ることは無い、逆に退避や充電等の準備も計画的にできる。

 

そして、無理な通電をしないのでトランス等の負荷も少なくなり機器破損による停電も減る。

 

需給のバランスがマイナスなので計画停電は当然実行すべきと思う。

 

写真は2010年2月の通電状況、この時期は計画停電実行中だったが、停電になっても殆ど気にも留めなかった。

 

しかし、広報が悪くどの地域で何時から停電になると市民はほとんど知らなかった。

 

小生はデーターを取っていたので今日は何時から停電になると予測できて、それがよく当たるので付近の住民が停電時間を聞きに来た。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

5月
17

 

 

時々ヤンゴン市役所を所用で訪れるが、

 

いつも不思議に思う事が有る。

 

市役所内に入るのに厳重なチックが有り、

 

ミャンマー国民は身分証を外国人はパスポートを提示し、

 

パスカードを貰いそれを通過ゲートにかざすとゲートが開く仕組み。

 

最近がパスポートでは無くICカードか免許証を要求される、

 

パスポートはスキャンできないのでダメだそうで、

 

ミャンマー人のパスカードで通過させてもらう。

 

ここを訪れる外国人でICカードか免許証を持っているのは稀であろう、

 

なのに、パスポートをスキャンできない器材をなぜ導入したのだろうか。

 

 

それより市役所に市民がなぜ自由に入れないのだろうか、

 

テロ等防止ならば他の方法も有ろう。

 

そして入場ゲートは14:00で閉鎖される。

 

 

市民が市役所を訪れるのを極端に嫌てるように見えるのだが、

 

これは新政権になっても何ら変わらない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
10

 

 

 

ミャンマー政府は電気料金の値上げは大枠で決めており、

 

今後値上げ幅等を国民の意見を募って決定するそうだ。

 

ヤンゴン管区政府のピョー・ミン・ティン首相が電気料金を3倍に値上げする等の噂が流れたが3倍の値上げは無いと思うが、50%位は上がる可能性大だ。

 

 

国民の意見を聞く前に現状の原価や今後の発電開発計画を詳細に示し、

 

故に1ユニット○○ksの値上げは必要とし値上げの理解を求めるべきだと思う。

 

単に値上げをしますでは誰も賛成しないだろう。

 

確かに現状の単価では国費を投入しなければ賄えないだろうことは理解できる。

 

 

漏電や盗電防止等地道なメンテナンスも確実に行い停電を最小限にするようなサービス向上を目指してほしいが・・・

 

公営企業の悲しさで、職員が数々の不正に加担しているのは許しがたい、

 

職員の不正も原価に入り結局消費者負担に跳ね返ってくるのだ。

 

値上げの前にこの様な不正の取り締まりも厳しく行い、国民の信頼を取り戻すべきだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

鳥の巣配電