Archive

Posts Tagged ‘社会’

8月
09

仕事の関係上タクシーを使う事が多くなった昨今。

 

Grabのステッカーを張った車に乗ることが多いので、

 

Grabの話を運転手にすると、あぁ~これね、止めた、と言う運転手に1日で2人出会った。

 

聞けば売り上げの20%をGrabに支払わなければならないので割に合わないと言う。

 

運転手の話ではGrabを使わない、あるいは完全にやめている運転手は多いそうだ。

 

Grab使っても1日の平均売り上げがそれほど上がらないので、1月の手取りは少なくなり、

 

運転手には何のメリットもないとの事だ。

 

お客は便利で良いかもしれないがその裏で泣いている人もいる。

 

 

泣いていると言えば、今日の昼飯は大外れだった。

 

日系ホテルのレストランでかつ丼を頼んだのだが、ご飯は大部分を残してしまった。

 

作りながら味見をしていないのは明らか。

 

この様食事を提供している様では先がどうなる事やら。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

大外れのカツ丼
無理をして食べたがこれまで

,

7月
31

写真を見ていただきたい。

野焼きされた山

 

ミャンマーは基本的には原木の輸出は金さいだが

 

大規模な鉱山開発

ミャンマー北部中国国境沿いタンルィン川の中流に近い場所だ。

 

タンルィン川は(中国名 怒江チベットを源流とし、中国雲南省を流れ、ミャンマー北東部のシャン台地にあるカヤー州カレン州を南下してアンダマン海に注ぐ。長さは2,815kmにおよぶ。

 

河口から120kmの地点までしか船が入れない 急流。

 

今年はこの川の下流地点の方々で氾濫し生活道路の3~5フィートまで水位が上がった。

 

今の所、死者は10人、避難者は10万人。

 

降雨量も多かったのだが、中流域山林の荒廃が少なからずとも起因しているだろう。

 

森林伐採後の植林をせず山の荒廃が進んだこと、地下資源の無秩序な開発。

 

その結果、山の保水能力の低下と土砂の流出により、河床が上がって洪水を引き起こしたと思う。

 

山林の計画伐採や地下資源開発も政府は制限しているが、守られることは無く現在も続いている。

 

不法滞在の中国人と少数武装勢力のイリーガルビジネスで、これに加担するミャンマー人。

 

これを誰がどのようにコントロールできるのだろうか、難しい問題だ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

,

7月
28

101日から日本人観光客に対してビザが免除になり、見せ金1000ドルを持参すれば誰でもミャンマーに入国できる。

 

観光客として来るのであれば歓迎したいが、一獲千金を狙った詐欺師的商売人も多数入国しそうだ。

 

14年間ミャンマー関係ブログを書いているが、ミャンマーで検索すると良く目につくらしく、

 

質問やお願い事のメールが良く届くが、最近は殆ど無視することが多い。

 

と言うのも、名も名乗らず今度ミャンマーに行くが何か儲かる商売?面白い事?ボランテアで活動するがその資金で何々を売りたい。

 

等々とんでもないメールばかりだ。

 

先日も有る企業から、ブログの記事と写真を使わせてほしいとの連絡が有り、条件付きで承諾した。

 

条件は文章の切り張りはしない事だけ。

 

でも1週間以上経っても何の連絡も無し。

 

何の能力も無いが汗水して働くのもいや、楽をして金儲けをしたい。

 

途上国のミャンマーなら何とかなりそうだとの思惑が見え見えの人も多数。

 

困った日本人たちです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

7月
15

 

大東亜戦争で旧ビルマ内で戦った日本軍と英国軍、ともに多数の犠牲者を出し、

 

慰霊の為戦没者墓地をミャンマー内に作っている。

 

しかし、その規模等を見ると戦勝国と敗戦国の違いがハッキリと分る。

 

ヤンゴンとモン州の戦没者墓地を写真で比べると明らかだ。

 

これは国の対応の違いが有るのではと思う。

 

遺骨収集に対しても進捗が遅いのを見れば日本国の対応が英霊に対して畏敬の念が薄い事ではなかろうか。

 

私は大東亜戦争は今のアジアが欧米の植民地から独立のきっかけを作った戦いだと思っている。

 

そして300万人の犠牲者が今の日本繁栄の礎になっていると思っている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

caption=ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

 

,

7月
11

ヤンゴン総合病院副院長のKhin Maung Gyi博士は、病院の敷地内に住む不法占拠者に対して病院だけで対処するのが困難なので、

 

地方自治体と保健省と協力して犯罪者として不法占拠者を取り除くと述べた。

 

不法占拠者は騒音で患者の安静を妨げたり、救急車の進入を困難にしたり、病院運営と患者に多大な迷惑を掛けている。

 

過去に何度も退去命令を出したが、すぐの戻ってきてしまうとDr. Khin Maung Gyiは語った。

 

 

日本人的に考えると警備員はいったい何をしているのだろうか、職務怠慢!!

 

それとも、例によって袖の下で暗黙の了解?

 

いずれにしても病院内が無秩序な状態で置かれているのは早急に改革しなければならない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

病院内の不法出店

6月
28

最近の風潮は人権擁護・差別なし・平等・公平等を唄えば高等な人だと思われ、逆のことを言えば変人扱で叩かれ、

 

公的職業についている人は一言で人生さえ棒に振る事も有る。

 

生物学者ではないので正しい事は分からないが、それぞれの生物は色々な方法(競争)で優秀な種を残そうとしている。

 

工業製品ではない生物は強い物、弱い物あるいは変形な物出るのは当然のことである。

 

人類も、優秀な種を残す自然のシステムがあり、これを人間の力で無理やり変えると、何百万年先にはこの地球上から消えるかもしれない。

 

この様なことを書くと反論される方が沢山いると思うが、私は思っていることを素直に書いただけで、

 

目の前に弱者が居れば手を差し伸べる。

 

今の風潮が何でもかんでも人権だ差別だと騒ぎ立てるのが気に入らないだけである。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
23

ミャンマーの海岸線は1930kmあり、南部と西部には豊かな漁場が有る。

 

ビルマ族は基本的には海の魚類は食さないので、230年前は資源とみなされていなかった、

 

そこで沿岸漁場に中国やタイの漁船が我が物顔に乱獲して資源をほとんど淘汰してしまった。

 

最近は政府も外国船の操業は禁止しているので資源は復活しつつあるのだが・・・

 

都市の住民が海魚の味を覚えて売れ良き好調で値段も高くなった。

 

すると漁民は何でもかんでも1年中漁に出て捕るので資源が減少傾向になってきた。

 

政府の水産局の指導で禁漁期間や幼魚の捕獲禁止の策を実施しているが、

 

ほとんど守られていないのが現実。

 

先日のニュースでソフトシェルクラブ生産者が休業に追い込まれていると報道されたのも、カニの取り過ぎで養殖に必要数が手に入らず価格も高騰したので事業が成り立たないとの事だ。

 

私は3年前からこの事態を予測していたが、この話をすると地元民は沢山いるから大丈夫と意にも解さなかった。

 

ハマグリも日本の業者が買い始めたら大小構わず採るので今ではアサリの大きいサイズ程度の物しか手に入らない。

 

今現金が入るのであれば3年先の事は如何でも良い、この様な考えが蔓延している様では先が思いやられる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

6月
20

ミャンマーの接頭辞とは女性はDawMa、男性はUKoMaung

 

ただしこれはビルマ族の習慣で他民族には別の接頭辞が有る。

 

Daw(ドゥ)とU(ウ)は概ね45歳以上、MaKoは成人に使用される。Maungは20歳前の青年に使用される。

 

ただし周囲から尊敬される人、地位の高い人は年齢に関係なくDawUを使用する。

 

Uタント第4代国連事務総長は自分はUと呼ばれる資格はまだ持ち合わせていないと言って使用しなかったと聞く。

 

接頭辞は各民族によって違い、モン族はMiNaing、カレン族は Naw Sawとそれぞれ違う。

 

モン族のミン・レイ・レイは2015年の選挙に立候補した時Dawを付ける必要が有り、モン民族として威厳が損なわれたとか語った。

 

また、アウンサンスーチー女史がビルマスタイルの敬称を使って、話している人に敬意を現することができたと言い、それは良いことだと語った事にも反発している。

 

137民族の言語・文化・習慣をお互いに認めて始めて平和が訪れるのだが、

 

ビルマ族化に誘導することは他民族から反発が出る。

 

また、少数民族同士でもおたがい認めたくない文化・習慣が有る事も厄介だ。

 

Daw Aung San Suu Kyi

U Thein Sein

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
14

国家水資源委員会(NWRC)の諮問チームによると、ヤンゴンの地下水使用は2025年に中止され、

 

代替のために、ココワ、パンライング、トンテイの川に新しい水資源プロジェクトが導入されるだろうと述べた。

 

地下水のくみ上げ過ぎは地盤沈下等を起こし種々の弊害をもたらすので、この基本計画は正しいがヤンゴン全域となると問題が発生する。

 

表のように2025年の計画上水給水率は58%の過ぎず42%の区域は水道水は来ない地下水は使えない状態になる。

ヤンゴンは工業用水が無いので大量に水を使う工場等はどうするのか、

 

ヤンゴンの水問題は一筋縄では解決できないのが現実ではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,