Archive

Posts Tagged ‘社会’

9月
27

偏向報道垂れ流しの先頭に立つのが欧米のマスコミ。

 

BBC、ロイター、AFP、ニューズウイーク等々

 

これ等の報道機関はロヒンギャ問題として報道していて、あらゆる事象をミャンマーに悪意を持って論評している。

 

・衛星写真で見た結果、ロシンギャの村がミャンマー軍によって焼かれたと書かれていた。

 

  写真はその通りだろうが、放火したのが誰か確認をしていない。

 

   ARSAが放火した村も有ると聞くし実際ベンガル人が放火している写真も存在する、 ARSA 

 

  の兵士リクルートに応じない村に放火、村民をを虐殺したとの報告や写真も有る。

 

  この様な写真は逆に何時、誰が、何処で撮影したか明示が無いので捏造だと言う。

 

・ロヒンギャは18世紀からラカイン地方に住んでいる住人でその人たちに国籍を与えないミャンマーが悪い。

 

  18世紀から住んでいた多くの人たちはすでに国籍を持ちイスラム教徒としてミャンマー社会に溶け込んでいる。

 

  現在問題になっている人たちはここ2040年の間にミャンマーに不法入国した人たちが殆だ。

 

アラカンロヒンギャ救世軍(ARSA)がテロリストだと報道しない

 

 去年も、今年も国連総会の前後に ARSAがテロ行動を起こす。

 

 テロを掃討するのは世界が認めて戦闘行動のはずだ。

 

 中には掃討作戦がテロを生んでいると報じているメディアもある。

 

 

混乱の中には政府が意図しない事、指揮官が意図しない事も発生するだろう、しかしそれが全ての様な報道が多いのも悪意を感じる。

 

挙げればきりがないのだが、大々的に報じた後にあれは間違いでしたと、あるいは他所の悲惨な写真を使う等、ミャンマーが悪い事をしているのだと読者に刷り込みを図っている。

 

ベンガル人の違法移民問題は世界が圧力をかけたからと言って解決できる問題で無く、ミャンマー国民が受け入れるかどうかだろう、圧力を掛ければかえって反発するのがミャンマー人。

 

ベンガル人もミャンマー国民に受け入れてもらえるような努力も必要かと思う。

 

100万人ともいわれる難民〈ミャンマー政府にとってはお荷物)を無条件で受け入れ国民として認めよと、国際社会が無理難題をミャンマー政府に押し付けるのはなぜだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

9月
24

2007年9月と20179月ヤンゴンはどの様に変わったか、

 

手持ちのデーターで比較してみた。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

9月
23

ヤンゴン市内のコンクリート建物は殆どがカビやコケが生えている。

 

乾季のの時の埃が雨期にそのまま固まり、そこにカビやコケが生える。

 

築4~6年で築20年ぐらいの外観になってしまう様な建物も珍しくない。

 

乾季の終わりに壁を拭くだけでも随分違うと思うのだが・・・

 

その様な作業をしている建物は見た事が無い。

 

外壁材もレンガにモルタル塗りでペイント仕上げでは劣化は激しいが、

 

もう少しメンテナンスを小まめに行えばよいと思う。

 

資産価値の保全と言う考え方が無いのか、それとも外観が悪くとも住むには関係ないと考えているのか、何方なのだろうか。

 

給排水の管も壊れれば外付けするので建物の景観は著しく低下する。

 

見栄えが悪いものは価値が下がるのはミャンマー人も当然知っていると思う。

 

コンドミニアムの資産価値の保全と言う立場でビル管理業務を行えばビジネスチャンスはありそうなヤンゴンです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

,

9月
19

ヤンゴン市内の小売業と飲食業は大小さまざまの店が乱立しているが、

 

小の部類に入る露天商の数が多いのもヤンゴンの特徴かもしれない。

 

数年前のダウンタウンでの出来事

 

貸しビルの中に店を構えた中華料理店、

 

その店の真ん前に提供物がかぶさる露店が出来て、

 

露店のテーブル、イスが中華料理店の入り口まで占拠した。

 

さすがに中華料理店の店主も怒り出しYCDCに訴えたが、YCDCの職員が来た時だけ退去し職員が居なくなれば人の迷惑も我関知せずで営業する。

 

結局中華料理店が撤退した。

 

 

法や道徳を無視して営業する人、法を守り営業する人では自ずと原価も変わり正当な競争は出来ない。

 

庶民は安くて良いものを提供する店に行くが、ここで、よ~く考えて頂きたい。

 

法を無視して他人の土地を無断で使い当然家賃や税金等も払わない。

 

こんな商売人ばかりになるとその地域は結局スラム化する。

 

 

日本人は何事も真面目に考えて法的に遺漏なきように進めるのでローカル企業との原価構成が変わりコスト高になる、

 

これを克服するのに皆さん日夜苦労しているのだと思う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

側溝に蓋をして歩道を占拠し屋根を作り客席に、キッチンは向かいの小さな家。

,

9月
17

ミャンマーはバングラデシュに領土的野心等は全くなく、不法移民として入ってきた人たちを排除したいだけ。

 

不法移民で入国し何世代経とうが不法滞在には変わりがない。

 

宗教対立の様に報道する機関も有るが、それは基本的に間違いで、宗教対立に持ってゆきたいグループが有るのだろう。

 

ミャンマー国民が不法滞在ベンガル人を嫌う理由は多々あるが、

 

小生のラカイン族、ビルマ族、カレン族、モン族の友人に聞いた話しだと概ね下記の通り

 

・イギリスがミャンマーを占領した当時多数のベンガル人がイギリス軍により連れて来られ、ラカイン族を痛めつけた。

 

・多産のベンガル人を放置しておくとラカイン州がベンガル人の国になってしまう。

 

・ミャンマー語の読み書きができない人が多くミャンマー人とコミュニケーションが取り難い

 

・数人集まるとが怖く見える(女性の意見)

 

他に多々意見は有るようだが、イスラム教徒云々以前の問題だ。

 

多くの帰化したイスラム教徒は問題なくミャンマーに同化してそれ程問題を起こさずに生活しているが、(これ等の人たちの中には今回の事件を苦々しく思っている人もいる)

 

ミャンマー人にイスラム教徒が、好きか嫌いかと問えば嫌いと言うミャンマー人の多いのも確かだが・・・

 

ベンガリ問題の解決はミャンマー人の心の中にあり他人がとやかく言う問題ではないと思う。

 

このままでは経済制裁が起き数年前に後戻りするとの意見も多いようだが、其れでも可と国民が決めればそれはそれで良いのではなかろうか。

 

それよりも、世界のメディアがミャンマーを虐めていると見えるのは私だけだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

9月
16

鋸、鉋、包丁を使うとき、

 

押すと引くの二通りの使い方が有る。

 

日本は概ね引く方が多い。

 

包丁でリンゴの皮むきは日本式の引いた方がきれいに切れる感じがする。

 

 

鋸で見ると、引き鋸を使うのは。、日本の他トルコ、イラン、ネパールで世界の大勢は押す鋸らしい。

 

引き鋸は柔らかい木を切るのに適していて歯の厚さも薄く細工物を作るのに適している。

 

鉋も引きの方が綺麗に削れるような気がするがどうだろうか。

 

寄木細工など見ると切れ味の鋭い細密な道具がないと加工できない。

 

日本の職人は道具を大切にして自分流に改造もする人もいる。

 

ミャンマーの造作大工の持っている鋸を見るとこれで細密な細工ができるかと思うくらい目の粗い鋸だ。

 

やはり良い仕事は道具からだと思う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

9月
13

826日未明アラカンロヒンギャ救世軍(ARSA)が 北部のラカイン州のマング・トー町周辺の24の村で19の警察の駐在所が自動小銃と鋭い武器で武装したゲリラと村人に囲まれ攻撃された12名が殺害され武器も強奪された事件が発生した。

 

ミャンマー政府はこれより2週間前に 7人の仏教徒の遺体、そしてベンガリのイスラム教徒の戦士キャンプが発見されたとして、 バングラデシュとの国境に面したラカイン州内の複数の都市に、厳戒態勢をしくために500人の軍を派遣し戒厳令も発令した。

 

政府軍と ARSAとの戦闘で多くの住民が避難を余儀なくされている。ARSAがベンガリ住民の住宅に放火している映像も多くまさにテロリストだ。

 

ISのリクルターがISの入隊を断ったベンガリの家に放火しているとの情報もある。

 

BBCやロイターなど世界に発信する報道機関がこのテロリストの事実を報道しないで、

 

お涙頂戴の避難したベンガリの婦女子が可哀想だ、ミャンマー政府は怪しからんの論調はいかにも偏向報道だ。

 

世界はテロリストに関して何時からこの様に寛大になったのだろうか。11日の北朝鮮制裁決議案も然り。


ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

8月
30

商売をするに当たり、最小限守らなければならない事は国や民族により多少は違うと思うが、

 

信用や信頼は最も重要だと思う。

 

ここミャンマーでは契約書などはほとんど役に立たないないのが現実。

 

契約書はただ防御的には有効なので契約書は作成する。

 

どんなに立派な契約書を作っても相手方が契約書を守る意思がなければどうにもならない。

 

せっかく良く卵を産む鶏を預かっても目先の利益を優先し、その鶏を処分してしまう。

 

この様な繰り返しをしていれば何時までたっても成功は望めない。

 

「目先の利益」と書いたが正確に言えば損切で利益は無く、信用を落とすだけ損失だ。

 

地方で事業を進めているが上記の様なことが頻繁に発生してプロジェクト自体が頓挫しそうだ。

 

長期展望に立ってビジネスを考えるミャンマー人が増える事を期待したいが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

8月
29

外国人技能実習生の技術や知識の習熟度を測る「技能実習評価試験」を巡り、一部の受検料が「高すぎる」と物議を醸している。中には7万円近くかかり、日本人向けの試験と比べて4倍近い職種もある。実施機関は「受検者が少なく、経費が割高になる」というが、合格率はほぼ100%と形式的な試験が大半で、識者は「そもそも高額な受検料を払う価値があるのか」と疑問視する。  引用終わり

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00010018-nishinpc-soci

 

技能実習生制度を食い物にしている好例ではなかろうか。

 

合格率がほぼ100%にするのは訳が有る。

 

もし不合格にして帰国させれば管理団体の収入減になるからだ。

 

試験自体が形骸化して年間5万人の受験料を当てにしている団体が存在するするので簡単にやめれれないのが実情ではなかろうか。

 

受け入れ管理団体や試験機関等にかかる費用は廻り回って実習生の負担になる。

 

現状の技能実習生制度は単純労働者の受け入れになっているので、

 

思い切って技能実習生制度は廃止して単純労働の受け入れを国別に割り当て職業は自由にする。

 

その分不法滞在を厳しく取り締まり罰金も高額にする等の対策を取れば良いだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!